酪農賛歌
大学時代に入っていたサークルから今年も年賀状が届きました。
肉牛研究会というサークル。
学生だけで肉牛の繁殖、保育、育成、肥育、精肉販売、牛肉料理販売まで一貫して行うサークルです。
学生時代は毎日のように牛舎に泊ってお酒を飲んでいたのですが、飲み会の締めはこの「酪農賛歌」という歌をみんなで肩組んで歌うんですね。
熱いですねー(笑)
だから今でも歌えます。

牛飼いを始めるまでの修業時代、迷った時には歌っていました。
でも今歌うと、当時とはまた違った気づきがあります。

黒土よ 緑なす草 身につけて 地上を飾る日の本に牛追う 若人はぐくめよ
窮乏の底に沈める国興せ 乳房持つ神 我と共なり
はらからよ 手に手をとりて 村守り 弱きを助け 貧しきを いたわるために 勇み立て
窮乏の底に沈める国興せ 乳房持つ神 我と共なり
み光に めぐみはつきず つまずく日 倒るる時も 見捨てずに 我をはげます神の愛
窮乏の底に沈める国興せ 乳房持つ神 我と共なり

さあ牛舎行ってきます!!

d0099005_0554932.jpg

10年以上前の写真です
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2009-01-02 01:01 | 日記
"Fallen Leaves" Skin
by Animal Skin
<< HPってどうやって作ればいいの... | ページトップ | 2009年スタート!!!! >>