<   2008年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
説得と共感
僕はブログだと何でも前向きで順風満帆に見えるようですが、思い通りにいかないことってたくさんあります。
先日もある村に放牧場を借りようとお願いに行ってきました。
しかし、地権者の方から「以前に村が牛を飼うことに反対していた経緯があり、貸すことができない」と言われてしまいました。
そこで「村の了解をとったら話を聞いていただけますか?」と聞くと、「それならばいいよ」といったお返事をいただきました。
早速区長さんに相談に行き、お忙しい中90分も自分の思いを聞いていただきました。
そしてその後、村の総会にかけていただき、なんと『放牧OK』の了解を得たのです!
しかし、改めて地権者の方にお願いにあがると「やっぱりだめだ」とのお返事でした。。。

昔はほとんどの家が牛を飼っていたのですが、現在は牛のいない村のほうが圧倒的に多くなっています。
今や田舎において牛は当たり前の存在ではなく臭くて汚くて厄介な存在になりつつあります。
直接苦情が来るわけではありませんが、これは非常に危険な状態だと思います。
僕の知り合いでも但馬に30年以上住んでいて牛を見たことがないといった方もおられます。
こんな状態では農業後継者を育てるといっても育つはずがありません。
私たち畜産農家が夢を持って仕事をすることは前提ですが、それ以前に地元との距離のある牛飼いではいけない。
地元が牛の応援団になってもらうくらい関わりを強めていかないといけないと思うのです。
今回はそのきっかけとしての放牧場でした。
だから反対される理由は予期していたといえ一瞬ショックでした。
しかし、今思い返せばその原因はすべて自分の中にありました。
共感していただくつもりで話していた内容がいつの間にか説得になってしまっていたのです。
共感していただいた場合
「ぜひ、うちの村で牛を飼ってもらえないか。一緒に地元を盛り上げていこう!反対意見があれば僕が説得するよ」となります。
しかし、説得では
「とりあえず反対はいなかったし、ある程度条件をのんでくれれば大丈夫だと思うよ」となってしまうのです。
恥ずかしながら僕は反対意見がなかったことにすっかり安心しきっていました。
そして案の定放牧場の件は白紙になったのです。
何かを成し遂げるには説得ではなく共感だと改めて気づけました。
思っている以上に牛に対するマイナスイメージはどの地域でも強く、牛と地域住民とのかかわりが今後本当に大切になるなと思いました。
現在、牛と人をつなげるため牛に会いたくなる牛ブック、放牧ツアー、小学校での牛飼い体験を計画しています。
どんな問題も自分の出番にできると思います。
牛飼いが厄介者扱いされるほど、また、農業に逆風が吹けば吹くほど「僕の出番だ。これを待ってた」と思う自分がいます。
もう、やると決めているので誰に何を言われようが関係ありません。
すべてアドバイスです。
d0099005_12365693.jpg
一人でも多くの方に共感いただき但馬に住んでいる人が「但馬に牛がいてよかった」と思ってもらえるように、そして今よりもっと「但馬に生まれてよかった」と思ってもらえるようなそんな牛飼いをしていきたいです。
乗り越えられない困難は起きないんだなと最近特に感じています。
明日も削蹄です。
全力投球でがんばります!!
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2008-04-28 23:15
子牛の能力
たまには牛のお話を。
今日も油断をしていると子牛が逃げてしまいました。
一歩でも外に出るとものすごいスピードでここぞとばかりに走ります。
そんな時はたいてい「ヴぇッ」と一声鳴いて走り出します。
子牛といえどもそのスピードは侮れません。
というか、子牛こそ侮れないのです。
やはり、もともとは肉食獣から襲われる立場の生き物です。
トップスピードまでが速い。
3歩くらいでもう追いつけないスピードなのです。
2歩までに捕まえようとぐっと力を入れ走ったところうんこをふんずけて転倒しました。
よくあることです。
うんこが背中やお尻についたと思いきや、間髪入れずに鳩にウンチをかけられました。
かなり調子いいです。

子牛の全力で走る姿を見て修行中の出来事を思い出しました。
修行中、子牛が柵を越えてジャンプしたんです!
「ジャンプなんて普通じゃないかー」とおもいますか?
普通じゃないジャンプだったんです!
ふつうは柵を飛び越えるのですが(ほんとの普通は飛び超えもしないんですが・・・)、彼は柵に後ろ足をかけ、そこからさらにジャンプしたんです!
柵は工事用の単管パイプですから子牛の足よりも少し細い。
ちょっとでもずれれば滑っていたでしょうし、何より柵の上でもう一度溜めて飛ぶなんて信じられませんでした。
あの事を思い出すと今でも興奮します。
d0099005_214298.jpg
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2008-04-17 21:09 |
しまね起業家スクール2008
今年もしまね起業家スクールが始まります。
僕の人生の師匠である福島正伸さんが主任講師を務めています。
夢を持ち、それを実現させるためのスクールです。
僕も昨年は受講生として参加させていただきました。
そして最後はプレゼンテーション発表者に選んでいただき、多くの方々の前で夢を語り、たくさんの仲間と出会うことができました。
去年は毎回片道3時間半、削蹄がある時は現場から5時間くらいかけて通いました。
そのくらい価値のある起業家スクールでした。
このスクールの1番の特徴は何といっても相互支援だと思います。
お互いに応援・支援し合ってみんなでお互いの夢をかなえていくんです。
そんなのは理想論だ、、、、ではないんですね。
僕は最終日にプレゼンさせていただきました。
実は発表者は6人しかいないんです。
あとの60名近い方は発表できません。
講座は全12回。
10回目くらいにプレゼンテーターの発表があり、残りの講座はプレゼンテーターの支援なんですね。
お金を払って貴重な時間を使って起業家スクールに入ったのに「講座もなく人の支援かよ!」とふつうは思いますよね。
僕は発表者に選ばれたので不満はなかったのですが、いつも申し訳ないなーという気持ちでいっぱいでした。
だって「しまね起業家スクール」なのに兵庫県の僕が発表しちゃうんですから。
だけど本当に多くの仲間が心から僕を応援してくれました。
そして当日は思いっきり自分のビジネスプランを話すことができました。
終わった後は感動・感謝でした。
でも、、、、実は発表が終わるまで僕は自分のことで精いっぱいでした。
いかに自分が成功するか。
そればかりでした。
そんな僕でしたが、発表が終わった瞬間、本当に多くの仲間に支えられてたんだと気づくことができました。
発表しない人もみんないっしょに前日の夜は徹夜でプレゼンの手直しをしました。
僕が過労で入院した時もわざわざ島根から「プレゼンに牛と子供の写真を使ってください」と子供を連れてきてくださる方もいました。
人は人に応援されると応援したくなる。
お互いが支援しあって夢を実現させていく。
そんな相互支援のすごさを体感できたスクールでした。
興味のある方はぜひ受講してみてください。
全12回で20,000円はあり得ないくらい格安ですよ。

d0099005_20221354.jpg
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2008-04-14 20:40
船井メディア
船井メディアに取り上げていただきました。
言わずと知れた船井幸雄氏でおなじみの船井メディアです。
その中のJUST4月号に出ています。
興味のある方はぜひ聞いてみてください。
JUSTはリスニングマガジンということでCD形式になっており、なんと1時間もしゃべっています。
「僕なんか出ていいのか・・・」とかなりのプレッシャーで当日はしどろもどろになりながら何とか取材を受けてきました。
「インタビューは70分くらいで、そのうち60分を使います。」
(え、えええーほとんど収録じゃないか・・・)
(い、いっちゃえー)
という感じで思いついたまま言いたい放題しゃべっています。
もし興味のある方はご購読ください。

今回のこのチャンス、実はいつもブログにも書き込みしてくださる綿田牧場さんからのご紹介でした。
船井メディアに取り上げてもらえること事体とてもありがたく感動なのですが、それ以上に今回の件で綿田さんが僕を応援してくれる姿に本当に感動してしまいました。
ある日綿田さんから電話がかかってきて「船井幸雄さんのJUSTというリスニングマガジンがあるのですが、、、先日船井メディアに田中さんの紹介をしたところ先方も興味を持ってくれ取材したいとのことだったようで、よろしいでしょうか?」と言われました。
(え、いつの間に・・)びっくりしました。
話の流れで僕の話が出たわけでなく、紹介のためにわざわざ連絡をしていただいたようでした。
船井メディアで取り上げていただけるということより綿田さんのお心遣いに感動してしまいました。

現在、月に1回私の家で飲み会ならぬ「夢会」というのをしています。
農家同士での飲み会はあるのですが愚痴や不満の出しあいになることが結構多く、もっと熱く楽しく夢を語れる仲間を作りたい。夢を応援し合える仲間をつくりたい。との思いではじめました。
本気で夢を語る。当然鼻で笑う人なんていません。
とことん応援です。
そうやって農家の仲間や僕のメンターの一人である行政マンIさんたちと夢を語り、支援し合って、刺激し合っています。

先日綿田さんの牛舎がたちました。
牛舎の設計に夢会や個人的にかかわらせていただいて、牛舎が建っていく姿は自分のことのようにわくわくして見ていました。
そして今回はこのようなチャンスを綿田さんからいただきました。
もちろん綿田さんだけではなく夢会で語る仲間では現在相互支援を目指してやっています。
こんな仲間の輪をどんどん広げていけたらきっとこの地域、農業は変わっちゃうんじゃないかって本気で思っています。

今の僕があるのはきれいごとなんかじゃなく本当にたくさんの方々の応援があってだなと思います。
一つ一つのチャンスを大切にして、結果をしっかり出し、夢を与えられる存在になれるよう明日もがんばります!!

d0099005_1937166.jpg































d0099005_1937414.jpg
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2008-04-12 20:15
春休み子供セミナー
先日兵庫県の動物愛護センターの春休み子供セミナーに講師として行ってきました。
「対象は小学生4~5年生。持ち時間は1時間半。テーマは任せます」
4~5年生相手に90分・・・
テーマはお任せ・・・・
これは・・・・・・・チャーンス!
子供たちに楽しんでいる大人を見せるチャンス!
牛飼いの楽しさを伝えるチャンス!
子供の夢のナンバーワンを牛飼いにするチャーンス!!!
ということで気合い十分、めっちゃワクワクで愛護センターに行ってきました。
牛の体の仕組みや作業内容とかを伝えてもきっとあとに残らないだろうなと思い、僕が感動したエピソード、楽しいと思った瞬間、いただきますについて僕が思うことと思いっきり主観を交えて話してきました。
最初に牛の顔あてクイズ。
牛って1頭1頭顔が違うんだよと言うことをクイズ形式でやりました。
これには子供たちも興味しんしんでみんな積極的に手を揚げ発表してくれました。
よっしゃいい感じや。
と思ったのもつかの間、僕が小学生の時から牛飼いになるまでのストーリーに入ると空気が変わっていきました。
飽きてきている!!
これはだめだと急遽変更し、以前TV放送された時のビデオに。
これはお産のシーンなども入っており集中して聞いてくれました。
休憩を挟み、後半は僕と牛との様々なエピソード(哺乳の話や牛をふろに入れた話)
そして最後は「しょうふく」という牛のムービーを流し、しょうふくのハンバーグを食べました。
後半からは子供たちもすごく集中して聞いてくれ、あっという間に90分をオーバーしていました。
終わった瞬間はいまいち楽しさを伝えきれなかったと反省しかなかったのすが、終わってすぐ何人かの子供が「牧場に行きたいんですけど、住所教えてください!」と集まってきてくれました。
牛飼いに興味を持ってくれ、見に行きたいと寄ってきてくれる子供たちを見て感動してしまいました。
来てよかった!と思えた瞬間でした。

いろいろな方のご厚意で色々なチャンスをいただくのですが僕はいつもうまく伝えられません。
今回も前半は飽きてしまう子どもが目立ちました。
大人の方なら伝わることも子ども相手だと伝わらないことがたくさんありました。
これは子供だからわからないのではなく、子供に伝わるところまで僕の中で練れていないということです。
例えば「牛飼いになるまで」では子供たちは今の自分から大人になった時までが全くイメージできなかったようです・・・
今思うと僕が「説明」していたからなんだなと思います。
牛飼いの面白さ、牛飼いになるまでのワクワク感、「説明」でなく「体感」してもらわなければ伝わらないと改めて気がつきました。
本当に勉強をさせていただいたセミナーでした。
そしてそんな僕の話に興味を持ってくれた子が大人になって牛飼いを選んでくれるようもっともっと仕事を楽しもうと思いました。

参加者33人中(保護者は除く)26人からアンケートを書いていただきました。
①今回のセミナーはおもしろかったですか?
 はい 26名  いいえ 0名
②肉牛を飼う仕事について今までどう思っていましたか?
 楽しい 11名   しんどい14名   その他 2名
③話を聞いて肉牛を飼う仕事をしてみたいと思いますか?
 はい 16名   いいえ11名 (はい&いいえが1名)
④その理由は?
(飼いたい)
牛はちょっとにおうけどかわいい
田中先生が言っていたように命の大切さがわかるから
牛とふれあえるから
楽しそう
くさそうだけどその分楽しそうだから
牛の赤ちゃんが見たいから
やりがいのある仕事だと思った
楽しそうだから
動物が好きだから
なれるとかわいいので
なつくし牛が好きだから
自分の牛とかと生活してみたかったから。でも、せつなかったです。
牛が好きだから
やりがいがあるから
(飼いたくない)
めんどちい
育てた牛が死んでしまったら悲しいから
しんどそう
他の仕事をしてみたかったから
しんどそうだからです
しんどそうだから
おもしろそうだけどしんどそうだから
たいへんだから、うしがおそってきたらいやだから
⑤肉を食べておいしかったですか?
おいしかった 25名   おいしくなかった 0名   その他1名
⑥(しょうふくの)ビデオを見て思ったこと
かわいそう6名  ありがとう22名  何も思わない0名 (かわいそう&ありがとうが2名)

アンケートを読んでいて涙がでました。
本当にうれしかったです。
今まで牛飼いはしんどいと思っていた子が6人も話を聞いて牛飼いがしてみたいと答えてくれました。
たった6人かもしれないけど僕にはとても大きな数字です。
いま読み返してもウルッときます。
牛飼いしたくないと正直に答えてくれた子たちにも感謝。
理由のほとんどが「しんどそう」でした。
しっかり受け止めて日々仕事をしていきます。
そして必ず牛飼いを子供たちの憧れの仕事にします!!
明日は牛市です。
明日も楽しみます!!!d0099005_20561956.jpg
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2008-04-08 23:57
"Fallen Leaves" Skin
by Animal Skin
| ページトップ |