焦ってしまう
先日保健所の方に来ていただきました。
食肉販売業の資格を正式にとれそうです。
まだ課題はあるにしろ施設はOKをいただいているのでこのまま進めていこうと思っています。

そして来週は放牧牛パートナー制度限定のうしうしツアー(一泊二日)

宿泊先の宿の方がすごく良い方でこの前企画を持って行ったとき、話を最後まで聞いていただいたうえアドバイスやアイデアをたくさんいただいた。

「これ、儲からないんとちがうん?あかんでちゃんと人件費見な。」
「イベントするときはこういう風に考えなあかんのよ」
初対面でアポなしだったのに。。。

その方もすごく命や生きることを伝えていきたいと考えておられて、宿泊先というだけなのに後日わざわざ家まで来て僕の話を聞いてくれた。
すごく熱いおばちゃんです。

さらに、とんでもないことに「あなたが牛肉を生産したら何頭でも全て買い取ります」と言ってくれる方がいてくれる。
販売先は任せて、あなたはいいものをちゃんと作りなさいと言っていただけている。

有り得ないくらいのスピードで話が進んでいる。

デザインなら任せてと言ってくれるデザイナーのかたもいる。

一緒に考えていきましょうと言ってくれる日本で唯一の技術を持つお肉屋さんがいる。

いつでも電話してしてきていいと言ってくれる師匠福島正伸先生と獣医の松本大策先生。

放牧牛肉に関わる全国の試験場の方々。

僕を信じてくれている仲間。

そして家族。

誰もが無茶というこの事業にたくさんの方から応援いただけるようになった。


本当にありがたい。

ただ、いちばんの問題は僕の実力がついていってないこと。

応援いただいているだけに焦ってしまう。

生活もかかっているだけに結果を焦ってしまう。

でもお金のために方向は変えられないんだよな。

そんなくらいならハナからやらない。

ぶれずにまっすぐやる!

我慢、辛抱!

(おまけ)
だけどお金は必要。

かっこいい事言っても未払い金に追われているようじゃだめだ。

僕は時間の使い方が本当に下手。

頭が整理されてないってことです。

このままではいけない。

考える時間を意識してつくらないと。

その前にミルクやりに行かなきゃ。

頑張ります!!
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2009-10-02 18:43
"Fallen Leaves" Skin
by Animal Skin
<< 2009放牧ツアー当日 | ページトップ | おばあさん >>