削蹄鎌
削蹄に使う鎌が届きました。
鎌の使い方や砥ぎ方と言った技術は基本ですが、道具も大事な要素です。
道具の使い方は人それぞれ癖があります。
なので、鎌は自分が使いやすいように特注しています。

この削蹄鎌、一般的には片刃が主流なのですが僕は両刃を使っています。
削蹄の競技会など「魅せる蹄」では片刃の方がむいているとおもいます。
でも、現場では両刃の方が使いやすいです。
メンテナンスも簡単ですしね。

僕の使う鎌は両刃でも刃長10cmの大鎌です。
大鎌は硬い蹄にはむいていませんが、使い慣れると負面(蹄の地面に設置する面)が少ない回数で作れるので重宝しています。

新品はこんな感じ。
d0099005_22435243.jpg

使い込んだ鎌はこんな感じです。
d0099005_22435744.jpg

どちらが良いという訳ではなく、用途によって使い分けています。
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2014-04-14 22:44
"Fallen Leaves" Skin
by Animal Skin
<< 現代農業 | ページトップ | 普通に牛飼い >>