カテゴリ:日記( 93 )
Top▲ |
冬の放牧??
我が家の2階から見える景色です。
d0099005_157548.jpg

裏には矢田川という川が流れています。
その川の向こうにはかなり急斜面の山があります。
そして窓を開ければ大抵いつも、、、、鹿がいます・・・・
d0099005_1572494.jpg

(分かりますか?9匹いました。)

僕のいる地域では冬は放牧をしません。
雪深く、牛の食べる草がないうえに牛が歩くことさえままならないからです。
雪が多いため少し前までは鹿さえもいませんでした。

しかし、最近は温暖化の影響か鹿も北上してきてよく見るようになりました。
そんな中での今回の大雪です。
鹿もびっくりしたことだと思います。

僕は常々野生動物は冬の雪山でどうやって生きているんだろうと思っていました。
もちろん結構死んでいるのでしょうが、生き延びて春を迎える鹿やイノシシもたくさんいます。

そんなことを思いながら窓からず~っと鹿を見ていました。

なんでまたこんな急な山から下りてきたんだろうか?
水が飲みたいにしてはいつもいるよなぁ。

と、思っていたら謎が解けました!!
雪の重みでしなった竹から、笹の葉っぱを食べていたんです。
なるほど~。

雪が降ったからこその食べ物もあるんですね。

やっぱり野生動物は頭いいです!!!
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2011-02-01 15:56 | 日記
わはは牧場の食育授業
今朝の神戸新聞に牛飼い仲間でもあり、尊敬する「わはは牧場」の上垣さんが出ていました。

わはは牧場では牛飼いだけではなくブタや鴨の食肉加工もされており、地元の小学校などで食育授業の取り組みにも力を入れています。

今回は生前から食肉までのスライドあり、合鴨の解体実演あり、調理実習で「合鴨丼」作りありと超盛りだくさんな授業だったようです。

これは一生記憶に残るね~。

変に命を美化したりするわけでなく、ありのままに現実を見てもらうことの大切さ。

体験するからこそわかるリアルな重さ。

それは第3者では絶対に伝えられないもんだと思う。

食育は情報や道徳の押し付けじゃない。

普段から愛情をと誇り持って家畜や仕事に携わっているからこそ伝えられる「現実」がある。

やりたいことがまた増えてしまった・・・・・

いつもいい刺激をありがとうございます!!!!


わはは牧場のHPはこちらhttp://www.wa88.jp/
鴨の燻製や、ブタのベーコン(いずれも無添加)などお勧めです。
僕もよく『道の駅ようか但馬蔵』で買っています!!
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2011-01-29 17:35 | 日記
ブタとおっちゃん
ブタとおっちゃん』という写真集があります。
d0099005_12323628.jpg

この中で撮られている養豚家の上村さんとブタたちの表情。。。。

素晴らしいです!!!!

この写真に解説などはおこがましい。
とにかく見て「ブタとおっちゃん」を感じていただきたいです。

価値観は色々あると思うけど、僕はかっこいいと思った。
こんな「おっちゃん」になりたいです。
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2011-01-28 12:38 | 日記
2011年スタート
あけましておめでとうございます!!

昨年は色々な方から応援いただき、お肉の販売をはじめたくさんの新しいことに取り組むことができました。
また、多くの方とのご縁をいただき、大切な仲間との出会いもありました。
一方で口蹄疫の脅威に怯えた年でもありました。
11月には長男が誕生しました。
体調を崩し、自分の体を見直す大事な時期でもありました。
2010年は少しずつ自分のポジションが見えつつも、まだまだもがいていた年でした。

今年は「挑戦」の意味を少し見直していこうと思います。
いままで自分のイメージするものに向かって手当たり次第やってきました。
だから、新しいことに取り組むことの大切さや挑戦することで得られる価値の大きさはすごくわかります。
実感もしています。
これからも挑戦し続ける人生でありたいとも思っています。

だけど、突っ走ることで自分の両手に抱えきれないものもいっぱい出てきました。
わかった上で走っていました。
逆に、走ったからこそわかることもありました。

自分が提供する商品で、仕事で、生き方で。
今、この瞬間に関わってくれている方にどれだけ喜んでもらえているんだろうか。。。
自己満足で終わってしまっていないだろうか。

売っておしまいじゃなくって、10年20年、それこそ一生付き合っていける関係を築きたい。
「すごい!」って言われるより、「ありがとう!」って言われるような生き方をしたい。
身近な人に喜んでもらえるような。
そんな牛飼いでありたいし、お肉屋さんでありたいし、人間でありたい。

当たり前のことなんだろうけれど。

今年は「シンプル」に生きようと思う。

同じく経営もシンプルに。。。

無理無駄を徹底的に見直す。
大切なものを大切にする。

そんな1年間にします!!!

毎日がスタート!!!!

皆様にとって素敵な2011年となりますように!

今年もよろしくおねがいします。

2011.1.3 田中畜産 田中一馬

d0099005_21274328.jpg

[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2011-01-03 19:51 | 日記
うまれました~。
昨日の20:50に待望の第2子がうまれました。

3,464gの超元気な男の子です。

名前は『優土(ゆうと)』。

優しい力をもって、幸せにどっしりすくすく育ってほしい。
『土』は命を繋ぎ育むと同時に命そのもの。
多くの仲間や家族とともに幸せを繋いで育んでいってほしいな~。
そんな思いで名付けました。

d0099005_115383.jpg


今回も娘のときと同じく立ち会い出産でした。

やっぱり泣きました。。。

相変わらず僕は見ているだけでしたが、妻も息子も本当に頑張っていました。

自分も含め、生れるっていうことは本当にそれだけですごいことなんだなって理屈じゃなく感じます。

生んだ直後の妻の笑顔に、もうボロボロ泣いてしまった。。。


これからもっと楽しくなるね!

父ちゃんももっともっと頑張ります!!!!


応援いただいた皆様、本当にありがとうございました!

これからもみんなまとめて仲良くよろしくお願いします!!!
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2010-11-27 11:28 | 日記
ポリシー
以前ある方に「お前はあれこれと色んなことをやるけれど、ポリシーってもんがないんか」と言われたことがあります。

皆さんはポリシーって持っていますか?

どんなに魅力的な夢を持っていても目の前のことに追われたり、一時的な利益に目が行ったり、安易に快楽に流されてしまうと気がつけば自分の望む方向と大きく離れてしまいます。
そして、自分のやりたかったことさえ見失ってしまうことになります。

そのために大切なのがビジョンとポリシーです。

ビジョンは夢、進む方向。

ポリシーとは日々の行動指針のこと。
自分のすべての行動の基準となる考え方です。


僕は一つだけポリシーを決めています。

それは、全部を糧にするということです。

自分に起こることをすべて受け入れ、次に繋げるということ。

実は僕は何かあるたびに毎回めちゃくちゃ落ち込みます。
全然プラス思考になれません。
だけど、全部を糧にするって決めているからどんなことがあっても最終的に前に進めます。
このポリシー、就農当時から持っていたわけではありませんでした。

就農当初、畜産の新規就農者が珍しいということもあり僕は色々と優遇されていました。
そしていつのまにか僕は、応援してくれるのが当たり前だと思うようになっていました。
その時期の僕は応援していただいているにもかかわらず、あらゆることに不満を抱いていました。
うまくいかないのはすべて周りの環境のせい。
いかにも正論のように愚痴や批判ばかりを言っていました。
そのため、どんどん僕の周りの人は去っていきました。。。

何をしてもうまくいかない。
将来は不安だらけ。
その不安を実家の両親に当たり散らす。
全部糧にするどころか、全部が人のせい・・・・
どれだけもがいても抗議しても依存し続ける限り出口はありませんでした。

4年半ほど前のこと、ある出来事をきっかけに自分自身を見直さざるを得ない状態になりました。
完全に心が折れてしまった時期がありました。

悩んで悩んで悩んで、、、、ようやくわかったのは
今の自分の姿は全部自分が招いたことということでした。
それはどうしても認めたくないことでした。
認めた瞬間に薄っぺらなプライドが粉々になり、運転中も恐怖で歯がガチガチ鳴り、全身の震えが止まらなくなるなんてことも何度もありました。
それでも、誰のせいでもないので自分が変わるしかありませんでした。

もちろんすぐには変われません。
同じ失敗を何度もしました。
でもそのたびに、すべて自分次第なんだと自分に言い聞かせてきました。
時間はかかったけれど少しずつ自分も環境も変わってきました。

そしてある日、すべての出来事って糧にできるんだなって気がついたんです。
「それなら全部糧にしよう!」って。

自分自身のポリシーを持つこと。
それは自分がどうありたいのかということを真剣に考えることだと思います。

そしてこの行動の積み重ねが未来の自分なんですよね。
ポリシーを持つ!お勧めです!!!

d0099005_21593333.jpg


ほんとは違うこと書こうと思っていたんですが脱線してしまいました・・・(笑)
まあ、たまにはこんなのもいいよね。
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2010-11-20 22:10 | 日記
ポンキー加入
お元気ですか?
すっかり寒くなってきましたね。
ここ数ヶ月は忙しすぎてパソコンから遠ざかっていました。
だけど、忙しい時こそ仕事を見直すチャンス。
年末に向け忙しさは倍増ですが攻めの姿勢でいきますよ~。
ブログも復活していきます!!
よろしくお願いしますね。

空き時間を見つけてリアルタイムな田中畜産をツイッターで呟いています。
https://twitter.com/#!/tanakakazuma
こちらもちょくちょくのぞいてみてくださいね。

さて、田中畜産にこのたび新しい仲間が加わりました!

今回の新メンバーは。。。。。。。。。。。。。。。。。

待望の第2子!!・・・・は今週が予定日なのでもうちょっと先で。

新メンバーは。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ロバの『ポンキー』♂です!!
d0099005_153362.jpg

かわいいでしょう~。
d0099005_24302.jpg

家の裏で飼っているのでカーテンを開けるとポンキーがこっちを見て鳴きます(笑)
d0099005_24061.jpg

子供が大好きです。
d0099005_231554.jpg

もちろんニンジンも大好きです!



このポンキーちゃん。
ブログの自己紹介欄で
「5年以内にはぜひロバを飼いたいと思っています。」
と書いていたことがきっかけでご縁をいただきました。

ロバって日本では300頭くらいしかいないんです。
なのでこうやって我が家に来てくれたのは本当に縁としか言いようがない。
ポンキーはうちに来る前に家族として大切に飼われていたのでも~のすごく馴れているし賢い。
すっかり我が家の一員になってしまいました。

この大きさでもう大人なんですよ。

田中畜産のポンキーもこれからよろしくお願いしますね。

ロバいいよ~。
みんなもロバ飼おう!!

d0099005_224386.jpg

[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2010-11-16 02:27 | 日記
現実はそんなに単純じゃない!?
昨日は神戸新聞さんの取材がありました。
と言っても今回の取材対象は僕じゃなく「放牧」。
但馬地域の放牧事情を取材しに来られました。

但馬に来る前は淡路島に放牧の取材に行かれていたそうです。
淡路島では遊休農地が増え、それを利用した放牧が増えてきているとのこと。
今後も放牧は増えていくだろうとの事でした。

しかし、この但馬では耕作放棄地が増える一方で放牧頭数や面積はあまり増えていない気がしています。

放牧の話をするとき、必ずというほど良い話ばかりが取り上げられます。
例えば牛飼いにとっては
①餌代が抑えられる。
②糞尿処理にかかる経費が削減される。
③牛舎のスペースの確保ができる。
④労働力の軽減になる。
⑤それによって子牛に手がかけられる。
⑥牛が健康になる。
などなど。
土地の所有者にとっては
①使っていない土地から賃料が入る。
②荒れた農地の保全ができる。
③草刈りにかかる労力の削減になる。
④イノシシなどの獣害を防ぐ。
などなど。

両者にとっていいことづくめです!
そのため何年も前から「これからは放牧だ!」と言う話を耳にしていました。

確かにその通りだと思います。
でも現実はいまいち増えてない。。。
何故なんでしょう?

・年貢が合わない。
・遠い。
・車が入れない。
・近くに水がない。
・整備が大変。
・広くない。
・流産や事故が心配。
・土地を貸してくれない。
・何か問題が起きたら困る。(何もしないほうがまし)
・公害の心配がある。
・逃げたら責任はどうしてくれる?
・村の総意を得ないと・・・
・土地の境界線でもめている。
・所有者がわからない。
などなど。
実際に話すとお互いの思いが入り混じります。

「現実はそんなに単純じゃないんです。」

そんなことを僕は言っていました。
その一方で言いながら何だか違和感を感じていました。

本当に放牧を増やしていこうと考えている農家さんは放牧面積をふやしていました。
本当に放牧したければ、できる方法をとことん探すはず。
常にアンテナをはっているはず。
断られても何度も再提案するはず。

現実は単純。

本当本当に本当ににしたいと思っていないから放牧面積が増えないだけ。
「できたらいいな」ではできない。

僕の師匠が以前言っていました。
「100回提案して通らない案件はない。途中で相手のせいにしてあきらめた人がいるだけ。100回改善して提案してダメなら200回提案すればいいんだ」って。

本当にその通りだ。

いい訳やできない理由はポイだ。

d0099005_23241580.jpg

[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2010-09-29 23:24 | 日記
珍客②~森の○○さん~
今朝、牛飼いの先輩から「道に糞が落ちているけど、牛が逃げとんちゃうか?」と電話がありました。
おととい放牧デビューの牛を山に放したばかり。
慌てて放牧場に上がりました。

行ってみると柵がめちゃくちゃに。。。。

「牛を探さなきゃ・・・」と思って中を見ると、なんと、全頭そろっていました~!!!
きっと柵の外に出たのはいいけれど寂しくなって戻ってきたんですね(笑)
一安心です!

せっかく柵の修理道具を持ってきたので放牧場の外周をぐるりとチェックすることにしました。
放牧場は牧草地だけでなく山も含んでいます。
山にはいろんな動物がいます。

実は今年、熊が多い年なんです。
昨年のどんぐりの豊作で今年の熊の数は増えています。
しかし、今年はどんぐりが不作でおなかをすかせた熊が里に下りてくることもあるようなんです。
何度か地元の新聞にも熊のニュースが載りました。
そんなこともあってドキドキしながら山の中を歩いていると・・・・・ガサガサガサと大きな音が!!!


現れたのは・・・・・・・・・・・・・・・・・・鹿でした・・・・・


なんだ鹿かよ~。
と半分がっかりしていると今度はもう少しちいさな音でカサカサカサ・・・・
「じっと身をひそませていれば音の正体が現れるかも」と思った僕は地面に座りこんで音の正体を探りました。

カサカサカサという音は近付いてきません。
遠ざかってもいません。
よ~く聞いてみると上のほうから音がします。
もしかして熊じゃないの???

そう思った僕はそ~っと近づき、持っていたビデオカメラの望遠で音のするほうを見てみました。

ん?ん?ん?んんんんん?

く、熊だ~!!!!!!!

そうなんです。
熊でした。

慌てた僕はすかさずビデオカメラのスイッチを録画に(笑)

6mほどの高さの栗の木のてっぺんに熊はいました。
木の幹は12cmほどとかなり細いのに・・・噂どおり熊は木上り上手です。

では、葉っぱに隠れて見えにくいですが森のくまさんをご覧ください!!!!




栗の木の横の木には爪でひっかいた跡がありました。
d0099005_23292744.jpg



でもね、よくよく考えてみると熊が珍客なのではないよね。
熊は山に住む者、いて当たり前なんだ。
「一番の珍客は僕だよな」
そんなことをじ~っと熊を見ながら感じていました。

また会いたいな!!!
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2010-09-27 23:48 | 日記
山の中の白い看板
車を走らせていると山の中腹や山頂などに真っ白な四角い看板のようなものを見たことないですか?

いろんな地方の山で、中には断崖絶壁にも設置している巨大な四角い白い看板。

これ、放牧場にもあるんです。。。

d0099005_0281850.jpg

近くで見ると、でかい!!

この板「無給電中継装置」といって災害時などに遠方の中継所から飛ばした電波を反射させ、県の土木事務所等に飛ばす反射板なんです。
障害物などがある場合、それをよけて電波通信をするために設置されているんですね~。

なので反射板がある位置から見える景色は当然障害物は無し。
絶景ポイントです!

放牧場の反射板の位置から見える景色
d0099005_0375437.jpg


向こうの方に町や道路が見えますね。

これを逆からみると。。。

d0099005_0454917.jpg


わかります??

アップしてみましょう。

d0099005_046329.jpg


ありました!!!!

一目で牧場の位置がわかります。

ちなみに牛舎からは車で30分。
毎日通うにはちょっと遠い放牧場です。。。




twitterでたまにつぶやいています。
http://twitter.com/tanakakazuma
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2010-09-17 00:58 | 日記
"Fallen Leaves" Skin
by Animal Skin
| ページトップ |