子牛の能力
たまには牛のお話を。
今日も油断をしていると子牛が逃げてしまいました。
一歩でも外に出るとものすごいスピードでここぞとばかりに走ります。
そんな時はたいてい「ヴぇッ」と一声鳴いて走り出します。
子牛といえどもそのスピードは侮れません。
というか、子牛こそ侮れないのです。
やはり、もともとは肉食獣から襲われる立場の生き物です。
トップスピードまでが速い。
3歩くらいでもう追いつけないスピードなのです。
2歩までに捕まえようとぐっと力を入れ走ったところうんこをふんずけて転倒しました。
よくあることです。
うんこが背中やお尻についたと思いきや、間髪入れずに鳩にウンチをかけられました。
かなり調子いいです。

子牛の全力で走る姿を見て修行中の出来事を思い出しました。
修行中、子牛が柵を越えてジャンプしたんです!
「ジャンプなんて普通じゃないかー」とおもいますか?
普通じゃないジャンプだったんです!
ふつうは柵を飛び越えるのですが(ほんとの普通は飛び超えもしないんですが・・・)、彼は柵に後ろ足をかけ、そこからさらにジャンプしたんです!
柵は工事用の単管パイプですから子牛の足よりも少し細い。
ちょっとでもずれれば滑っていたでしょうし、何より柵の上でもう一度溜めて飛ぶなんて信じられませんでした。
あの事を思い出すと今でも興奮します。
d0099005_214298.jpg
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2008-04-17 21:09 |
"Fallen Leaves" Skin
by Animal Skin
<< 説得と共感 | ページトップ | しまね起業家スクール2008 >>