ただいまレポート【酪農終了】
d0099005_146788.jpg

酪農の削蹄も今日が最終日。

繁殖と酪農がどちらも一段落したので、明後日からまた肥育の削蹄に戻ります。

今日は勉強の日になりました。

頭と体をフル回転してツメキり。

写真の牛はブラウンスイスという乳牛です。

ふだん切り慣れない牛なので緊張します。

蹄の色も違うので、少し違和感があります。

とにかく今日は難しい牛が多かったです。

難しいから頭を使う。

疲れてフラフラになるから楽な持ち方を考える。

楽な切り方を考える。

楽=手抜きはじゃない。

手抜きは論外。

楽な持ち方は牛にとっても楽な姿勢

普段は気づかない牛の足の持ち方を、疲れて力がでない時に牛が教えてくれる。

「おい、こら、下手くそ!」ってね。

また、一人で切れない時はお互いサポートしあいます。

そのサポートは端から見ると、ただ牛の横に立っているだけ。

でも牛によって微妙に立つ位置や力の入れ具合を変えているんです。

そんな事で牛がおさまる。
でも、「そんな事」がわからないんです。

難しい牛であればあるほど、相手や牛が楽になるように考える。

だから、苦しいときほど成長のチャンス。

難しい相手こそ自分を成長させてくれる先生。

牛も人もおんなじですね。


さあ、帰って子供のハンコ注射だ!
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2009-07-13 14:06
"Fallen Leaves" Skin
by Animal Skin
<< 『みち』 | ページトップ | ただいまレポート【導入】 >>