カテゴリ:日記( 93 )
Top▲ |
2010年ですね。
気がつけばあっという間に2010年。
新年が明けちゃいました。

今年も皆様にとっていい年ですよ!

よろしくお願いします!

2007年は『変化』の年でした。
2008年は『挑戦』の年でした。
2009年は『原点回帰』の年でした。

2010年は『誠実』と『自然体』を大切に生きていきたいと思っています。



年末に20年ぶりくらいに坊主にしました。

d0099005_2334073.jpg

すっきりしました!



見た目はすっきりでも中身は悶々としています(笑)

ただ、そんな中でも見えてきたものがあります。

考えられなくなって頭が空っぽになった時にわかったこと。

『食事の大切さ』

『食材』じゃなくて、もっと深く広く、『食事』。(当たり前なんですが)

これも今年のテーマです。

さあ、じっくりいきましょう!


にほんブログ村 企業ブログ 農業・林業・水産業へ
にほんブログ村
  ブログランキングに参加中です。
1日1回、ちょこんと押していただけるとうれしいです!

[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2010-01-09 23:53 | 日記
農活―はじめる!my農業スタイル
『農活―はじめる!my農業スタイル』とういう本に取り上げていただきました。

d0099005_19535337.jpg


今までよく新聞やテレビや雑誌に取り上げていただくことがあったのですが、自分の思いとずれがあることが意外にありました。

取材先の方の「こういった内容にしたい」という思いがあり、そこにただ僕がはめこまれるといった事例も多く、なんだか釈然としない思いもありました。

今回の本は本当に僕の思いをそのままに書いていただいています。

他の農家さんの話も生々しく、派手さはないながらもリアリティがあります。

この本は農業の現場の近くで働く3人の女性の共著なのですが、女性の視点で書かれておりすごく読みやすいです。

就農をちょっとでも考えている方にぜひ読んでいただきたい本だと思います。
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2009-11-19 19:55 | 日記
尊敬する牛飼いさん
しばらくご無沙汰していました。
書くことがたまっています。
どんどん出していきます!

ここのところ肉体的にも精神的にも追い詰められていてブログどころではありませんでした。
今日もスカッと牛飼いができず、だらだらと仕事をしていました。
このままじゃいかん・・・
そうは思えど動けず・・・

そんな時にある方が訪ねてこられました。
僕が大尊敬する方。

僕の牛飼いの親方の奥さん。

「田中君、牛見せったって~」

研修生の女の子を連れて来られたんです。

牛舎は・・・・ぐちゃぐちゃ・・・・

(なんでこんなタイミングの悪い時に・・いつもはもっと綺麗なのに・・・・)

情けなくって恥ずかしくてほとんど話ができませんでした。


でも、これが今の僕の姿。

「たまたま汚い」なんてみっともない言い訳ですね。

それが今のレベル。

受け入れます。


最高のタイミングで来ていただけたことに感謝です。


僕は今まで牛飼いを始めてみんなのレベルに追いつけ追い越せととにかく色々な情報を集めました。

そして、とにかく試してみました。

大失敗も当たり前。

でもそうやって少しずつ自分の技術にしてきました。

まだまだ未熟者であることは重々承知ですが、ちょこっと技術論には自信がありました。


だけど親方の奥さんに会うたびに自分の至らなさを痛感します。

飼料中のDIPやNFCがどうこうなんて奥さんはきっと知らない。

代用乳の栄養成分だけでなく脱脂粉乳とホエーのバランスや製造方法の違いによる消化の違いなんてきっと知らない。

そんな小手先の技術や知識を跳ね飛ばすくらい「牛」を知っている。

「牛」という生き物ではなく、その牛その牛の1頭1頭の個性を熟知している。

まさに牛のお母さん。

牛飼いの技術って突き詰めれば結局「牛を見る」って事なんだなといつも教えてくれます。

久々に頭がシャキッとしました!

明日は削蹄です。

エンジン全開でいきます!!
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2009-11-14 21:34 | 日記
ただいまレポート【一足早いお産】
牛舎に行くとお産が始まっていました。

分娩予定日より25日も早く、しかも初産。

これだけ早いと死産であったり生まれても死んでしまう確率が非常に高いんです。

普段はこの時間に牛舎に行くことなどないのですが、虫の知らせだったのでしょうか?

あわてて産室に入れ、わらを敷きました。



そして、たった今生まれました!

雌子牛です。

親牛も初めてのお産にもかかわらずベテランのような落ち着きっぷりです。

しかも中々大きい。

まだ油断はできませんが、ひとまず安心です。

これからが大事です。

しっかり管理しますね!


生きてて良かった。

生まれてきてくれてありがとう!!
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2009-11-01 02:09 | 日記
山に人が入らなくなっているから
近年、山に人が入らなくなっています。

昔は木は貴重な資源で、薪などの用途で広葉樹林も間伐されていました。

間伐というと「杉や檜の人工林」と思いがちですが、広葉樹林も間伐が必要なんです。

そもそも広葉樹林も立派な人工林。

人の生活と共に作られてきた森なんですね。

だから手を加えないとどんどん光が入らない藪になっていき、木がやせ、つる草が増えてきて人が入れない環境になる。

山は日本が誇る資産です。

国土の70%も占めています。

山の魅力や価値を高めることが日本の価値を高めることにつながると勝手に思っています。

だから山に牛を放すんです。

もっともっと人が山に入れる環境をつくっていきたい。


と、言いつつ山に人が入らないことで美味しい思いもあるんですよね~

今日はきのこ採りでした。

今はなめこのシーズン。

天然なめこ・・・・・・・大漁!!!!!

d0099005_213452.jpg

d0099005_214175.jpg

d0099005_2174985.jpg

d0099005_2181394.jpg


みんなもっと山に入ろうよ。

山は最高ですよ!
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2009-11-01 00:29 | 日記
斡旋会
d0099005_22153616.jpg


先日の子牛の品評会の後、斡旋会がありました。

品評会で気に入った牛がいた場合「斡旋会」といった会合で家畜の取引が行われます。
いい血統の牛などを地元に残すため、牛市の前にこういった取引をする場合があるんです。
斡旋会は臨時の家畜市場といった感じでしょうか。

近年はほとんど斡旋会が行われることはありませんでした。
でもなんと、今年はうちの「たかね2」(父:菊安土井 母:谷村土井 191日齢♀)が斡旋会の申し込みを受けることになりました。

本当は我が家で母牛として保留する予定だったのですが、資金的に苦しく、斡旋会の申し込みがあった場合は販売しようと思い品評会に出ました。

品評会では3等賞(参加賞)と振るわなかった「たかね2」
父親が菊安土井と古くて人気のない種にも関わらず70万円を超える価格で買っていただきました!
ありがとうございます!

あわてて僕は「たかね2を販売するから最後に牛に会い来いよ!」と妻に電話。

妻も最後に一目見ようと子供を連れて慌てて品評会にやってきました。

でも良く考えれば、買っていただいたのは近所のU畜産様
(削蹄の大先輩です)

またいつでもすぐに会いに行けたのでした。。。


今回だけではなく、毎回毎回市場でもお客様から高値で購入頂き本当に助けられています。

ただ、初期投資時の借金の返済と、餌代の未払い金、僕自身の技術や経営力の未熟さから、経営はかなり厳しい状況です。

そんな話を今日近所の若い牛飼いの子にしました。

僕の安易な予想では
僕:「もっと気合入れなあかんぞ」
  「たとえば僕のところ。牛市で76万、昨日の品評会で70万、こういう高い数字ばかり目に見えるから儲かっているように見えるけど、実際はそうじゃない」
  「どうや、A君にはうちが儲かっているようにみえるか?」
A君:「いや~、どうなんですか?」
僕:「実はな、今手元にある現金は●万円や。実際は削蹄で飯食っているんや。放牧牛肉もまだ利益なんて出とらへん。」
A君:「そうなんですか!儲かってないんですか!?」
僕:「そうやで、気楽に考えとったら痛い目見るで。もっともっと考えな。まずは子牛を増やすこと、これが繁殖の基本やで、産まれない子牛がいたらいくら高く販売してもお金は残らない・・・・」
などと続く予定が。

僕:「もっと気合入れなあかんぞ」
  「たとえば僕のところ。牛市で76万、昨日の品評会で70万、こういう高い数字ばかり目に見えるから儲かっているように見えるけど、実際はそうじゃない」
  「どうや、A君にはうちが儲かっているようにみえるか?」
A君:「いや、見えないです」
僕「・・・・・・・・・・・・・そ、そうやろ。実はな手元にある現金は、、、、」

いや~、かっこわるい先輩でした(笑)



昔の僕なら周りに「今に見とけよ!」と思っていましたが
今の僕は皆さんに「ずっと見続けてくださいね」って感じです。


やりますよ。
ありがとうございます。
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2009-10-23 22:15 | 日記
今日の開拓地
ススキ林を抜けて獣道にそって歩いていると

d0099005_22205877.jpg


急に開けた場所へ

d0099005_22142951.jpg


結構広いと歩いていこうとしたら

d0099005_2215181.jpg


途中からは罠でした!

d0099005_22161626.jpg


段差があって下の段にはススキが生えていたのですが、そのススキの上をじゅうたんのように蔓がびっしりとはっていました。

上の段も同じ蔓がびっしりで、しかも一見段差がないため油断すると危険です。

この段差は実は初級編。

これは危険だと判断し、放牧場の面積を最初は大幅に小さくしました。

さすがの牛もここは危険がいっぱいです。
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2009-10-21 22:26 | 日記
牛市(10月市)
昨日は牛市でした。
d0099005_20423379.jpg

雌 158頭 
最高961,800円 
最低200,550円 
平均494,165円
(前年同期比39,085円安)

雄 4頭
最高712,950円 
最低633,150円 
平均658,875円
(前年同期比197,925円安)

去勢 230頭
最高796,950円 
最低282,450円 
平均531,396円
(前年同期比56,031円安)

我が家からは3頭出品しました。
去勢1頭、雌2頭。
『徹矢』福芳土井×菊俊土井×照長土井
『えつこ』福芳土井×菊俊土井×菊照土井
『ときふく』福芳土井×幸福土井×菊照土井

なんと、去勢(徹矢)は76万円を超える価格でご購入いただきました!
びっくりしました。
3頭とも高値でのご購買ありがとうございます。

購入いただけずとも、途中まで競りボタンを押して応援してくれる肥育農家の方が本当に沢山いていつも助けられています。
感謝です。
ありがとうございます!

『徹矢』は心友の千ちゃんこと千田利幸さんが泊まりで応援に来てくれたその日に産まれた牛で、千ちゃんに名前をつけてもらいました。
ドリプラのDVDにも出演の牛。
実は親牛を繋いだまま分娩させてしまい、あわててお風呂に入れたんですね。
でもその後はほんとにスクスク勝手に育ってくれました。
うちの牛には珍しく、胸囲と背幅のある子牛でした。

『えつこ』は友人のお誕生日プレゼントとして名前をつけさせていただいた牛です。
この牛は上品な(姿の)牛で、保留して母牛にしようかと最後まで悩んだ牛でした。
削蹄にも行っている地元の農家さんに買っていただいたので、またちょくちょく見に行ってみようと思っています。

『ときふく』は最初は伸びのある牛でしたが後半に伸びが悪くなってきました。
雌の育成は本当に難しいなあといつも思います。
全体的に伸びのある子牛にならないんですよね。
後期でなく育成中期の管理だと思うんですが、どうも雌はばらつきが出る気がします。

みんな良い牛、そして良いお肉になってもらいたいです。

本当にありがとうございました!!
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2009-10-15 20:45 | 日記
ただいまレポート【ただいま】
ただいま大阪から帰ってきました。

大学生、熱い!!!

後日報告させていただきますね。

2時間後には削蹄に出ます!!

今日は加西市。

さあ、気合い十分。

寝るぞ!!

そして、蹄をバンバン切るぞー!!!

おやすみなさい~。
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2009-09-22 03:01 | 日記
第一回『働く理由』講演会
9月21日(月)に大阪で講演させていただくことになりました。
テーマは『働く理由』
最幸ですね!

僕は小さい頃から動物が大好きでした。
いつもお盆や正月に田舎に帰ると、おばあちゃんちの近所の牛舎に牛を見に行っていました。
僕にとっての牛飼いの原点はここにあります。

だけど、この「思い」だけではきっと僕は牛飼いをしていなかったと思います。
幼少から牛飼いまで、特に中学・高校・大学・実習の期間に体験してきた出来事がすべてがつながり、牛飼いまでの道のりをつくってくれました。

今まで僕は牛が好きというエピソードしか語ってきませんでした。
今回、もうひとつの軸となるエピソードから「働く理由とは?」「そしてどうしてそれを見つけられたのか?」といった僕の思いを話させていただきます。

この講演会には僕以外にすばらしい講師の方が何人もこられます。

その方の話を聞くだけでも十分価値があると思います!

僕も他の講師の方の話を楽しみにしています。

9月21日、大阪にぜひお越しくださいね!

皆様にお会いできることを楽しみにしています。




(以下、主催者の松江隆明さんからです)



ある日の話です。

最愛の息子に 
ある質問をされました。

【なぜはたらくの?】
【なぜはたらかないといけないの?】

【それは・・・え・・・・つまり・・】

私は、はたらく理由を答えられませんでした・・・

はたらく理由に気づく講演会があるらしい・・
クレオ西に行ってみよう!!!!!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「今まで語られなかった
     大きな困難とは?」
            ~夢人からのメッセージ

◆第一回はたらく理由in大阪講演会

日程 :09月21日(祝)
時間 :13時~17時
場所 :大阪クレオ西(JR西九条駅下車5分)
価格 :社会人4000円(前売り3000円)
    大学生2000円(前売り1000円)
振込先:三菱東京UFJ銀行
    大阪駅前支店 普通預金> 4534897 背番号11


是非、ご興味ある方は
以下のメールまで返信くださいませ

kazu_ono11@hotmail.com


【大学生のメリット】

働く理由ってなんだろう?これから就職活動をする
大学生、新社会人になる学生は必見!
輝く大人達があなたに働く理由のヒントを与えます。

シャープ・三井住友銀行・リンク&モチベーション・ローと製薬など
行きたい会社から内定を獲得し大学生の自己PR・アドバイスが聞けます!

【社会人の方のメリット】

働くことに悩んでいる人へ…それこそがチャンス!
悩んだからこそ成長し、輝いた人がそこにいるから!

働くのが楽しいと感じている人へ…はたらく理由
がわかれば、より夢に近づき自己成長できる!

【経営者の方のメリット】

あなたにとって、はたらく理由とは?
社員にとって、はたらく理由とは?
はたらく理由が明確になれば、会社は一つに
なり、社員は輝きます。


【講演者プロフィール&講演内容】

◆吉井雅之氏
1000名の観客が集まるドリプラ2008で【共感大賞】を獲得された経営者。
ナニワのメンターとして「能力に差はない。習慣に差が生まれる」
という習慣形成のトレーナーとして活躍。
今回は、今の仕事をされるまでの過去の体験を赤裸々に語って頂き、
人を突き動かす感動と共感のプレゼンテーションをして頂けます。


◆謎の経営者X氏
女性を輝かせることをミッションとする女性経営者。
ドリプラ2009予選突破者。
楽しく、想いのこもった講演をして下さいます。
彼女の存在は、全国の方々に勇気と笑顔を与えています。乞うご期待!!

◆田中一馬氏
1000名の観客が集まるドリプラ2008で最も感動と共感を得た、
ドリプラ2008特別賞受賞者田中一馬氏。
現在、何よりに好きな牛と一緒に過ごし、牛を飼うことを仕事にしている。
その裏に、知られざる苦悩ともがき苦しんだ過去が・・・講演ご期待ください。
     
◆濱西望氏(内定獲得会卒業生)
1984年京都生まれ大阪育ち神戸大学卒。
学生時代「関西一顔の広い学生」「雑学王」と呼ばれ調子に乗る。
夢は示せる総理大臣になること。現在国内証券会社にて営業・経済・人脈を強化中。
今回の講演では、大学で学んで通じたこと、通じなかったことについて講演。

◆谷口健太氏(内定獲得会卒業生)
ユニ・チャームグローバル開発本部 開発担当
谷口健太のミッションは全女性の「不快を快に」変えるために尽くし続けることである。
今はまだ初心者であるが、超顧客思考を胸に活動的新入社員として邁進中。
今回の講演では、「なぜ?働かないといけないのか?」悩んだ体験を公演して頂きます

◆松江隆明氏
「チームが一つになれば、業績は上がるしかない」という信念のもと、
経営コンサルタントを行っている。
そして彼の使命は「大学生と共に世界を変える」こと。
その想いとマーケティング理論から、
昨年、今年と神戸大学のビジネスコンテストの起業家代表の審査員を務める。
今回の講演では、「なぜ私が使命と出会えたか?」について講演する。
【マーケティングとの出会い】、【父の死】、【ホームレス】・【引きこもり】・
【留学体験】・【母の言葉】。私の体験を精一杯皆様にお伝えします。

◆内定獲得会メンバー
彼ら、彼女らが超氷河期と言われる就職活動で
「なぜ?内定を獲得できたのか?」そこには困難を乗り越える自己PRと工夫があった。


是非、ご興味ある方は
以下のメールまで返信くださいませ

kazu_ono11@hotmail.com  (松江隆明さん宛)
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2009-09-06 22:00 | 日記
"Fallen Leaves" Skin
by Animal Skin
| ページトップ |