ここ最近は削蹄か放牧場の整備かで牛舎にいる日がありません。
暖冬の影響でいつもならまだ雪で上がれない放牧場もすっかり春めいていました。
もう、いつでも牛が出せそうな状態です。

今日も放牧場を広げようと草刈りに行ってきました。
今は草も少なく、木は水分が多く切り倒すと腐りやすいうえ、虫が少ないため放牧場の整備には持ってこいの時期です。
牛はどんな籔でも入っていき、きれいに食べてしまいますが、牛を囲う柵のところだけは人間が草を刈らないといけません。
今刈っているところ、これがものすごい籔なんです!
人間は歩けず、地面を這わないと行けないとこもあります。
笹とカズラとイバラが雑木の周りに絡み付くように生えていて前が見えません。
土地の境界線にはポールが立っているのですが、ポールなど見えず、這って位置を確認しその方向へ向かって草を刈るという所もあります。
森に入れば草は無いのですが直径10cm未満の雑木が密集しており、これも切らなければいけません。
木がなくなったと思えば蔓草の密生地。
蔓草は刈払い機には不向きです。絡まって前に進みません。

そうは言ってもやっていれば少しずつ進んでいきます。
これは道具のおかげです(笑)
今の刈払い機(草刈機)って性能いいですもんね。
安い上に直径12センチくらいの木なら切れちゃういます。
道具ってすごいです。
しかしそれでも牛の開墾能力には程遠いですね。
牛舎にいる牛とは同じ牛でも放牧に出すと別人のようになります。
牛本来の能力を発揮させるにはやはり放牧でしょう。
早く牛を出してあげたいです。

今年は親と育成の全頭放牧が目標です。
その為の新たな放牧場を探して動いているところです。
やはり牛はのびのび放牧させるのが1番ですね。
子牛は売り物なので市場にあった牛にしないといけませんが、肉の販売まで網羅していれば完全一環放牧もありじゃないでしょうか。
完全放牧一環経営。超攻撃型放牧。日本型畜産。
夢がありますね!
これらを「理想だ!出来るわけない」と片付けるのは楽です。
しかし、酪農では日本で数件存在します。
山地酪農と言うそうです。
肉牛では僕の知るところでは無いですね。
北里大学の八雲牧場がそれに近い事をしていますが。

採算が合う、合わないなんて端から決める事はしたく無いです。
どんなことでも方法は100万通りあるそうですよ。
興味があるのは合う合わないでなく、どうしたら出来るのかです。

牛飼いとは何だ、、、畜産業はどうあるべきなんだろうか。。。
繁殖農家は今後何を目指すべきか、繁殖農家の限界とは。
こんなことばかり考えています。

頭でっかちな牛飼いはダメですが、既存の価値観に固まり思考停止してしまってもダメですね。
失敗とは諦めることらしいです、成功は出来るまでやることだそうです。

つまり、諦めない限り失敗は無いということです。

話がずれました。
山にいると色々なことを考えちゃいますね。
タラ、コシアブラ、コゴミ、ウド、フキノトウ。。。。。。ってそっちか!
いやいやこれも大切。
これこそが僕にとっての春なのです。
d0099005_23305470.jpg
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2007-03-29 23:39 | 日記
"Fallen Leaves" Skin
by Animal Skin
<< 準備不足 | ページトップ | お風呂 >>