ただいまレポート【削蹄の基本】
d0099005_14592142.jpg

d0099005_14592189.jpg

今日は神戸で削蹄です。

ここの牛舎はいつ来ても整理整頓がされています。

見習わないといけないです・・・

ちなみに我が家の整理整頓ができてない時、「まあいいか」といい加減な気持ちになってしまいます。
環境も大切ですよね。



最近削蹄が上達していないなと感じていました。

切る速度は上がっているのですが、形が納得しきれなかったり、鎌の切りあとがイメージと違ったりと、とにかく自分の中で違和感がありました。

何だか下手になっている感覚です。

もう一度初心に戻ろうと先輩に言われたことをメモしてみました。

一部抜粋すると
道具を牛が踏むところに置かない。
力比べをしない。
何でもかんでも脚を腰に乗せようとしない。
いやがる牛はもっと腰を下げて持つ。
脚持ちと鎌が悪ければ大きくて蹄の固い牛が切れるわけない。
大きい牛は蹄を短くするな。

うーん、どれも当たり前の事。
意識しています。

だから、わかっているよと聞いた気になっていました。

でも、当たり前の事だけど出来てないから言われるんですよね。

いつの間にか僕は削蹄に関して気持ちが馴れきっていたんですね。

気づいて良かった!

後輩がどんどん上達する姿にめちゃくちゃ刺激を受けた1日でした。
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2009-09-12 14:59
"Fallen Leaves" Skin
by Animal Skin
<< ただいまレポート【保健所チェック】 | ページトップ | 最後は自分で決めている >>