2012年の振り返り 5月~8月
あけましておめでとうございます。
2013年になりました。
気持ちを新たに、2012年を振り返ります!!(笑)

5月

・削蹄開始
昨年11月から半年近くお休みをいただいていましたが、少しずつ削蹄も始める事が出来ました。
一昨年親方が亡くなってからずっと兄弟子との3人でまわっていましたが、この春から兄弟子が弟子を取り、新人が入ってきました。
削蹄での最後の1頭の最後の脚だけは新人の練習用です。
ひーひー言って脚上げる新人君を、みんながにこにこ(にやにや)しながら見守ります。(もちろん仕上げはちゃんとします。) 優しいおじさん達に囲まれ幸せ者だね~。頑張れ!!
d0099005_12213919.jpg

半年のブランクで本当に大丈夫か不安でしたが、体は忘れていませんでした。
一つ一つ地道に身につけた技術は体に残っているものなんだなって、嬉しかったです。
同時に運の要素が大きい派手な業績よりも、いつまでも体に残る基本の積み重ねの大事さ、その延長線上にあるのが業績である。それを目指したいと思いました。
d0099005_1141722.jpg

・田舎者なのでコープさんの本屋でも十分レジャーなのです
d0099005_12181569.jpg

・今年は5月1日から放牧スタート。今までで一番早い放牧でした。
1日に大照放牧場に放牧した後、すぐに鍛冶屋の放牧場の整備に取り掛かりました。
削蹄がぼちぼちスタートだったので、間を見てひたすら放牧場の整備の日々。
チェーンソー、刈払機での雑木の伐採などなど、牛飼いと言うか森林組合の人になってました。
11月にお肉になった夢も早速草に夢中でした。
d0099005_1121427.jpg

ブログ記事は5件(各タイトルをクリックするとページに飛びます)
大照放牧場

おまつちゃんと特産松坂牛
お知らせです
いい感じです
この時期は雪も溶け、放牧場の準備や削蹄と言った仕事に追われる一方、放牧場の確保のための交渉を水面下でしたり、資金繰りや計画の見直しといった再建に向けて動きだした月だったと思います。

・フェイスブックに咲の動画を乗せたりして。。。相変わらず子供溺愛の生活。。。





6月

・34歳になりました。あっという間。と、同時に3人目の妊娠が発覚。
この時期は僕が動けるようになってきた半面、あつみが今までの反動でずっと寝込んで動けなくなってしまっていて、自分の中で無理やりテンション上げて家事と仕事に奮闘していた時期でした。
色んな出来事が一気に重なり、誰もが精神的にもいっぱいいっぱいで、3人目の妊娠を素直に受け入れられない環境でした。
それでも全部ひっくるめて前に進もう。そう決めました。

・放牧場では芝を買って糞の上に足で踏んで植えつける芝移植を行いました。
新鮮な糞の上じゃないといけないので毎日糞を探し、芝マットを切っては踏みきっては踏み。。。
地味な作業ですがひたすら時間がかかりました。
芝マットはあまり長い時間置いておくと活力が著しく低下することを知らず、最後の方で植えた芝は定着せず軒並み全滅でした。
芝マット高かったのに。。。
d0099005_11444983.jpg

・福井県などの遠出の削蹄も行けるようになりました。
d0099005_12234477.jpg

福井県での昼飯はいつもココ!!昭和の香り漂う焼き肉屋。美味いんです!!
この「あかね」さん、ホルモンも美味いんですが、ひね(親)鳥がめちゃくちゃ美味い!!
これが楽しみで福井県に来てます!
ただ、宿泊はきつかったので一人で電車に乗って帰りました。。。
d0099005_12241543.jpg

これ一応よそ行き用のスウェットだったんですが、削蹄に使っていくうちにこうなります。
どんな服も右腕だけこうなるのです。
鎌で蹄を切るときに、切った後の蹄に伸ばした腕が引っかかる。
というか、えぐっちゃう。
当然自分の腕もえぐるので火傷のあとのような傷、いやケンシロウのような傷だらけなのです。
例えお腹が出ようとも、見た目がなよっちくても、手首だけはケンシロウなのです!
手首だけ。。。
d0099005_12281114.jpg

・大照放牧場が今までの7haから12haまで拡大する事が出来ました。
5年間ずっと交渉していたので本当に嬉しかったです。
ただ、ものすごい藪や蔓で毎日毎日牛飼いを終えてから真っ暗になるまでチェーンソー動かしていた記憶があります。
d0099005_11524315.jpg

・保育園の記事が新聞に出て咲がのっていました。
今まで自分が掲載されることは何度もあって掲載されてももうなんとも思わなくなっちゃったけど、子供の写真が載ると全く別。テンションあがりますね。
削蹄が終わって昼飯食べてる食堂で新聞見つけたので店主に自慢した上に新聞もらって帰ってきました。
d0099005_11591115.jpg

・歯医者にて。今日の血圧、最高か最低どっちに○をすべきか真剣に悩んでしまった。
一応最高にしとこうかなと、○を書きかけてようやく意味が分かった。 数値ね。。。
d0099005_12162281.jpg

・ブログ記事は3件
姿勢と経験
34歳になりました~
自分の牛が答え
記事数は少ないけど、「姿勢と経験」、「自分の牛が答え」の記事は今読んでも納得。その通りだと思う。



7月

・家族みんなで王子動物園に行きました。娘は実物の像の大きさに驚くのかと思いきや、足元を歩きまわるハトの方に夢中でした。。。ハトって。。。
d0099005_12324021.jpg

僕はひたすらキリンやら鹿やら偶蹄類の蹄ばっかり見てました。。。
中でもアフリカ中部の湿地や沼地に生息するウシ科の「シタツンガ」。
蹄が長く泥の中も沈まずにあるけるそうで、すごい蹄!!
牛もドロドロの牛舎の蹄はこんな蹄になります。
一瞬、じゃあ切らない方がいいんじゃないの~って思ってしまった。。。
いやいや、肥育牛は体重が半端じゃないから切らなきゃ持たないんだけどね。
d0099005_1240238.jpg

・放牧場の準備ですっかり刈り遅れたイタリアン(牧草)を集めてまわったり、その最中にキジの卵を発見して卵焼きにして食べたりしました。
d0099005_12453074.jpg

d0099005_124528100.jpg


・ブログ記事は4つ
放牧場をデザインする①
CEL
削蹄
やまけんの日本まるごと食探訪


8月
・ブログ記事は3つ
#800
招待
#800の砥石良いって書きましたが、使ってみてやっぱり#1000に戻りました。。。
3つと書いてタイトルが2つなのは1つは非公開記事で書きかけです。
この月に僕の大好きで尊敬していた古本千一さんという牛飼いさんが85歳で他界されました。自分の中で本当にショックな出来事でまだうまくまとめられずにいます。いつか、古本さんの事も書きたいと思っています。。。

・「夢」のお誕生日がありました。なんともう4歳です!!!なのでプレゼントを持って山に上がりました。
あと数ヶ月でお肉になります。スイカもメロンもトウモロコシも、全く食べませんでした!!!
d0099005_130315.jpg

・大照放牧場でニホントカゲの子供発見。
尻尾のメタリックブルーが美しい。
d0099005_131224.jpg

・この月は、とにかく古本さんの死が大きかった。
本当に孫のように思ってくれていて、集中治療室にいる時もよく僕の話をしてくれていたらしい。
亡くなった後、農機具を頂きに古本さんの集落に行ったら、近隣の人が不審がって「どちらの人だ?」って寄って来たんだけど。
「村岡の田中と言います。生前古本さんにお世話になっていて。。。」と言うと「一馬君か。話はよく聞いてたよ」って。。。。。本当に僕の知らないところで、色んな人に支えられていたんだなって思います。
今も僕の机には古本さんの名前と牛の写真の入ったコースターがあります。ご家族の方から頂きました。
いつも思っています。

(9月~12月へ続く)
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2013-01-01 11:59
"Fallen Leaves" Skin
by Animal Skin
<< 2012年の振り返り 9月~12月 | ページトップ | 2012年の振り返り 1月~4月 >>