牛は宝物なり
先日、牛を運ぶ仕事でお隣の豊岡市(旧日高町)に行ってきました。
その農家さんは高齢のため牛飼いをやめられるということでした。
おじいさんは「昔は80件あった農家が今は5件にな・・・」と寂しそうでした。
とても牛を大切に飼っておられ、何度も何度も「気をつけて運んでくれ」と僕に言っていました。
そして、プロのカメラマンを呼んで「牛と記念撮影をするんだ」と写真をとってもらっていました。
頭数を飼っていると疎かになりがちなことがたくさんあります。
僕はとても大切なことをこのおじいさんから教えていただきました。
「牛は宝物なり」
これからは私たちがこの農業を発展持続させていかなければいけません。d0099005_1984474.jpg
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2008-05-22 19:30 | 日記
"Fallen Leaves" Skin
by Animal Skin
<< ありがとう・さようなら・こんにちは | ページトップ | 放牧スタート >>