放牧牛肉(グラスフェッド・但馬牛) 「夢」 その1
2008年8月6日は夢がうまれた日です。

【但馬牛を草だけでお肉にする。】

但馬牛という黒毛和種の中でも特別小さく、和牛の世界でも特殊な「品種」を、完全に草だけでお肉にする。
過去をさかのぼっても、世界中探しても絶対にここにしかありえない取り組みでした。
それは逆にいえば、それだけ無茶な発想で、色んな方から心配されたり馬鹿にされたり、「なんで但馬牛なんだ!」「どうしてもやりたいなら違う牛でしたらいい」そんなことをばかり言われてきました。
たとえ100,000人牛飼いがいても、こんなことを行う人なんて一人もいない。
放牧での牛肉生産を研究する農業試験場ですら「和牛の完全なグラスフェッドはあまりにも否現実的」と取り組まなかった。まして但馬牛なんて論外中の論外。
素人の道楽ならまだしも、業界内では「革新的」ですらなく、「異常」な取り組みでした。
それでも、自分は但馬牛以外の牛を飼う気にはなれませんでした。
だって但馬牛の繁殖農家だから。
でも正直、上手くいくとは思ってはいませんでした。
それでもどうしても確かめたかったのです。探りたかったんです。
草食動物である牛の可能性を。但馬牛のポテンシャルを。日本の食の方向性を。

どうせなら牛が生まれたところから知ってもらいたい。
それらを全部含めて食べてもらいたい。
そう思い「放牧牛パートナー制度」と言う事業を立ち上げました。
毎年15,000円の会費を払っていただき、夢の成長記録を送り、年1回1泊2日の夢に会うツアーにご招待する。
15,000円は毎年のツアー代のほか、放牧敬産牛肉1㎏をお届けするお肉代として頂戴した。

だからパートナー制度は利益を出す事業ではなく、思いに共感して下さったお客様と一緒に「夢」という牛を見続けるという事が目的。
このパートナーの方々がいたから51カ月齢もの間、納得いくところまで夢を飼う事が出来た。

ホルスタインの肥育で24カ月齢、和牛で30カ月齢、松阪牛なんかになると40カ月齢近くまで飼う事もある。
去勢で51か月なんてそれだけでも超高コスト。
だけど、一番いい肉って思える時に出したかった。牛の体型、発育曲線、時期、月齢、それに加えて今まで放牧敬産牛肉で見てきたお肉具合から51カ月もかかってしまった。

2012年11月22日。
夢を屠畜した。



夢という牛の事を、少しでも知ってもらいたくって、夢の事を書こうと思います。
(日にちと時間は写真を撮った時のものです。)

4年前の2008年8月5日13時46分
夢が生まれる前日。夢のお母さん「りんこ」
d0099005_22211312.jpg

お産前日でしたが、この時間帯ではまだまだのほほんとしてお産の気配はありませんでした。
りんこは大柄な牛で、結構きかん坊なお母さん。
まだまだ産歴も浅く、血気盛んな年ごろでした。。。

「本当にここでお産できるんだろうか・・・?」

普通は牛舎で産ませるのが当然。
山の中でのお産は僕にとっても初めてで、不安でいっぱいでした。

13:45
陣痛が少しづつ来たのか、しっぽを振ったりお腹を気にしたりしています。
d0099005_22233861.jpg

d0099005_22244140.jpg

僕ら畜産農家がお産のタイミングを予測するのがこの陣痛です。
陣痛が進むにつれ、そわそわしたり、しっぽを激しく降ったり、後脚でお腹を蹴ろうとしたりするのです。
こんなサインが出たら半日もせずに生まれます。


実はもう一つお産のサインって言うのがあるんです。
それは骨盤の落ち方と、乳の出具合なんです。
お産が近づくにつれ骨盤靭帯が緩み、骨盤がひらがってきます。
こんなふうに尻尾の付け根がぽこっと凹んでくるんです。
また、乳も最初は透明で粘っこい水飴のようなものなのがトロ~っと出てくるのですが、お産直前には牛乳がビューっとでます。
この凹みの深さと乳の状態で分娩まであと何時間と推測しているのです。
d0099005_22262430.jpg

「もう生まれるな。。。生まれる瞬間まで放牧場にいよう」
そう決めました。

18時43分
りんこは僕の予想に反して、なかなか産もうとしません。
「もう日が暮れちゃうよ・・・」
山の夜はなんとも形容しがたく、怖いんです。
何かが『じっと見ている』気になります。
森の中だと月明かりも届かず地形も見えないので危ないのです。
「帰ろうかな。。でも、今日中には生むだろうしな。。。」
僕にとって山の中で子牛を産ますなんて初めての事で、とてもほってなんておけません。
りんこは見晴らしの良い草地から徐々に森の方へ移動します。。。
しかし、きょとんとして全然産む気配がありません。
d0099005_22334152.jpg

焦る気持ちと裏腹に日は暮れてきます。
19時22分
山頂の放牧場からも太陽が見えなくなってきました。
d0099005_2234798.jpg

しかも!こんな時に限って夫婦喧嘩をして、帰らざるを得ない状況に!!!(ここ重要!!)
「ここまで待って、いまさら帰れるかい!!!」
「で、でも怒ってるし、帰った方がいいかな・・・」
「早く産んで~!!!」
「こわいよ~」
「まだかよっ!!」
暗くなるのにあわせ、僕の心はいっぱいいっぱいになってきました。。。。。。。。
(僕が焦ってもしかたないのにねぇ)

20:22
日もすっかり暮れ、りんこの動きが活発になってきました。
明らかにそわそわし、お腹を蹴ったりと陣痛が来ています!!
d0099005_22383972.jpg

20:40
尻尾をあげ、しきりに振っています。
糞も軟らかくなってきました。
子宮から産道(膣内)に子牛が出てくる時は直腸が圧迫され、糞が下痢気味になります。
こうなるともう30分~1時間以内に子牛は出てきます。
d0099005_22435954.jpg

20:50
りんこが座りました。
いよいよです!
お産は基本的に座って行います。
座っていきんでは立ち、ウロウロして陣痛に耐え、また座っていきんでの繰り返しです。
d0099005_2245735.jpg

20:53
りんこが立ち上がり突然森の方へ早足で歩きだしました!!
d0099005_22461612.jpg

「ど、どこにいくんだ~!!」
僕は追いかけました。
しかし、追えば追うほどりんこはスピードを上げ森の奥に入っていきます。
普通、牛は群れで行動するので単独でどこかに行ったりしません。
しかも夜中に・・・
焦りました。
森の中は月明かりもなく真っ暗。
木も草も多い茂るので数メートル先も見えません。
「ガサガサ」という音を頼りに当てずっぽうで森を走りました。
やがてその音も聞こえなくなり、僕は夜の森の中で一人に。。。。
完全にりんこを見失ってしまいました。
もう見つけるのは不可能でした。
30分ほど探しましたが、危険すぎるので仕方なく放牧場を後にして家に帰りました。。。。。。。。。
もう、気が気でなかったです。

2008年8月6日6:09
僕は不安いっぱいで山に上がりました。
放牧場の広々とした草地に牛たちはいました。
でも、りんこだけがいません。。。
僕は再び森に入って行きました。
そこにりんこがいました。
d0099005_2247423.jpg

「いた!!!!」
「子牛は?子牛は?子牛は?いない???どこに?どこに?いない?」
バクバク心臓がなっていました。
よ~く見るとりんこの足元に黒い影が。。。
d0099005_22482844.jpg

「い・いた・・・」
バクバクが止まりません。
山の中で産ませるなんて初めての事。
「死んで、いるんじゃ、ないの。。。?」
最悪のイメージが頭を駆け巡ります。
飛び出そうな心臓を抑えながら僕はりんこのもとにむかいました。

(その2へつづく)
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2013-01-03 22:33
"Fallen Leaves" Skin
by Animal Skin
<< 放牧牛肉(グラスフェッド・但馬... | ページトップ | 2012年の振り返り 9月~12月 >>