但馬農高で授業
先日、但馬農業高校で講演をさせていただきました。
テーマは新規就農。
得意分野です!

・・・・・なんてことは言えません。
みごとに滑ってきました・・・・(笑)

僕はよく「非農家だって牛は飼える!」と言います。
事実だと思います。
だけどその方法は知りません。
知らないから教えられないんです。

そもそも僕は綿密に計画をして万全の態勢で就農したわけではなく、穴だらけのまま突っ込んで、それを周りの方に応援していただけたことでなんとか牛飼いをスタートさせました。

なので「こうやったら牛飼いで新規就農できる!」といった方法は本当にわからないんです。
しいて言えば「覚悟」を持つことなんですが、それを言うと「え?なんか具体的なアドバイスがあると思っていたのに・・・」といった空気になるんですね~。

実も蓋もない言い方ですが「どうやって牛飼いで新規就農するか」なんてそれぞれが自分で考えたらいいって思っています。

だって例えば就農するとき手とり足とり指導され、お膳立てされて経営をスタートさせても愛着がわかないですもん。
してもらえばしてもらうほど依存しちゃう。

僕も行政や補助金、誰かが何とかしてくれると依存していた時期がありました。
依存したら毎日不満だらけ。
当然つまらない。
「こんなはずじゃなかったのに」とか思ってました。

自分で考えて行動すればできることなんていっぱいあるのに。

また、よく聞くのが「とりあえず50頭くらいは飼わないと食べていけないし・・・」という言葉。
そんなことないと思う。
自分の目指すとこによって飼う頭数なんていくらでも変わる。
10頭でも50頭でも100頭でも1000頭でも10000頭でも目指したいことやればいい。

10頭で生活する方法は僕にはわからない。
真剣に考えたことないもの。
1000頭で生活する方法もわからない。
同じく真剣に考えたことないから。

よく就農相談にいろんな方が来られるけど、「とりあえず50頭いないと食っていけない」という人にかぎって「50頭いたらなんとかなる」って妄信しているだけの気がする。
なんとなく周りがこれからは50頭とか100頭とか繁殖肥育一貫経営だとか言っているのを聞いて「ふ~ん」って思っているだけなんじゃないのって。
そんな印象を受ける。

そもそも100頭にしている農家さんは10頭くらいから初めて何十年と悩み、試行錯誤をかさね、その結果今現在の時点での考え方が100頭っていうこと。
数年後にはきっと変わっている。
大事なのはそういった農家さんは常に考え目の前のことをやりきり、考え、更新し続けているってこと。

だから成功されている方の話をちょっこし聞いて「この飼い方が正解なんだ!!」ってめざすのは違う。

やりたい方向に向かえばいい。
どこに行ってもだれに指示されたことでも誰のせいにもできん。自分の責任。
だけどやりたいなら踏ん張れる。毎日考えられる。

もし、やりたいことがあいまいな時はとにかく目の前のことを一生懸命にやる。
それしかない。

そんな話を体験談の中からしたかったのですが、実際は準備不足でしどろもどろでした・・・・・
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2010-09-26 01:17 | 新規就農
"Fallen Leaves" Skin
by Animal Skin
<< 珍客 | ページトップ | 梨サイレージ >>