ソングレター『君に会えてよかった』
昨年のドリームプランプレゼンテーション2008。
思いを多くの方に伝えられたのは、素晴しい曲(BGM)が側にいてくれたからでした。
そのプレゼンの音楽を作ってくれたのがソングレターアーティストの安達充さんです。


安達さんを初めて知ったのは日経BP社から出ている『居酒屋てっぺん』のDVDの主題歌でした。
「なんていい歌なんだろう」と気になってCDを探したのですが、当時はまだ販売されておらず、ただ安達さんの名前を覚えておくしかありませんでした。
そんな時、昨年の4月、なんと安達さんとばったり会うことが出来たんです。
これは運命だと勝手に解釈し、初対面なのにいきなり作曲のお願いをしました(笑)

安達さんはミュージシャンではなくソングレターアーティスト
ソングレターとは作詞作曲ではなく『翻訳』なのだそうです。
その人だけの『想い』を『歌』という形に翻訳する。世界にひとつだけのメッセージソングを歌われています。
自分がプレゼンに使うならこの人しかいないと思いました。
惚れちゃったんですね。

時間をとっていただき、みっちりヒアリングをしていただきました。、
僕が牛飼いに憧れ、諦め、それでもやっぱりやりたいと思うにいたる経緯。
そしてやっぱり牛が好きだという想い。
そんな気持ちを本当にど真ん中に翻訳していただきました。

その歌がこの『君に会えてよかった』です
安達さんのHPから視聴できます。
是非、一度聞いてみてくださいね。
安達さんありがとう!!

==============================

         ~君に会えてよかった~
                   作詞・作曲:安達充(共演:田中一馬)

好きで 選んだはずの この道が
いつしか 生きる術(すべ)へと 変わって
「こんなはずじゃない!」と 思いながら
どうすることも 出来なかった

「もう あきらめるよ…」と 告げた時に
不意に頬を伝わる 熱いもの
自分の中に 隠れてた気持ち
そのことに 気がついた-----

君と過ごした 日々の想い出
ひとつひとつ 忘れられない
いつも 最後に 残る気持ちは 「ありがとう」「ありがとう」
「君に会えてよかった」 何よりも 確かだから・・・

君は きっとすべて わかっている
自分の身に起きる ことも知ってる
それでも 身をゆだね 歩いてゆく
君の気持を 考えてる

僕に出来ることは 何だろうか?
悩み続けながら 想うことは
「君という家族と 生きた時間」
それだけは 伝えたいと-----

君の瞳や ふとした仕草
ひとつだって 目に浮かぶなら
きっと 誰もが 思う気持ちは 「ありがとう」「ありがとう」
「君に会えてよかった」 そのことを 分け合いたい・・・

もっと僕らは つながれる
もっと一緒に 幸せになれる
誰もやらないことと知って
それでも 叶えたいこと・・・

君の命も 僕の命も
同じ未来に 向かってるから
きっと 最後に残せるものは 命の つながり
「君に会えてよかった」 その気持ちを つなげたい・・・
「君に会えてよかった」 その気持ちが すべてのはじまり

==============================

d0099005_0224348.jpg


安達さんのサイトはこちら(ソングレタープロモーションムービーに作曲のヒアリングの時の映像が少し映っています・「君に会えてよかった」の視聴もできます。)
「君に会えてよかった」のエピソードや歌が聞けます。こちらから

----------今日の一歩(目標:毎日昨日を更新する!)-------------
①牛・・・今日は削蹄の仕事で1日出張でした。落ち着いて保定することを心がけました。
②今日のありがとう
・削蹄の兄弟子達が「(削蹄は同じ車で行くので)子供が生まれそうなら仕事打ち切って一緒に帰ってやるから」と言ってくれました。いつも気にかけて、育てていただいてて本当に感謝です。
・パートナー制度のお申し込みを頂きました!!
・削蹄先のお客様から子育てのアドバイスをたっぷり頂きました。

ありがとうございます!!!

③今読んでいる本・・・『「旨い」仕事論』永田雅乙著



おやすみなさい・・・・
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2009-01-31 01:10 | 日記
"Fallen Leaves" Skin
by Animal Skin
<< 産まれました~ | ページトップ | さあ、子牛が生まれました! >>