事実は否定できない。
先日、投稿した「結果からみた評価」という記事。

微妙な反応があちこちであったので、ちょっとだけ補足。

まず、僕は自分が「成功者」だとも「革命児」だとも思ってません。
普通の牛飼いに比べ、借金の多い牛飼いくらいにしか思っていません。
だけど、牛飼いを志す方から見れば「農業でも一番難しい畜産の新規参入を成し遂げた牛飼い!」と見えます。
実際に新規参入者ですからその通りです。

僕は牛飼いしたい方にいつも「【こうやったら牛飼いになれる】なんてマニュアル・ルートなんてないんですよ。」と言います。
僕の場合は祖父母がこの村岡に住んでいた事(牛は飼っていませんでしたが)、父が公務員で金融機関に保証人としての信用が大きかった事、人間関係に恵まれた事、運、時代、タイミング。
色々な要因が重なって牛飼いが出来たし、今があります。

どんな新規参入者だってその人にしかないルートを模索し、参入し、潰れたり、続けれたり、儲けたりしてるんです。
「これ」ってもんはないんです。
僕の事例にしても、真似したらいいなんて思いませんし、真似してほしいとも思いません。

ただ、
一つの事例として、こうやってやっている事も、置かれている状況も、あかんところも、全部晒す事で、
「畜産の新規参入」って言う言葉が、ぼやっとした形のないものなんだって知ってもらいたい。
会社員であろうが、3代目の牛飼いであろうが、フリーターであろうが、学生であろうが、新規参入者であろうが、そんなもんはただのカテゴリーで区分しているだけで、みんなそれぞれ自分の人生を自分なりに歩いているんだってこと。
そして、自分なりに歩くしかないんだってこと。
「新規就農者」でなく、そんな生々しい生活や人間を見てもらう事で、何か感じてもらえたら。
それだけです。

良いとこだけじゃなく、もがいてる時も、全然だめな時も、あって当たり前。
困難に負けずに常に引っ張ってくれるヒーローなんていない。
少なくとも僕はそうじゃない。
みんな内容は違っても、おんなじように悩む。もがく。楽しむ。
そんな当たり前のことを書いているつもりです。
その上で英雄視していただいても良いですし、「駄目だこいつ」って思っていただいても、それはもうご自由にということなんです。

そして、僕は自分が進んできた道を全く後悔などしていません。

牛がたくさん死んだという「事実」
借金が多いという「事実」
収益構造が悪いという「事実」
金銭管理や危機管理がおろそかだったという「事実」

事実は事実としてとらえる。
その事実に対してどう動こうか。どう進もうか。
それだけなんです。

事実は変えられません。

同じように
放牧牛肉を始めたから妻や子供たちと出会えたのも「事実」
毎週毎週お客様や友人からお礼のお手紙などをいただいているのも「事実」
お肉を喜んで下さったお客様がたくさんいるのも「事実」
動き続けた事で得た経験も「事実」
今、多くの友人がいるのも「事実」

事実は変えられません。
そこを否定する意味もない。とういか誰も事実は否定できません。事実だから。


僕の師で福島正伸さんという方が良く言っていました。
「事実で話せ」と。

「これからは健康志向で赤身のお肉が流行るはずだ。だから赤身のお肉を生産すればうまくいく!」
というのは事実では無く、主観。
「牛だけを見て、毎日コツコツ頑張れば、必ずうまくいく。」
というのも事実では無く、主観。

一見、客観的に見えても、自分の過去の経験から出した主観でしかない。
一見説得力はあっても、実際は何の確証もない。
ただ、そこに説得力があるか無いかは、「誰が言うか」という話す人間への信頼度だけ。
そして例えば
「昨年お肉を80人の方に買っていただき、そのうち64人の方がリピーターになってくれ、来年もまた買いたい、紹介したいと動いてくれている。牛肉の販売スピードも昨年に比べ2倍になっている。だから来年はもう1頭増やそうと思う」という事実から積み上げた物だけ信憑性を帯びる。

同じように今、資金的な面での事実があって、その事実をみてどう動くか、どう考えて動くかって話なんだ。

だから僕は今までと同じで、変わり続ける、もがき続けるという意味で「なにも変わらない」よ。

より良い未来に向けて、色んな人に相談し、自分で選び、自己責任で今を進む。


今だって、「鬱になっても前向きな田中一馬」に見えるかもしれない。
でも実際は鬱は治っていない。
調子悪くて家から出たくない日だっていっぱいある。
ただ、家族の支えや、薬による治療で鬱病が良くなってきていて、今ようやくブログも書けるようになっただけ。

毎日多くの方が更新もしないブログに足を運んできてくれた。
どう見られているかは分からないけど、ただただ「見に来ていただきありがとうございます」と日々思います。

そんなお話です。

d0099005_1685210.jpg

[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2012-04-01 15:22
"Fallen Leaves" Skin
by Animal Skin
<< 入園式 | ページトップ | 大掃除&消毒 >>