放牧ツアー2009 ~その1~
放牧ツアー、最高でした!
お越しいただいたパートナーの皆様本当にありがとうございます!!!

今回も全国各地からご参加いただきました。

僕の住む香美町は兵庫県にあるのですが、神戸から車で3時間以上かかる場所です。

来るだけでもお金や時間がすごくかかってしまいます。

それなのに東は東京、西は高知から20名近くのご参加がありました。

なんと静岡や高知から車で来られる方も!!!

そこまでして・・・・

感動です。

ありがとうございます!!

放牧ツアーは10日の14時からスタートしました。
心配していた天気も昼前から快晴に!

初対面の方が多い中、皆さんそれぞれすごくいい感じで交流されていました。
d0099005_2137590.jpg


まずは牛舎にいる牛を見ていただき、牛の触り方のレクチャー。
牛が触られて好きなところ、気を付けなくてはいけないところを知っていただきました。

自己紹介が終われば、いよいよ放牧場へ出発です!!

放牧場までは車で30分。
ワクワクです。

牧場に入る前に、山と放牧場の説明です。
「なぜ放牧をするのか」
「どんな地域や社会にしたいのか」
「山と牛と人の関係」
「山の牧場が日本中に広がることの意味」
d0099005_21374978.jpg

実際に足元が悪い山の中を歩き、直接目で見ていただきながら思いを話しました。
d0099005_2138192.jpg

牛道にそって山を歩いていくと牛の寝床に到着です。

何故かうちの牛は決まった場所に寝ています。

草地と森の間、ここが寝床です。

寝床にはウンチがいっぱい。

ここで牛との距離が縮まってきた感覚が。

ワクワク。

牛の寝床を後にして、さらにみんなで坂を上って行きます。


あがった瞬間・・・・・・

目の前に牛と草地がどーーーーんと広がります!!!!!!

皆さんいっせいにカメラを出して撮影大会(笑)

大人も子供も牛を見る目がキラキラしているんです!!!

d0099005_21384863.jpg

d0099005_22241848.jpg

牛の魅力を再発見しました。



みんなが頂上で牛と触れ合っている間、僕は遅れてきた方を案内するために、もう一度戻って再度ご案内です。


山を歩きながら「ここら辺は熊がでるんですよ~」なんて言っていたら・・・・・

なんと、20mほど前をツキノワグマが!!!

(つづく)
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2009-10-12 22:09
"Fallen Leaves" Skin
by Animal Skin
<< 牛肉から日本の食と未来を考える会 | ページトップ | 2009放牧ツアー当日 >>