背中が痛くなるときってありませんか?
背筋の奥がつるというか、筋を違えるというか。
僕はよくなります。
今まさにその状態です。
これが結構ダメージ大きいんです。
二ヶ月に1回くらいはなります。
運動不足でしょうか?

僕は意外?にもどんくさくてよく怪我をします。
階段でつまづくなんてのは当たり前、こける、すべる、ぶつけるの常連です。
削蹄中にはよく指を切ります。
左手の中指の腹からざっくりと、ひどいときは指を越してツメまで行くこともあります。。。。
怪我をするたびに言われます。
お前は慌てすぎだと。
確かにそのとおりです。
周りが見えていないのです。

指をざっくり切るとかなりの出血ですが削蹄中はアドレナリン全開なので痛みなどあまりありません。
その上、基本的には僕は痛みには強い方なのです。
痛みを感じないからまた同じ事を繰り返す。
失敗しても懲りない。
怪我ひとつからも自分の欠点が色々と見えますね。

痛みには強いですが、苦手な痛みもあります。
そのひとつがこの背筋の筋違えです。(筋肉痛は好きなんですが・・・)
背筋の筋違えの痛み自体は飛び上がるほどでもないですが、息をしても、寝てても、動いても痛い。
これから4~5日続く慢性的な鈍痛。
憂鬱です。

筋を違えると痛いことになる。
これは背中に限りません。
仕事や生活においても同じです。
以前僕は、ただ前に進むことでいっぱいいっぱいになり、応援していただいている方にかなり失礼な行為をしていた時期がありました。
いわゆる筋が違う事をしていたわけです。
当然人間関係はガタガタ、何をしても上手くいかない。
一度壊れた関係の修復はなかなかでした。

それからは儲ければいいんだと言う感覚ではなく、誰が見ても恥ずかしくない行動をとることを意識しなければいけないと実感しています。
そういった生き方が100%出来ているかといえばそうでもありません。
まだまだ指摘されて初めて筋を知ることもあるわけです。
上手くいかないときに改めて考えると筋からずれていたことも往々にしてあります。

筋のずれた事をしたり、自己中心的に偏ったり、後ろめたい気持ちや否定的な感覚で行動すると自分の周りにそういった人たちを寄せ付け、負のスパイラルに入ってしまいます。
逆に常に積極的な考えで動くことで自然と賛同者や意識の高い方が集まってくるものです。
筋、道理に合った生き方が基本ですね。

背中も生き方も、筋を違えてはろくなことにならないです。


d0099005_2126493.jpg
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2007-02-27 22:09 | 日記
"Fallen Leaves" Skin
by Animal Skin
<< 繁殖牛 | ページトップ | 本気で牛飼いで食べていく会 >>