ただいまレポート【酪農の保定】
今日は出石町で酪農の削蹄です。

削蹄は保定が一番大事だと言われます。

牛がじっとしていないと蹄は切れません。

保定ができていないと、牛か人が怪我をして取り返しのつかないことになってしまいます。

だから大抵は専用の枠に牛を入れて足をしっかりロープで固定してから蹄を切ります。

でも、僕らが切るときは枠には入れません。

酪農の場合だと牛の保定はこんな風に横棒に首をくくるだけ。
d0099005_1515101.jpg


足にロープもしません。

頭はぶらぶら動きます。

牛の自由度がとても高い。
だから酪農の削蹄は難しい。

でも、親方曰わく「このやり方が人間も牛も一番安全でストレスの少ないやり方」なのだそうです。

怪我をするのはまだまだ下手くそってことですね。

今日もしっかり蹴られてきました。。。
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2009-07-11 15:15
"Fallen Leaves" Skin
by Animal Skin
<< 松阪人と但馬人 | ページトップ | ただいまレポート【体測&採血】 >>