牛飼い
牛飼いを始めてどれほど思っただろう。
どれほど泣いただろう。
どれだけ決意しただろう。
「もう殺さない」と。
先ほど死亡している子牛を発見した。
もう涙は出てこない。
ただ胸の中がざわざわする。
ざわざわざわざわする。
次に生かすなんて、もう軽々しく言えないし言いたくない。
背負うことしかできない。
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2013-07-20 19:59 | 日記
"Fallen Leaves" Skin
by Animal Skin
<< かわいさ | ページトップ | 日本の草資源 >>