カテゴリ:放牧牛肉( 21 )
Top▲ |
牛バラスジ丼
神戸の中国料理屋『摩亜爺』さんから放牧敬産牛のバラとスジを調理したものを送っていただきました!!

それをそのまま使って『牛バラスジ丼』の完成です!!!

d0099005_1758984.jpg


下に敷いた小松菜が最高に合います!

美味い~!!!!



ちなみに摩亜爺さんの味の虜である僕と妻は自家製の点心をた~っぷり送っていただき、2日で完食してしまいました。。。。
別格のうまさです!!

・自家製包子(豚まん)5個
・豆沙包(あんまん)5個
・叉焼包(焼豚まんじゅう)5個
・焼売(しゅうまい)6個
・大根もち 1本 (約1,200g)

美味しかったです。
また注文します!!
摩亜爺点心は『こちら』から購入できますよ~。
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2011-02-05 18:07 | 放牧牛肉
放牧敬産牛肉~お客様の声③~
いつも楽しみにみている税理士さんのブログを見ていたら、なんと放牧敬産牛肉のご感想を掲載していただいてました!!!
「サクラじゃないか!」と言われるくらい、お肉のことを良く書いていただいていて、恐縮です。。。
と~っても嬉しかったのでご紹介させてくださいね。

(以下、ブログを転記させていただきました)
『人生観を変えた奇跡体験?な食事』
昨日の夜、とっても衝撃的で貴重な体験をしました。
それは、家での夕食の時のこと。。。
ここから 取り寄せたお肉で焼き肉をしたのですが、そのお肉を一口食べて、涙が出ました。
夕食の前に、そのお肉となった牛さんの生前の写真と様子が書かれたレポートをじっくりと読まさせていただきました。
d0099005_13581229.jpg

どんな風に育ったのか、どんな性格だったのかなどその牛さんの生き方を感じながら読みました。
そして、その牛さんのお肉をいただいたのです。
「 可哀相 」ではなく、
「 有り難い! 」・・・その想いが溢れてきました。
命をいただいて、自分は生かされている。
だから、もっと自分を大切にしたいって思ったんです。
そして、生きてるって本当に幸せなんだな~って
しみじみ感じることができました。
家族で食事をしながら、
ずっと「 いのち 」や「 人生 」について語りました。
重い雰囲気ではなく、
パワーをいっぱいもらった感じで楽しく♪
お肉のお味ですが、、、
今まで食べたお肉の中でダントツにウマイです!!
と言うか、
お肉がこんなに美味しいって感じたのは
私の人生の中で初めてですね。
軽く焼いてお塩だけで食べたのですが、
引き締まっていて弾力があって
肉の味がしっかりしていて
それでもってジューシーで甘みがあって、、、
「 すごい美味しい! 」の連発でした。
おまけに、結構な量を食べたのに
脂身が少ないせいか
胃がまったくもたれないんです。
それに、一緒に食べた野菜までもが
不思議なくらい美味しくなっていました。
野菜は、いつもと同じスーパーで買ったものなのに・・・
多分ね、野菜の命を感じながら
感謝して食べたから美味しくなったんだと思います。
この夕食での体験が
私の中にパラダイムシフトを起こしてくれました。
今までは、どちらかというと
「 感謝しなきゃ・・・ 」って思い込むようにしていましたが、
自然とあらゆることに感謝したくなったのですから。
そして、あることがより一層強く芽生え始めたのです。
「 自分ができることで、
 少しでも役に立つことをしていこう! 」と。
これから、ちょっとイイ人になりそうです♪
いただいた牛「 なみふくよし 」さん、
大切なことをいっぱい教えてくれてありがとう!
その命、決して無駄にはしません。
そして、「 なみふくよし 」さんを育ててくれた
田中畜産さん、
貴重な体験をさせていただき、本当にありがとうございます!
これは、お取り寄せの価値ありです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ありがとうございます!!!
こうやって喜んでいただく声を聞かせていただけること、すっごいパワーになります!!!
お肉はまだまだありますので是非一度(二度三度も大歓迎です)ご賞味くださいね!
お肉の注文は「こちら」から。
よろしくおねがいします!!!

*「経営者の成幸をサポートする税理士のブログ」もズバズバ本音満載で面白いですよ~。
ブログは「こちら」から。
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2011-01-31 14:08 | 放牧牛肉
放牧敬産牛肉~お客様の声②~
引き続きたくさんのご感想をいただいております。

兵庫県20代女性(なみふくよし焼き肉用)
弾力があって、味わいがあって、食べていくほど肉の甘みや旨みが強く感じられて、草の香りがしました。
本当に最高。

山形県30代男性(なみふくよし焼き肉用)
昨日焼肉で美味しくいただきました。
脂身もなく妻と二人で500gペロリと食べました。
美味しい牛肉をありがとうございました。

北海道30代男性(なみふくよし&きそひめつる4切り落とし)
ありがとうございました。
さっそく夕食で頂きました。
肉の味をよく確かめるために、焼肉にして塩コショウで食べてみました。
せっかくなので率直な意見を述べさせてもらいます。
「なみふくよし」は赤身の味を楽しめる肉で、直感的には北海道で言うところのエゾシカ肉をイメージさせる。
つまり、完全な家畜として管理された牛にはない野性味を備えた牛肉であることが食べた瞬間にわかり、その点の価値は非常に高い。
しかし、赤身が充実している分、脂肪の食味はやや不足しており、現在流通している牛肉に慣れた消費者には肉の硬さが印象に残るかもしれない(硬すぎて食べられない・食べにくいという意味ではなく、流通している牛肉のやわらかさを期待して食べたなら硬い部類に入るということである)。
「きそひめつる4」は赤身と脂のバランスに優れており、穀物主体で仕上げられた牛肉にはない味覚が楽しめる。
具体的に表すとすれば、特有の甘みが感じられるということであろう。
これまでに消費者が食べ慣れている牛肉と比べても硬い印象はなく、飼養方法の違いによって牛肉の味も違うんだということが良く分かる点で非常に価値がある。
牛肉を解凍した時点では、なみふくよしと比べると若干締りが悪い印象を受けるが、同じ放牧で仕上げたわりに本牛の肉が柔らかいのは予期せぬ長所だったかもしれない。
外観だけで決まっている肉の価値の付け方が全てではないことを示すのに十分な品質だ。
個人的には「きそひめつる4」のほうが好きだし、一般受けすると思います。

兵庫県20代女性(きそひめつる4焼き肉)
すっごいおいしかった!
柔らかいし、かといって肥育牛のようなとろっとした感じではなくて、噛むと甘みがあって赤身のおいしさが十分に感じられて、牛飼いだけが食べることができた贅沢品を、いただいている感じ。
赤ワインにとても合いました。


たくさんのご意見、ありがとうございます!!!
まだまだ③に続きますよ~。

お肉はHPから購入できます!
http://tanatiku.com
よろしくおねがいいたします!!!
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2011-01-27 23:13 | 放牧牛肉
放牧敬産牛肉~お客様の声①~
こんにちは。
相変わらず但馬は雪雪雪です。
牛舎の雪もずいぶん前から屋根につかえ、家の裏の小屋は雪で倒壊しています。
毎日のように除雪していますが、もう雪を持って行く場所がありません。
d0099005_21573256.jpg

そんな気持ちとは裏腹に降り続く雪・・・・
こんな時こそ「雪が降っても自分の責任!!(by浜口隆則さん)」といきたいですね!!!

お肉の販売から1カ月が経ちました。
宣伝広告なし。
ブログとHPに来ていただくお客様のみでひっそりとしたスタートでした。
そんな中で爆発的な売れ行きこそはありませんが、ぼちぼち買っていただくお客様やリピーターの方が増えてきました。
ありがとうございます!

この勢いでぶわ~っと規模拡大・・・・・・・は、しません!
実は僕は過去にお肉の生産を試験的に行ってたんです。
しかし、自分のキャパを越える取引で失敗したことがありました。
そのため自分が提供できるペースで焦らず、じっくり、自己満足で終わらさず、喜んでいただけるものに成長させていきたいと思っています。
売り手よし、買い手よし、世間よし、牛よしの『四方良し』です!!!


今回お肉を買っていただいたお客様からたくさんのご感想をいただきました。
少しずつご紹介させていただきますね。(本人の了解済みです)

千葉県 30代 男性 (なみふくよし切り落とし)
(牛肉に)それぞれの個体の写真が貼ってあって、それぞれに味が違うから『命』を食べている実感が持てた。
すごく良いことだと思う。
小学生と幼稚園の甥っ子にも写真を見せながら、肉になる前は、それぞれの命だったことを教えながら食べさせたら、不思議そうな顔をしていた。
そして美味しいって言っていたよ。
よい体験をさせてやることができたよ。
ありがとう!

兵庫県 20代 女性 (なみふくよし焼き肉用)
頂いたお肉はさっそく昨夜いただきました。
単純な言葉で申し訳ないのですが、
おいしかったです。
一緒に食べた知人も気に入ってました。
頂いたお肉は二人で完食しました。
ごちそうさまでした。
思ったほど硬くなかったですし、
脂がないのでパサパサするのかな?と思っていたのですが、
噛むほどに味わいが深くなってうま味もありました。
肉の風味もよかったです。
さすが但馬牛というところなのですかね。
脂もおいしいですが、赤身の美味しさもばっちりありますね。
筋もありましたが、適度な筋でした。
脂身がほとんどないので、胸焼けのような感じもないので
パクパクたくさん食べられてよかったです。
お肉、本当にごちそうさまでした。
ありがとうございました。


こういったご感想がすっごく嬉しいです。
自分の牛だからか牛がほめられているみたいに感じます。
それがまたうれしい!!
ご感想の紹介は②に続きますね!


お肉はHPから購入できます!
http://tanatiku.com

よろしくおねがいいたします!!!
(なみふくよしの焼き肉とミンチは売り切れました。ありがとうございました!!!!)
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2011-01-21 22:07 | 放牧牛肉
神戸の摩亜爺さんで
神戸の中国料理店『摩亜爺』さん

5月に夫婦で行ったのですが、その美味しさに完全にハマってしまいました。
(過去の記事はこちら

その摩亜爺さんでタイミングが合えば放牧敬産牛【きそひめつる4】を使った料理がいただけるようです!

今回はモモ、バラ、ロースを卸させていただきました。

滑蛋牛飯(牛肉と卵のどんぶり)

牛肉とター菜

年明けはバラが煮込み料理で出るかも?

行きた~い!!!

うちの肉が出る出ないは全く関係なしに、自信を持って超お勧めのお店ですよ。

神戸に来られた際は是非~!!!
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2010-12-29 05:02 | 放牧牛肉
放牧敬産牛肉「なみふくよし」と「きそひめつる4」
いよいよ牛肉の販売がスタート!!!!
この冬に販売するのは3頭です。

「なみふくよし」
d0099005_114272.jpg


「きそひめつる4」
d0099005_1251754.jpg


「ふくさと」
d0099005_1225595.jpg


このうち現在は「なみふくよし」と「きそひめつる4」の販売をしています。

この2頭はどちらも放牧の経産牛。
だけど、味が全く違います!!!!

なみふくよしは枝肉で148kgとすごく痩せた牛でした。
一方、きそひめつる4は枝肉で220kgとそこそこ太っていました。
だからきっと味に違いがあるんだろうな~って思っていたんです。
でも、ここまで違うとは驚きでした。

なみふくよしの焼き肉用
d0099005_1355013.jpg


きそひめつる4の焼き肉用
d0099005_1365542.jpg


なみふくよしの切り落とし
d0099005_141467.jpg


きそひめつる4の切り落とし
d0099005_1424110.jpg


食べた感想は
なみふくよしは肉の味が強く、何枚食べても飽きがこない。
いままで過去に生産してきた放牧の経産牛の味に近く、「これぞ赤身だ!!」といった感じです。
父親が安幸土井ということもあってか肉のきめが細かく、硬さもあまり気にならない。
(もちろん放牧敬産牛なのでやわらか~いということは無いです。)
(切り落としには若干筋があるところがあります)
僕は好きなお肉の味です。

きそひめつる4は放牧をしていたにもかかわらず脂がしっかりとありました。
青草に含まれるのカロチンから脂が黄色くなっているのですが、そのせいか脂に甘みがあります。
普通の経産肥育の肉のような感じもしますが脂が違う。
お肉は硬くないのです。
若干きめが粗い気がします。
そこらへんは谷福土井の子だからなんだろうか?
なみふくよしとはまた違うおいしさでした。
(きめの粗さは生で食べた時に感じたくらいで焼いたらわかりませんでした)
(冷凍保存していますので生肉では食べないでください。)

なんだか本当に牛って個体差が大きい動物だな~って思いました。
そしてやっぱり「放牧敬産牛肉」というネームはつけたものの「なみふくよし」と「きそひめつる4」なんだなってお肉を食べながら思いました。


ごちそうさまでした!!


HPも完成です。
こちらも宜しくお願いします!
http://tanatiku.com
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2010-12-25 15:08 | 放牧牛肉
食肉販売業スタート
放牧牛肉の販売をすると決め、動き出して4年。
ようやく『食肉販売業』の許可をとることができました~!!!
これで正式にお肉の販売ができます。
d0099005_21152676.jpg


営業所はこんな感じです。
d0099005_21171959.jpg
d0099005_21175093.jpg

地元の工務店にお願いして、内装や下水などすべてきっちり仕上げていただきました。
ここにあと冷凍庫が2つ入る予定です。

正直狭い営業所ですが、1歩1歩自分らしく広げていこうと思っています。

牛肉の販売は12月12日から開始します!!!!
(店舗販売はせずにHPからのご注文となります。)
HPは12月10日にアップ予定です。

ただ肉を売るだけなら今のお肉屋さんで十分で僕なんかの出番はありません。
『食べるものを確保して命に感謝できる社会を作る』
ずーっと一貫している僕の理念。
この牛肉販売を通してどんな価値を提供できるのか、今からわくわくしています!!

よろしくおねがいします!!!
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2010-11-30 21:35 | 放牧牛肉
お肉販売に向けて④
昨日屠畜した「きそひめつる4」は平成5年2月10日生まれの経産牛です。
我が家で何年も母牛として活躍し、昨年繁殖牛としての役目を終えました。
今年の5月から一昨日の夕方までは放牧場や耕作放棄地で草刈り仕事に従事。
そして、これからは放牧敬産牛肉として僕らを支えてくれます。

今回は枝肉となった「きそひめつる4」の説明です。
牛は屠殺後すぐに頭、皮、足、内臓などを取り除き、『枝肉』という状態になります。
この枝肉から骨を取り除いたものが『部分肉』と言い、サーロイン、ヘレ、クラシタ、マエバラ、ウチヒラ等々の大きなパーツに分けられます。
そしてそれを筋引き成形したものを『精肉』と言い、一般に私達が購入するような牛肉の形となるんです。

これは「きそひめつる4」の枝肉です。
どれが「きそひめつる4」だか分りますか???
d0099005_19592510.jpg

左から2番目が放牧敬産牛肉「きそひめつる4」
そのほかは通常の理想肥育した牛の枝肉です。

重さは枝肉の状態で219.6kgありました。
但馬牛の経産牛を放牧し、これだけの重量がとれれば上出来だと思います。
ちなみに今年1頭目の放牧敬産牛肉「なみふくよし」は150kgでした。

但馬牛の経産牛を穀物で再肥育した場合、通常250kg~300kgになります。
上記写真にある理想肥育の去勢牛だと520kgありました。
きそひめつる4は220kg。
これを小さいと見るのか丁度いいと見るのか。
僕はこれで丁度いいと思っています。(150kgは少なすぎですが。。。)
あとはどれだけコンスタントにこの重量を出せる牛と環境を作り出せるかだと思っています。

あと、この写真を見て気付かれた方もいると思いますが、枝肉の色が違いますよね。
きそひめつる4だけが脂が黄色いんです。
これは放牧で青草(カロチンを多く含んでいる)を食べたことによるものなんです。
一般的には脂肪は白いほうが見た目がいいので好まれます。
しかし、脂肪が白いから美味しいというわけではありません。
この黄色い脂肪はとっても味のある脂肪なんです!
これも放牧ならではの特徴ですね~。
今から食べるのが楽しみです!!!

明日はこの枝肉を部分肉にカットしてもらいに屠場に行ってきます!

d0099005_039592.jpg


(つづく)

ツイッター(http://twitter.com/)も書いています。
たまに覗いてくださいね~。
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2010-11-24 00:40 | 放牧牛肉
お肉販売に向けて③
こんばんは~。

今日は「きそひめつる4」の出荷で屠殺場に行ってきました。
今年2頭目の放牧敬産牛肉となります。
d0099005_22334168.jpg

きそひめつる4は我が家では大食いの部類に入り、とにかく何でもバクバク食べる牛です。
彼女は最初「大照放牧場」という我が家で一番条件のいい放牧場にいました。
しかしてその後、荒れて困っている耕作放棄地を解消するために同地区の鍛冶屋という所に3カ月ほど助っ人に行くことになったんです。

この鍛冶屋の耕作放棄地は当時荒れ放題。
2m以上のススキや蔓草に覆われてジャングルのようでした。
傾斜がきついうえに崖があり、おまけに前が全く見えない。。。
あまりにも過酷な環境で、2頭の牛がパニックになり水路に落ちてしまいました。

「とってもこんなところに牛を放せない。。。」と一旦は牛たちを連れて帰ったものの、「何とか放牧できないだろうか?」と頼まれ、再度放牧方法を考えることになりました。

そこで登場したのが「きそひめつる4」でした。
きそひめつる4は我が家でも超ベテランの放牧牛&ボス気質。
彼女に指揮をとらせて再放牧に挑戦することにしました。


結果は大成功!!!!!
どんな厳しい環境でもきそひめつる4はへこたれませんでした。
全く地形がわからなかった耕作放棄地は3か月で完全に地形が把握できるほどに。
改めて牛のすごさを体感しました。

2mもあるススキなんて普通は硬くて食べれたもんじゃないんです。
栄養価も嗜好性も悪いので一般の牛は痩せてきてしまいます。
でも、なんと、きそひめつる4は逆に肥えて帰ってきました(笑)
これには僕もびっくり!!
超ベテラン牛の貫録を見せてくれました。

写真は出荷前日のきそひめつる4です。
いい体格ですよね~。

(きそひめつる4の屠場編につづく)
d0099005_22502040.jpg


ツイッターでタイムリーな田中畜産をつぶやいています。
宜しければこちらも覗いてくださいね~。
https://twitter.com/#!/tanakakazuma
いつも見に来ていただきありがとうございます!!!!!
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2010-11-23 00:12 | 放牧牛肉
お肉販売に向けて②
今回は営業許可についてです。

肉の販売を行うには保健所の営業許可が必要です。
基本的なものとしては食肉販売業や食肉処理業といったものがあります。

今回、田中畜産では「食肉販売業」の許可を取ることにしました。
牛肉や豚肉は野菜や米と違い、自分で育てたものをそのまま販売することはできません。
自分の牛といえども勝手に屠殺することもできません。
これは公衆衛生の見地から必要な決まり事で、食肉とはそれだけ取扱いが難しい食品であるといえます。

「食肉販売業」とはその名の通り食肉を販売するための営業許可です。
精肉されたものを直接売る場合や分割や細切りをして販売するときに必要となります。

「食肉処理業」とは食肉販売業等の資格を持っている業者やスーパー等に肉を卸したり、枝肉で仕入れて熟成、脱骨、正肉(部分肉)、精肉と食肉のすべてを処理販売するための資格です。

そのほかにも「食肉製品製造業」など加工を行うために必要な資格もあります。


僕には最終的に加工や枝肉での熟成までやりたいという夢があります。
放牧牛肉にあった熟成法っていうのがあるはず。
とことん追求してみたい。。。
しかし、当面は年間5~6頭の販売が限界。
食肉処理業に必要な施設や資材をそろえると全く採算は合いません。。。

そもそも肉に関しては全くの素人。
無理な投資をせず、今できるところから一歩一歩広げていかなくてはいけません。
そのための一歩が食肉販売業です。

やりたいことはいっぱい。
でも資金・能力・経験・人脈等など足りないものだらけ。
だから一つだけ決めていることがあります。
それは「やめない」ということ。


先日ようやく工務店による工事が終了しました。
狭いですが今の僕の規模なら十分。

来週の月曜日に保健所の検査です。
それまでに冷蔵庫や備品の清掃と搬入に追われたいと思います。

日々忙しいけれど、ありがたいです。

d0099005_21521337.jpg
d0099005_21522924.jpg

[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2010-11-19 22:18 | 放牧牛肉
"Fallen Leaves" Skin
by Animal Skin
| ページトップ |