突破します
ごぶさたです!!
何とかしぶとく生きています!!!

散々やられたマイコプラズマからの子牛の死亡事故。
隔離、消毒、治療、やれることやりまくっています。
家畜保健所にも全面的に協力頂き、かかりつけ医の農協の獣医さんをメインに一歩一歩共に考え、鹿児島のシェパード家畜診療所にも協力を仰ぎ、さらに色んな人の力を借りて、ようやく終わりが見えました。
鼻汁によるマイコプラズマ・ボビスの検査も3回も行い、3回目は今結果待ちです。
(2回目ですでにオールマイナスでしたが、念のため母牛も含む全頭検査を行いました。)
マイコについては但馬内でも色んなところで出ているようですので、落ち着いてからちゃんと考察も入れ報告しようと思います。

ただ、今はいたずらにありのままに書くことによる風評弊害が大きく、このネタには触れないことにしました。
いずれ必ず書きます。

そして、信じようが信じまいがこれだけは言いたい事、牛市に出す牛は自信を持って出す牛です。
病牛など絶対に出さん。
もし黙って売るつもりなら、マイコで子牛が死んでいった事などブログで書くわけがない。

現在ミルクの飲みの悪い牛が4頭います。
検査結果はマイナスです。
でも、念には念を入れ、完全隔離し、使用管理も僕ではなく父に頼み、他の牛とも僕とも妻とも接触を全く遮断しています。
そしてこれらの牛は牛市には出しません。
自分で肥育します。

そもそもマイコプラズマ自体は常在しているもので、ここまで極端な消毒体制、使用管理、出荷制限をしているとこなんてはっきり言ってありません。
だけど、やっぱりこうやって、人の目につくところに書くと、良い事も、良くない結果も生みます。
分かって書いているので自業自得で、変に潔癖な性格なので仕方ないんですが。。。

ごちゃごちゃこれ以上書いて言い訳くさいのも嫌いなんで、今はここで書くのをやめます。

正直いま、経営危機です。

お金の面でめちゃくちゃ綱渡りです。

鬱だって治ってません。

でも、自分の信じるもんに嘘つくのは死んでもいやだから。

真正面から突破します。


借りれる力はおもいっきり借ります。
必ず返します。

どっから見ても落ち目の僕に変わらず、今まで以上に寄り添ってくれる人たちがいっぱいいた。

だから僕は前を向けます。

誰が何と言おうと、まっすぐ進みます。

絶対に復活するぞ!!!!!!!
さらけ出して生きてやる!!!

d0099005_23465635.jpg

[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2012-03-23 23:37
"Fallen Leaves" Skin
by Animal Skin
<< 力を借りる | ページトップ | 視座を変える >>