放牧牛と生きる
㈱光洋さんが『放牧牛と生きる』をつくってくれました!!

(携帯電話からは映像が見られないようです。携帯の方は「こちら」からどうぞ)

㈱光洋さんとの出会いは2008年。
当時ドリームプランプレゼンテーションというプレゼン大会に出ていたのですが、大会のDVDを制作編集されていたのが㈱光洋さんでした。
そのDVDの中で特典映像として作っていただいたものが、この『放牧牛と生きる』でした。

プレゼンの大会は2008年12月、DVD販売は翌年の3月ということもあり、取材は真冬。
当然牛はすべて牛舎に帰ってきており、放牧していません。
そのためDVDに入っている『放牧牛と生きる』に放牧している牛の映像はありませんでした。。。

だけど、そんなことが全く気にならないくらい映像の完成度は高く、見ていただいた方からたくさんの応援メッセージをいただきました。
不満などあるはずもない。感謝感謝でした。

でも、㈱光洋さんは「作っておしまい」の関係ではなく、ず~っと気にかけて応援してくれていました。

「一馬ちゃ~ん、絶対放牧している映像を取りに行くから~。」
「完全版を作るから~。」
「咲ちゃんも生まれことだし入れたいね~。」
「応援したいんだよね~。」

この2年間で何度も電話をいただきました。
そして再編集したものを送っていただきました。

再編集と簡単に言いますが、すでにDVDは販売しているので㈱光洋さんとしては再編集する意味はないんです。
それなのにわざわざ時間とお金をかけて埼玉から但馬に牛を撮りに来てくれました。
そして、「後は一馬ちゃんが好きに使ってくれたらいいよ~」って渡してくれました。

本当に色んな方からたくさんの応援をもらって今があります。
でも今の僕は・・・・・全然ダメダメです。
まだ何も返せていない。

もどかしいけれど、今は地道に一歩一歩行くしかない。

受けた恩を忘れず、一生かけて還元していこうと思います。

たけちゃん、なぐもちゃん、ありがとうございます!!!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
放牧敬産牛肉は『こちら』から購入できます。
お肉達もよろしくお願いします!!
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2011-02-06 09:22 |
"Fallen Leaves" Skin
by Animal Skin
<< 但馬牛のさと・おじろシンポジウム | ページトップ | 牛バラスジ丼 >>