牛市前
明後日は牛市で我が家は4頭出荷します。
今回も前日からの市場搬入をすることにしました。
前日搬入は牛は痩せますが(腹がへこむ)、ゆとりを持って運べます。
また、朝早くから車に揺られて市場に連れて行かれ、休むまもなくつながれ、そのまま遠距離の輸送はなんだか少々牛がかわいそうで、ぎりぎりまで寝させてやろうかなと。。。

牛市の前の晩は1升瓶片手に牛房に入り牛と話をします。
慣れている牛はもちろん、人が苦手な牛も牛房内で座って飲んでいると必ずよってきます。
「大きくなったな」なんてしみじみ話はしません。
「元気に育てよ」なんてことも言いません。
ただ「おい、どないだ?」と聞くだけ、あとは勝手に一人で飲んでいます。
そんなもんでいいんです。
いつもと同じ態度でも十分わかってくれてる気がします。
飲んでいると、牛は次々と顔をなめるわ、髪を噛んで引っ張るわ、服はなめて噛んでびしょびしょにするわ、だんだん調子に乗って頭突きもしてくるわとむちゃくちゃにされるわけですが、牛房内で腰をすえて飲むだけで8ヶ月近く見てきた牛であっても「こんな一面があったんだ」なんて気づくこともあるわけです。
明日は搬入です。
後はただ怪我をさせず、風邪をひかさず、安全に彼らを連れて行くことが僕の仕事です。
d0099005_22442072.jpg
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2007-01-12 22:53 |
"Fallen Leaves" Skin
by Animal Skin
<< 酪農の削蹄 | ページトップ | 牛舎③ >>