牛舎①
去年の3月に新しい牛舎を建てました。
新規就農で牛舎を建てて始めるという事例はほとんど無いと思います。
通常は離農した農家の牛舎を利用するか、町などが用意した牛舎に入り利用料またはリース料を払うといった方法だと思います。
就農にあたり生活費、運転資金、牛の導入資金など多額の資金が必要になるのに、さらに牛舎を新しく建てるなど普通は考えられません。
しかもこの地は積雪2mを見ないといけない地域。
牛舎の構造も雪に備え頑丈にしなければいけません。
つまり、牛舎の㎡単価は通常よりかなり高くなるということです。
宮崎や鹿児島の大規模の牛舎を見学しましたがほとんど九州の牛舎は㎡あたりが15,000円から20,000円で建っています。
50頭牛舎が1,000㎡とすると1500万から2000万で建ちます。
しかしここは豪雪地帯のため㎡あたり50,000円くらいあっという間にいきます。
ということは、5000万円!
とても建てれません。
だから当初は牛舎を建てるということは僕の頭にはありませんでした。
借りていた牛舎を建て増しして増頭しようと考えていました。
しかし10頭牛舎を建て増ししたところで20頭が限界。
20頭ではジリ貧になる。
空き牛舎もなかなかありません。
この地域では北海道と違い離農農家は1~2頭飼いの高齢者がメインです。
空き牛舎はあっても10頭規模が見つかればいいほうなのです。
たとえその牛舎を借りれたとしても移動だけで1時間弱かかり、冬は除雪をすることを考えれば通勤は不可能でした。
ではどうするか、、、、
・もし今の牛舎が5棟あっても牛舎の構造上1人で50頭の管理は無理である。
・30頭では牛舎の返済は難しいが、50頭なら返せる自信がある(3000万くらいの牛舎なら)
・30頭規模も50頭規模も大して牛舎価格は変わらない。
・なにより自分で考えた牛舎で牛を飼ってみたい!

よし、建てよう!!
牛も人も快適で、作業しやすく、安価な牛舎を。          (牛舎②につづく)
d0099005_23213255.jpg











            牛飼いを始めた当初の牛舎と牛
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2007-01-05 23:28 | 牛舎
"Fallen Leaves" Skin
by Animal Skin
<< 牛舎② | ページトップ | 肉牛研究会 >>