異常気象
ものすごい風です。
思わず目が覚めました。

今までも突風は何度も経験しましたが今回はとんでもない。
過去に餌タンク(3t)を設置するときに強風でタンクが飛びそうになり、あわてて大人3人でタンクの足にしがみついたのですが3人が一瞬宙に浮くというとんでもない突風がありました。
それの上を行く勢いです。
(餌タンクでピンとこない方は3/8日記の写真に写ってます。牛舎入り口脇に二つあるのがそうです)

僕にできる事はカーテンが千切れないように牛舎を開放することだけです。
そして、ただ過ぎるのを待つだけ。
自然の力に人間は無力だとつくづく思い知らされます。

とにかくすごい風。
寝ていて家が揺れるんです。
「揺れたかな?」ではありません。
「うおっ!やばい!!」と思わず目が覚める揺れです。

それでは、いったいどのくらいの突風なのか実験してみることにしました。
1、まず強風をじっと待ちます。
2、来たと思った瞬間に20センチほど垂直にジャンプ。
3、そこでいったいどこまで人間は飛ばされるのか
検証してみました。

「最大風速時」は逃しましたが「そこそこ風速時」で約150センチ飛びました。
150センチです!!!!
20センチの高さで150センチ飛ばされる。
ありえない数字です!
まさに狂風です。

近年異常気象という言葉に違和感を感じなくなってきました。
しかし、確実に何かがおかしい。

牛も猫も犬も何事かと落ち着きがありません。
今夜はしばらく風とのにらみ合いが続きそうです。
d0099005_231538.jpg
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2007-05-17 02:20 | 日記
"Fallen Leaves" Skin
by Animal Skin
<< 夢 | ページトップ | 見つけてみよう >>