身近な生き物①
先週あたりから毎日毎日、家の前を大量の羽虫が飛んでいる。
何千匹もの羽虫が大群になって川下から川上へ。。。

d0099005_1941772.jpg

(写真ではうまく伝わりませんが、すごい数です)

天変地異の前兆か!?と
慌てて懐中電灯の電池を買いに行きました。

後から教えて頂いたんですが、これは異常行動じゃなく自然現象なんですね。

幼虫時期に川下に流されていった幼生が、羽化して上流へ産卵に向かう現象。
そう思うと何だか神秘的に見えてきます。

1匹だったらタダの虫としてとらえがちですが、こうやって種としての意思というか行動を見せられると、なんか圧倒されますね。

この子たち。日中はまとまって飛ばないのですが、夕方になると一斉に飛び出します。
そして、その合間を凄いスピードでツバメが飛び交います。

一斉に飛んでいると言っても、大きく分けると2種類の虫達がいます。
こんなふうにオスプレイのように空中で止まったように飛ぶのが【カワゲラ】です。
d0099005_19125638.jpg

捕まえてみると確かにどれもこれも卵を抱えています。
「これから産卵に行くんだな」と思って掴んでいると、ポロっと卵が・・・あああ。
違うカワゲラを捕まえてみると、またすぐに卵が・・・ああ。
悪いなあと思いながら、娘と一緒に空中キャッチ競争をしていました。
d0099005_19155741.jpg

d0099005_21423170.jpg


一方、カワゲラに反して全く安定感の無い、まるで酔っ払いのような飛び方が【ヒゲナガカワトビゲラ】です。
d0099005_1917691.jpg

確かにひげ長いね。
この子は非常にトリッキーな動きをするため中々キャッチが出来ない!(するなよ。)
こういう虫取りって、子供は夢中になりますよね。
大人も夢中になって久しぶりに虫を追いかけました。

この矢田川沿いに牛舎を移転して6年も経ちます。
今までこの子達の存在に全然気が付かなかったなんて。。。。

周りでは田植えが始まり、いっせいにカエルが鳴きはじめました。
あと1カ月もすればモリアオガエルの幼生が牛舎中を跳びまわります。

また今年も春が来ました。
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2013-05-12 19:19
"Fallen Leaves" Skin
by Animal Skin
<< 種雄牛の削蹄 | ページトップ | ニコイチ捻転去勢法 >>