ちょこっと応援~テラ・ルネッサンス~
こんばんは。
HPへのアドバイスをびっくりするくらいたくさんの方から頂きました。
「僕に任せてください」と言ってくださる方も多く、本当にありがたいです。
ブログで出来ることもまだまだ思っている以上にありそうで、現在思案中です。
メールいただいた方々、本当にありがとうございます!!!!
必ず返信します。
ありがとうございます!!!!

さて、一月も半ばにかかりました。
気合いを入れて書いた年賀状、書き損じが非常にたくさんありました。
もったいない・・・・
そう思っていたら、僕の尊敬する鬼丸さんが設立したNGO「テラ・ルネッサンス」が書き損じはがきの回収をしていると聞きました。
皆さん、ぜひご協力ください。

テラ・ルネッサンスとは「すべての生命が安心して生活できる社会の実現」をビジョンに活動をしているNGOです。
理事長の鬼丸さんはなんと僕より1つ下の29歳。
本気で世界から戦争をなくそうと活動されている熱い方です。
「戦争なんて個人がいくら活動したってなくなるわけない。」
ふつうはそう思います。
だけど何もしなければ絶対変わらない。
それも事実です。

テラ・ルネッサンスではすでにウガンダの元子供兵の社会復帰の支援や、カンボジアの地雷撤去やカンボジアの義肢装具師の養成など実際に現地で活動実績を上げられています。
2年前、初めて子供兵の話を聞いた時はこんな世界があることが信じられませんでした。

ウガンダにかかわらず世界中に30万人以上の子供兵が存在するといわれています。
子供達は誘拐され兵士にされます。逃げ出そうとした子供は見せしめとして麻酔もされずに足を切断され、また、泣き叫ぶ女の子がいれば同じように麻酔もせず唇を切り取るようなこともあるそうです。歯茎がむき出しになった少女の姿を見て泣き叫ぶ子はいなくなるそうです。そして、誘拐した子供を自分の村に行かせ、友人や親を殺害させます。そうしていくうちに子供は思考を停止し兵士として洗脳されていく。。。
こんなむごい世界があるなんて衝撃でした。
でも、大き過ぎる問題に目をつぶろうとする自分もいました。
その問題に人生をかけて取り組んでいる姿に僕は何度も勇気をもらいました。
だから僕はその困難に真っ向から立ち向かっている鬼丸さんを応援したい。
そう思っています。

でも、応援したいけど何していいか分からない場合ってありますよね。
鬼丸さん曰く、まずは関心を持つこと。
そして、人に話すことだそうです。

さらに、簡単に実際に応援できる方法があります。
それがこの書き損じはがきキャンペーンです。
■ハガキ3枚(約100円)で
元子ども兵の職業訓練施設の給食2人分
■ハガキ25枚(約1000円)で
マラリア治療のための薬を届けることが可能
■ハガキ70枚(約3000円)で
最貧困層家族への支援金の提供1ヶ月分
■ハガキ230枚(約10.000円)で
職業訓練後の元子ども兵にミシンや大工道具を支給するための経費 一人分
■ハガキ1000枚(約40.000円)で
(カンボジアバヴェル郡にて)井戸の設置 一基分
の支援ができます。

書き損じはがきのある方はぜひご協力ください!!
鬼丸さんの本もお勧めです。
「こうして僕は世界を変えるために一歩を踏み出した」
「僕は13歳、職業、兵士」
よろしくお願いします。
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2009-01-12 21:53
"Fallen Leaves" Skin
by Animal Skin
<< 生まれたばかりの子牛は | ページトップ | HPってどうやって作ればいいの... >>