<   2007年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
魅力あるものとは?
以前も書きましたが、京都府舞鶴市に「若い衆でやろ会」というグループがあります。
20代~30代の約15名からなる若手農家で結成されており、その中の半数近くが新規就農者です。
一月ほど前に「若い衆でやろ会」が企画した農業体験ツアーに参加してきました。

「行ってよかったー!僕も頑張らないと!」という気持ちになりました!!

彼らには自分だけが得をしようといった考えは無く、身を削っても地元を活性化させたいというアツイ思いがありました。
荒唐無稽な夢を語っても頭ごなしに否定や嘲笑などありません。
話していて、とても新鮮でした。
何でも無責任に肯定するのは問題がありますが、夢を堂々と語りあえる環境は魅力的です。
夢があるから頑張れるのです。
この地域に憧れて新規で来る方の気持ちがよくわかりました。
熱く、魅力的な方々でした。

夜の部の自己紹介の時、僕は思わず集まった就農希望者の前で
「今就農するのであれば舞鶴に行くべきだ」と言ってしまいました。
なぜなら彼らには本気で仲間を増やし舞鶴を盛り上げていきたいと言う思いの強さがあったからです。
言っていて悔しかったというのが正直な気持ちでした。
しかし、心配は無用!
「今は残念ながら舞鶴のような状態にないが、近いうちに必ず牛を飼うなら美方郡!といえるようになりますから!!」と言ってきましたので。
あとはもっともっと魅力ある美方郡にすればいいんですよ(笑)

「どうしても僕は美方郡で牛飼いしたいんだ!」と言ってもらえるような地域にしていかないといけないと強く思いました。
魅力がないと人は来ません。

今の但馬牛の魅力って何でしょうか?
コザシ?味?希少価値?
もっといっぱいあると思いませんか?
牛自体が持つ魅力もたくさんありますよね。
国土の保全に寄与したり、人の心を癒したり、観光資源になったり、命の大切さを伝えたり。。。
いくらでも魅力ってありますよね。
しかしそれを生かせているのでしょうか?
それ以前に「そんなもんじゃ飯は食えない」で思考停止してしまってないでしょうか。

子牛というのは高い安いはありますが市場にかければまず売れます。
つまり「但馬牛でどうやって多くの方に感動を味わってもらえるか」と考えなくっても牛の値段に影響はありません。
これからは違います。
但馬牛→牛肉としての評価のみでは生き残れないと思うのです。

ただ何も考えず今のまま待っていては誰も入ってこないでしょう。
「いつかは但馬牛の味が評価されるはずだ」なんて待っていてもそんな時代は来ないと思います。
来たって一時期のものでしょう。
「いつかは」という考えではいつまでたっても来ないと思います。

但馬牛に胡坐をかかず、もう一度但馬牛の可能性を見直し、社会に新たな価値を提供していかねばいけないのではないでしょうか。
それは味といった面だけでなく、環境、福祉、文化、教育、健康、地域、未来などといった広い視点で但馬牛がどういうふうに活躍できるのかといったことになってくるのかと思います。
つまり、但馬牛がいかにして一般の方、地元の方に「夢」を提供できるかだと思うのです。

そのキーワードの一つとして林間放牧があると僕は思っています。

僕は但馬牛が好きです。
僕自身、よそからの新規参入ではありますが父は但馬出身です。
僕のルーツは但馬にあるのです。
但馬牛があったから今ここに僕がいるのです。
但馬牛は僕にとって欠くことが出来ないものです。
だからもっと盛り上げたいのです。

霜降りブームのみに没頭するのでなく、但馬牛を生産する我々がもう一度但馬牛で何が出来るのか考える時期に来ているのだと思います。
「今は気高系が主流だからそのうちきっと但馬に戻ってくる」といった考え方は間違いなのです。

「肉の生産」だけではせっかくの歴史ある但馬牛がもったいない!!
但馬牛は可能性の塊なのに!!


「但馬牛は日本一だ!」はもう古い!

「但馬牛から日本を変える!!!」これでいきましょう!d0099005_104093.jpg
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2007-04-26 01:44 | 新規就農
哺乳④
前回哺乳ホルダーについて書いたので、ちょっと今回はその補足を。。。

①失敗哺乳ホルダー
ホルダーの乳首をいれる穴をギリギリの大きさにすると、哺乳瓶を入れるときに手間取りそうだなと思いました。
ということで、ポンと入れるだけでいいようにと最初のホルダーは穴を大きくしたのです。
d0099005_2293288.jpg

確かに入れやすいです。
しかし飲んでいる時にずれてきます。。。
そしてついにはホルダーから落ちてしまいます。
d0099005_22114735.jpg

手前が穴の大きいホルダー、奥が穴を小さくしたホルダー。
d0099005_22121325.jpg

穴の大きさは小さいほうがいいですね。

②バーデンスタート
人工哺乳ではバーデンスタートが有効に使えます。
d0099005_22145747.jpg

バーデンスタートは人工乳(固形の子牛の離乳食)をボトルから食べさせる容器のことです。
一見哺乳瓶のようですが乳首が違います。
ちなみに代用乳は粉ミルクのこと。
人口乳は固形の離乳食のことを言います。(牛飼いさんばかりで無いので補足です)
d0099005_22173691.jpg

バーデンは牛が咥えると乳首が大きく開いて人工乳がでてくる仕組みになっています。
d0099005_22191353.jpg

この乳首は既存の哺乳瓶に取り付けられます。
d0099005_22201927.jpg

これだったらこの哺乳ボルダーにすっぽり入って使いやすいですよ。
子牛も哺乳瓶と同じところにあるためかバーデンから人工乳をかなり食べます。
人口乳は初期の食い込みが大事ですから少しでも食べさせる方法が大事なのは言うまでもありませんよね。

③漏斗
哺乳瓶にぴったりの漏斗がどこのホームセンターにもなく、塩ビパイプを加工したりして漏斗を作っていましたが、なんとまたまたダイソーにありました。
d0099005_22242779.jpg

ほんとにぴったり!
大したものはないと思っていたのですが、初めて100均を見直しました。
興味のあるかたにはお勧めですよ。
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2007-04-16 22:51 |
哺乳③
以前載せた哺乳瓶のホルダーについて詳しく説明を、との要望があったので。
田中畜産哺乳瓶ホルダーの作り方です(笑)

一般に販売されている哺乳瓶ホルダーはこのようなものです。
d0099005_20125626.jpg


どこにでも引っかけられると言う利点はあるものの哺乳瓶をホルダーにセットしてから引っかけるため意外に手間ががかるのです。
また価格が高いため数を買うとかなりいい値になります。
そこで安価で使い勝手の良いホルダーをつくろうと思いました。
安価と言えば100均(ダイソー)です。
色々試したのですがダイソーのプランターが一番ぴったりでした。
d0099005_20134115.jpg

d0099005_2014343.jpg

このプランターをまず半分に切ります。
そして乳首の出る穴をあけます。
d0099005_201527100.jpg

d0099005_20154641.jpg

d0099005_2016860.jpg

簡単ですね。
ドリル等では割れやすいため、僕は小さな穴をあけ削蹄鎌で牛のツメを切るような感じで切りとっています。

続いて取り付けです。
用意するのは角材(何でも良い)、垂木止めクランプ(自在)、ビス(または釘)
角材に先ほどのプランターをビスでビシッととめます。
d0099005_20211823.jpg

次に角材と垂木どめクランプを取り付け単管パイプにつけます。
d0099005_20252071.jpg

d0099005_20255215.jpg
d0099005_20261544.jpg

終了です。
簡単、安い、使い易い哺乳ホルダーの完成です(笑)
これなら上から次々哺乳瓶をほりこむだけですので作業効率がものすごく上がります。
興味のある方は是非。
思った以上にいいですよ。
ちなみに哺乳瓶は3リットルのものです。
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2007-04-14 20:58 |
準備不足
今日は三重県に削蹄に行ってきました。
いつも書き込んでくださる山嘉さんと、種雄牛を飼っているAGジャパンさんです。
朝の2時半出発で帰ってきたのが22時。
こういうみっちりな仕事って、疲れよりテンションの方が勝っちゃうのでかなり楽しいのです。
種雄牛の削蹄なんてそうそう無いからワクワクしますしね。
雄のツメの盤は肥育や繁殖と全然違って迫力満点です!
山嘉さんの牛舎も見れて楽しかったです。

しかし、楽しいことばかりではありませんでした。
今朝は着替え等の準備をしておらず、家を出る時間が予定より遅れてしまったのです。
あわてて車を飛ばして集合場所に向かっていたところ、家から15分の所にあるオービスにピカリと。。。。
速度オーバー、免停です。
実になさけない一日のスタートでした。

余裕を持って行動していればこんなことは無かったはずです。
今回の事はたまたま起こったことでははなく、日頃からバタバタしているため起こるべくして起こったことだと反省しています。
原因は準備不足でした。

7年間で13回の陸上日本一を達成し「カリスマ体育教師」と呼ばれている原田隆史氏はプロとは「一度でもすごい結果を出した人」でなく「安定的に高い結果を出し続ける人」であると言っています。
さらに、「安定的に高い結果を出し続ける人」とは平常心を自分で作り出せる人で、問題点を予測し、対策を立て、実行している人であるとも言っています。

原田氏が赴任していた中学校の陸上部の生徒は試合の時には換えの靴下や風邪薬はもちろんのこと、寒くなった時に備えて真夏でも使い捨てカイロを用意していました。
未来に向けて準備できることをしっかりと準備することで、結果として生徒の心から焦りや不安やイライラが消え、自信が生まれたのだそうです。
原田氏はこれを平常心と呼び、この平常心があるからこそ安定して高い結果が出せると言っています。
つまり準備力のある人間がプロになるための前提だということです。

全く身にしみます。

今の僕はまだまだプロとは呼べませんね。
準備力なんて当たり前のことのようですが意外に身についていないものでした。
今回の経験を糧にして同じことの無いようしっかりした準備力を身につけなければいけないと思います。
それにしても事故を起こす前にこういう形で気づくことが出来てよかったです。
。。。。。。。書いてて情け無いなあ。
d0099005_0353523.jpg
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2007-04-03 23:56 | 日記
"Fallen Leaves" Skin
by Animal Skin
| ページトップ |