人人人
今日は大阪まで新・農業人フェアに行ってきました。
新・農業人フェアは農業を仕事にしたい人のための総合イベントです。
各都道府県や、農業法人のブースがあり各ブースで就農相談が出来ます。
そのほかに農業者年金コーナー、田舎の農地管理相談コーナー、なんでも相談窓口、田舎暮らし相談会などいろいろなブースがあります。
僕も5~6年ほど前に参加したことがあります。
しかしその時はイマイチでした(笑)
今回は就農を目指す立場でなく、就農希望者の受け入れ等で何か切り口がないか勉強しようと行ってきました。
なかなか面白かったです。
詳細は後日。


久々の大阪は人人人でした。。。。
行きの電車は少し混んでるくらいでしたが今の僕にはかなりの人数に感じます。
数えてみると1車両に100人はいました。
この1つの車両の人がみんな牛飼いを始めたらすごいことになりますね。

帰りは阪急でケーキを買いにいきましたが、そこもまた想像を絶する人人人でした。
僕なんか人酔いしてしまいげっそりです。
牛も密飼いはよくないといわれますが、それ以上の密度!
あの密度で牛を飼えば1日で病気は間違いないでしょう。
僕がげっそりするのも仕方無しです。
あの人人人は異常な光景でした。
世の中にはこんなに人間がいるのに、なんで農業ってマイナーなんでしょうか。
こんなに面白いのに!!なぜでしょう?

これだけ多くの人がいても依然農家は減少傾向です。
牛飼いの面白さが一般の人には全然伝わってない証拠です。
これはわれわれ畜産農家の使命です。
やりがいがありますね。
やるべき価値もあります。

よく言われますが「なんでまた牛飼いなんかするんだい。。。こんな大変なことを。。。」はタブーです!
「お前も牛飼いしたいのかよ、人気産業だからよほどアピールしないと倍率高いぞ!」なんて言うようにならないといけませんね。

まずは各々が牛飼いに自信、誇りをもっと持つべきです!
すべての牛飼いが最高に面白いと思える牛飼いをすれば間違いなく農業人口は増えます。

儲ける→おもしろいですが
おもしろい→儲けるではないと思います。
儲かるから牛飼いが増えるのでなく、楽しいから牛飼いは増えるのです。

人は山ほどいます。
しかし悲観的な話や、どうか来てくださいでは何も進みません。
農家自身が農業の多面的な面白さを再認識し、その上で情報を発信しなければ何も変わらないと思います。

d0099005_22432543.jpg
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2007-03-10 23:05 | 新規就農
"Fallen Leaves" Skin
by Animal Skin
<< 前提 | ページトップ | 牛舎⑤ >>