本気で牛飼いで食べていく会
牛が飼いたい!という方はたくさんおられます。
当然その思いの強さは人それぞれです。
しかし、思いの強さはあれども共通しているのは「どうやって牛飼いになるのか、具体的な流れがイメージできない」ということです。
僕は酪農関係の大学に進みましたが、どうやって牛飼いになるのかなんてことは一度も教えてもらいませんでした。
また、全国規模の就農相談のイベントにも出ましたが中身は耕種農家対象か法人の求人案内で、新規で畜産をするという問いかけに答えてくれるところは北海道だけ。
ほとんどの県が畜産の新規就農は無理という答えでした。

よく言われる就農までの流れは
①農業体験
②大学、農業大学校、専門学校等への進学
③実習または法人に就職し技術の習得と資金の確保
④農地の購入
⑤経営開始
となっています。
しかし、畜産では全く通用しません。
③に大きくずれがあるのです。
初期投資の少ない和牛繁殖でも3000万から5000万くらい初期投資が必要です。
実習または法人の就職から得られる賃金だけでは何十年もかかります。
技術も実際始めてみないと分からないことが多いため、単に実習や就職・ヘルパーで年数を重ねても得られる技術には限界があります。

では、どうすれば牛飼いで食っていけるのか。
僕も分かりません。(すいません)
というか万人に通ずる方法はないと思います。
しかし、僕の今までの経過や現状を見てもらうことで少しでも就農のイメージを湧いてもらえればいいなと思うのです。
このイメージというのが大事なのです。
イメージの出来ないことは絶対出来ません。

今までも何人か短期実習生を受け入れたりしました。
視察も多く受けています。
それは僕が人に教える技量や経験を持っているからではありません。
就農当時の感覚を覚えている今だからこそ見てもらう意味があると思い、視察や見学は受けることにしているのです。

本気で牛飼いがしたい人、牛飼いってどういうものかよくわからない人
一度連絡ください。
これがきっかけで本気で牛飼いしようと思う方が出ればうれしいです。

現在、「本気で牛飼いで食べていく会」を立ち上げようと計画中です。
以前はネット上での情報交換のようなことも考えましたが、アナログでないと意味がないとの考えになりました。
顔が見えないと一方的な押し付けの情報や、安易な承認になってしまい、その人の人生を大きく変える可能性があるということに気がついたためです。
(ネット上で非常に良い答えを導いてくれる方もいますが僕はまだそのレベルには程遠いです)

本気で~会は僕がどうやって牛飼いをしたのかを伝えるなんて薄っぺらなものではなく、僕を含め各々どうやったら自分の理想とする牛飼いになれるのかを考える会にしようと考えています。
まだ参加人数が少なく中身もつめていないので未定ではありますが、
興味のある方はぜひメールください。
見学も基本的にいつでも受けています。

俺らが日本の畜産界を変えていくんだ!
俺らが日本をもっと良い国にしていくんだ!くらいの気持ちで頑張りたいです。
d0099005_23255995.jpg
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2007-02-16 23:59 | 新規就農
"Fallen Leaves" Skin
by Animal Skin
<< 筋 | ページトップ | 哺乳 >>