雑記
今日は消防団の出初式でした。
鬱になってここ2年、すっかり居留守番電話で気まずかったのですが、今年こそはと電話に出ました。
「大丈夫です。行けます。」と連絡を入れたものの、結局前日の夕方から情緒不安定になり、朝になって断りのメールを入れる始末。
35歳を前に、そんなもんです。

ただ、そんな自分であろうと、僕はやっぱり自分が好きです。
誰かと比べて秀でているとか劣っているとか、そんなことではなく、やっぱり自分が好きです。

ここのところずっと削蹄の日々でした。
当たり前ですが、僕はプロなので、そこらへんのただ削蹄ができる人よりは、自信を持って上手いです。
当たり前ですが、僕より上手い人もたくさんいて、その人はいつも僕の横で蹄切っているので、そんな事はいやでも分かります。
そして、当たり前ですが、去年入った新人は僕より下手です。

でも、この1年で彼は本当に上手くなりました。向上心を失わない限り、彼はもっとどんどん上手くなる。
僕が惰性で削蹄していたら、あっという間に追い抜かれると思っています。
今はまだ中学生の子でも、20年後には僕よりも上手くなる子なんて山ほどいるでしょう。
もちろん僕はそのころには55歳なので今のようには切れないでしょう。

優劣なんてそんなものです。
ほんとにつまらん。
結局は自分がどう生きたいか。それだけです。
だから苦しむし、足掻くのです。
少ない人生。関係ない人間のことなんてかまっていられない。

僕は削蹄に行く時、新人のY君の車に乗せてもらって集合場所まで1時間弱一緒に行きます。
でも、僕はほとんどしゃべりません。。。
Y君は気まずいと思います。
彼の事は10年以上前から知っていて弟のような存在。
本当は色々教えたい事もある。
でも良かれと思ってあれこれ教えても、何にも身につかないし、無理に世間話しても時間の無駄。

知りたい事があって初めて疑問が生まれ、質問する事で自分の頭に入り、実践して身につく。
僕はそうだった。
受け身でいる限りどんな成果を残そうが、続かないと思う。
(ただ、例外的にめっちゃくちゃ頭の回転の速い方はこちらの疑問点の答えのもう1個先の話からして誘導してくれますが。。。)

今僕は、改めて牛の事がわからない。
全然わからない。
ほんとに、みんなの方が牛の事知ってるんじゃないのと思う。

色んな人から生の話を聞くたびに、自分の小ささが分かる。
(雑誌は良いことしか書かないから基本的に信用してません)

日々勉強。
日々足掻く者。
そんな自分が好きだし、そんな自分を大切にしてくれる人が本当に大切だ。
エゴイスト。
だからこそ色んな話を聞き、それでも毎回最後は自分の牛と自分を信じて進みたいな。

このブログを皮切りに、またちょこっとずつブログを書いていければと思います。

今日みたいな日もあれば、こんな日もあります。
d0099005_201223.jpg


放牧牛肉のお肉編も、ぼちぼち書きますので気長に待ってってくださいね。
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2013-04-07 19:49
"Fallen Leaves" Skin
by Animal Skin
<< 採卵 | ページトップ | 放牧牛肉(グラスフェッド・但馬... >>