放牧牛肉に抜けた取り組み その5(ブロック肉販売)
今年は放牧敬産牛肉で「ひでふく」「みつこ」という牛を、放牧牛肉では「夢」という牛をお肉にします。
(放牧敬産牛肉と放牧牛肉については「こちら」をご覧ください。)

第1陣が「ひでふく」です。
d0099005_17435887.jpg

現在、兵庫県美方郡香美町小代区鍛冶屋という集落内の耕作放棄地で放牧しています。
11月1日が屠畜日。
その後、11月下旬に「みつこ」と「夢」を屠畜しようと考えています。

放牧敬産牛肉や放牧牛肉は出荷時期が雪の降る前に集中してしまうため、定期的に定量を出荷する事が出来ません。
そのため大手スーパーや飲食店様のご要望には中々お応えできないのが現状です。
様々な通販サイトからのご注文もいただきましたが、出荷量が少ないという事がネックとなり、どのお話も頓挫してしまいました。

でも、これで良いのだと思っています。

背伸びをして大きなことをする必要はない。
今できる事を丁寧に続けていれば理解して下さるお客様はいる。
だからこそじっくりいきたい。
そのためにも我が家ではお肉販売に主軸を置くのではなく、現在の子牛販売や削蹄と言った経営の2本柱を重要視しています。
決してお肉販売を軽く見ているという事ではありません。

実を言うと以前、大きな取引をしようと焦って失敗した事がありました。
口蹄疫の風評被害で牛肉料理が出ないと言う理由で、枝肉の半丸まるごと返品された事がありました。
真空パックで冷凍して送っていたので、返ってきても解凍してさばいて再冷凍なんてできない。
結局お肉は全て消費できず無駄にしてしまいました。
その後のその取引先との取引は全て中止になったため、残りの牛たちの肉も売り切るので手いっぱい。。。

この経験から目の前の大きな良い話に乗るのではなく、今のうちのスタイルを理解していただけるお客様とだけお付き合いさせていただこう。
個人のお客様、飲食店様同様に。
そう決めました。

無理にお肉にする必要はない。
きっちり売り切り、利益を出す。
しっかり喜んでもらう。
だから更新する母牛が全て売れないと見込んだら肉にこだわらず生体で転売しています。
柔軟に考えて動いて行こうと思っています。

その上で3頭が4頭に。4頭が5頭に。
そうやって少しずつお客さんとのやり取りが出来れば良いなと思っています。
その中でお肉のカットの勉強も熟成の勉強もしていきたい。

11月1日に屠畜する「ひでふく」
今回屠畜の際、神戸のフランス料理屋さんと一緒に行くことになりました。
今までも放牧敬産牛肉の切落しを使っていただいていたお店です。
切落しだとどうしても料理の制限があるため、今回からブロックをまとめて買っていただく事になりました。

フランス地方料理MOMOKAさんと言います。
現在HPで通販もしていらっしゃるのでぜひ覗いてみて下さい。
(うちの放牧敬産牛肉「ふくさと」がお世話になっています。通販サイトの放牧牛肉カレーがめちゃくちゃ美味しいですよ。)
MOMOKAさんの通販HPは「こちら」、お店のHPは「こっち」です。

先日結婚5周年記念日に御影のお店に行ったのですが、これが文句なしに美味しいんです!
d0099005_17254094.jpg

(料理名は忘れましたがどちらも放牧敬産牛肉「ふくさと」が入っています。食べた瞬間すぐにわかりました。)
d0099005_17253660.jpg

僕は自分の友達や知り合いであっても本当にいいと思うものしか宣伝しないのですが、とにかく美味しい。
コース料理でしたが、量もタイミングも計ったようにちょうど良く、大満足でした!!
料理に対する、お客さんに対する愛情がにじみ出ているお店でした。

美味しいだけでなく、田中畜産にすごくご理解をいただいている事が本当にありがたい事なんだと思います。
僕が「放牧するので一般的な牛肉に比べて硬かったり、締りが悪かったり、、、」と話していると
「そんな話はどうでもいいです。価値観の基準なんてそれぞれの立場で違うから。」とズバッと言われちゃいました。
そのお肉自体に価値を感じるかどうかが大事なんだと。
放牧とかそんな能書きは除いて、そのお肉自体が純粋に必要か使えるのかという話から入り、その上でうちのお肉に対する思いをちゃんと聞いて下いました。

こんなふうに関わりを持って、理解いただき、使っていただけることって、あるようで案外無いのが現状。
だからこういった繋がりは本当にうれしいのです。
ぜひぜひ、予約して食べに行ってみてくださいね。

少し話がそれました。今回はブロック肉の販売のお話でした。
ひでふくのブロックは内臓も含め全て売り切れになってしまったのですが、「みつこ」と「夢」のお肉もブロックでの販売を行いたいと思っています。
価格等はHPに記載してありますので是非ご検討いただれればと思っています!!
d0099005_18183149.jpg

ブロック肉の価格等につきましては「こちら」に記載しています。

牛たちの新たな可能性を見られる事、そして素敵な関係が新たに築ける事を願っています。

よろしくおねがいいたします。


(その6へ続く)
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2012-10-30 16:18
"Fallen Leaves" Skin
by Animal Skin
<< 放牧牛肉についての取り組み お... | ページトップ | 放牧牛肉に抜けた取り組み ちょ... >>