<   2008年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
ブタがいた教室
先日「ブタがいた教室」という映画を見てきました。
1990年に大阪の小学校で実際にあった話が原作になっています。
「豚を飼い、飼育し、その豚をみんなで食べよう」といった命をテーマにした授業。
この提案に生徒たちは大喜び。
だけど、いつの間にか生徒たちにとって豚は家畜からペットに変わっていきます。
そんな中で最終的に卒業を控え、この豚を食べるか食べないか。
生徒たち自身が限られた時間の中で悩み考え結論を出していきます。
最終的に食べる食べないはネタばれになるので書きませんが本当にいい映画でした。
畜産農家の視点ではなく、家庭や子供や教育現場からの視点でかかれているので僕としてはすごく新鮮な気付きがたくさんありました。


実は僕が中学だったか高校だった頃、この話がテレビで流れました。
その時のことは全く覚えていないのですが、昨年家の片付けをしていた時にたまたま何気なく手にとった昔のビデオテープを再生したところなんと当時のドキュメンタリーを録画していたテープだったのです!!
(ちなみに番組の終盤から違う番組を撮っていたので結末は見れませんでした(笑))
しかも、その時僕は子供たちにもっと牛を知ってもらうために小学校で牛を飼えないだろうかと悩んでいた最中でした。
小学校で牛を飼ってその牛を食べるところまでできれば。。。。
まさにそう思っていた時の出来事でした。
引き寄せられてる。。。。
思わずそう思いました。
かなり興奮し、早速調べてみたところ本が出ていました。
「豚のPちゃんと32人の小学生」さっそく2冊買いました。

さらに調べるとなんと映画化されるとのこと。
ずっと楽しみに待っていました。

そして先日いよいよ映画を見に行ってきたわけです。
最高でした。
泣きました。
こどもたちがPちゃんをどうするのか討論しているシーンがあります。
この映画は子供が「演技」になってしまわないよう物語の結末を知らせず、実際に3か月間の毎土日子どもたちは撮影現場の学校に通い豚の飼育も行います。
そしてディベートでは各々が自分の言葉で語ります。
実体験をもとにして葛藤の中のディベートだから言葉に力がある、涙に力がある。
一人一人の意見が胸に突き刺さりました。

こういった授業に対して「残酷だ」と頭ごなしに否定される方も多いと思います。
実際に多くの批判もあったようです。
「もしかしたらしばらく肉が食べられなくなる子供が出るかもしれない。」
誤解を恐れずに言えば、僕はそれでもいいと思っています。
傷つくから「食べる命から目を逸らそう」では今生きている牛たちの存在は何なんだろう。
当たり前ですが、僕たちの仕事や牛たちは隠さなきゃいけないものではありません。

最近の子供の事例としてよく「魚の切り身を見て、生きている魚のイメージがわかない子が増えた」などと聞きます。
確かに、これはどうかと思います。
でも、たとえ切り身が魚だと認識できたとして、それですべて解決するものなんだろうか。
それは単に知識として「理解」出来ただけで、その上にある食べ物やもととなる生き物に対する感謝や、生命について考えることこそが大切なのではないか。

命のイメージの条件は関わりだと思う。
関わるからイメージがわく。
関わるから当然葛藤はある。
関わったからこそ悩む。
僕だって淡々と牛飼いをしているけど今まで一緒にいた母牛を肉にするって決断する時は悩むし葛藤する。
だからこそ大事に食べようと思う。

この映画ではもちろん「絶対に殺したくない!」という生徒も出てくる。
「殺すことと食べることは違う」という生徒もいる。
いろんな意見が出る。
それでいいとおもう。

人間に限らず食べなきゃ生きていけないなんてことは当たり前。
でも、食べ物があるのは当たり前じゃない。
ただ頭ごなしに理解させるのではなく、牛とのかかわりの中で自然と「牛にありがとう」の土壌をつくっていければいいなと思います。
d0099005_1833448.jpg

[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2008-11-23 19:50 | 日記
但馬の山のうしうし日記~夢~
いやー、寒くなりましたね。
但馬も一昨日から急に寒くなりました。
急いで牛を見に放牧場にあがると一面は雪です。
大丈夫かとの思いもよそに子牛の「夢」は親牛にまじって元気にトコトコ歩いていました。

そんな「夢」や牛の様子をもっと知ってもらおうと
『但馬の山のうしうし日記~夢~』を始めました。

よろしくお願いします。

d0099005_2084834.jpg

[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2008-11-21 20:13
お知らせ
僕が人生の師と仰いでいる福島正伸先生が3冊同時に本を出されました。
『仕事が夢と感動であふれる5つの物語』
『リーダーになる人のたった一つの習慣』
『夢が現実に変わる言葉』です。

まず『仕事が夢と感動があふれる5つの物語』を読みました。
最高でした!
仕事に対する「思い」が本当に大切なんだと教えてくれる1冊です。
今まで何度も聞いていた話でしたが何度聞いてもスイッチが入ります。
特に「日本一のパパ」の話、胸に刺さります。
思わず泣きました。
どれも最高です。
d0099005_18482553.jpg


『リーダーになる人のたった一つの習慣』
これもやばいです。
実話ベースの小説なのですがリーダーシップって何かが本当にわかりやすく伝わってきます。
「あいたたたた・・」と読みながら何度も反省。
いかに人を使うかではなく、いかにやる気にさせるか。
まずは自分が見本になる。
僕の永遠のテーマです。
リーダーとは何か迷っておられる方、職場の人間関係に不満を持つ方、夢をかなえたい方、いろいろな方にぜひ読んでいただきたい1冊です。
d0099005_18485199.jpg


『夢が現実に変わる言葉』
実はこの本はまだ手元になく読んでいません。
この本は僕が毎日とっているメルマガから作られたそうです。
このメルマガ、たった数行の言葉ですが一つ一つが本当に深い。
毎朝これを見て気合いを入れます。
届くのが待ち遠しいです。
読む前からお勧めします(笑)
d0099005_18491255.jpg


今回、本の内容を描いたムービーを無料で見ることができます。
このムービーを作っているOさんもやばいんです。
いつもブログを見ていますがめちゃくちゃ努力家。
僕のメンターの一人でもあります。
1年程前に田中畜産のムービーを作っていただけると言っていただけたのですが、もう今となっては恐れ多くて言えません(笑)

まずはムービーだけでも見てみてください。

皆様が充実した日々をおくれますように。
僕も頑張ります!!
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2008-11-09 19:11 | 日記
2008年放牧ツアー
こんにちは!
最近「ブログ見てるよ」とおっしゃってくださる方が増えてきました。
このブログから本当に多くの方と出会い、点が線になり少しずつ面になってきています。
御縁に感謝です。
少しずつですが引き続きブログも書いていこうと思います。
よろしくおねがいします。

11月1日~2日にかけて「放牧ツアー」を行いました。
今回はパートナー制度にお申し込みいただいた18名の方だけでなく一般の方の参加も募集しました。

しかし、当日参加された方は大人7名子供3名(1日目のみ、2日目のみの方もおられました)
反省点、課題点だらけのツアーとなりました。
ざっとまとめてみると
まず、ツアー日の決定が遅く都合のつかない方が多く出たこと。
メールの返信が遅く、すれ違いや不安を生んでしまったこと。
当日のシュミレーションがちゃんとできておらず予定どおりに進まず待たせてしまったこと。
食材や備品が納期に入ってこなかった(代替え品まで用意できていなかった)
牛を感じてもらう仕掛け(パンフやスライド等)が準備できておらず牛まかせだった。
すべてが後手後手でした。

多くの方にご迷惑をかけてしまいました。
申し訳ありません。
必ず次に活かします。
チャンスをありがとうございます。

さて、今回のツアーの内容です。
14時牛舎集合で始まりました。
最初は子供たちによる牛のミルクやりや親牛の餌やりです。
いつもと様子が違うということもあり子牛はあまりミルクを飲まなかったのですが、それでも喜んでもらえたようで「家に帰ったとき子供がミルクの話をしていたよ」と後から教えていただきました。
嬉しかったです。
15時、島根からのお客様と合流していよいよ放牧場です。
新品の長靴に履き替え電気柵を跨ぎ森に入りました。
私が牛を放している放牧場は4haほどが森林です。
電気柵の内側と外側の森林では見通しが全く違います。
これは牛が笹や低木の葉を食べるからです。
但馬には牛の飼料基盤となる土地が少ない、だから但馬の9割を占める山を使った放牧場を作りたい。
そして荒れて人が入れなくなった山ではなく、そこで誰もが遊べる山、牛と触れ合える場、人とかかわれる場、牛が健康に生きられる場を作りたい。
そんな思いとともに牛が山を開拓し牧場ができる過程を見ていただきました。

そのまま森をぬけると次はススキ草地です。
そこは牛の寝どこになっています。
いつも夜はそこで寝ているので牛のうんちがいっぱいあります。
しかしそこには牛はいません。
子供たちからも「牛まだ~?」との声が上がります。
もう少しだよ。がんばろう。

ススキ草地をぬけ、いよいよ牛のいる牧草地です。
みんなで牛と触れ合いました。
子どもたちは大はしゃぎ。
はしゃぎ過ぎて途中から牛のことをすっかり忘れていましたが・・・
子牛の「夢」も元気にノソノソ歩いていました。
何をするわけでもなく牛を見ているだけ。
だけどそれもいいなあと思えるような時間でした。

17時、日が落ちかけてきたので温泉に入りログハウスへ。
お待ちかね夕食タイムです。
しかし、予定していた牛肉は「熟成がまだ進んでおらず出せる状態でない。」
とイベントの3日前にメールがきました。
ピンチ!

チャンス!
にできたのかどうかはわかりませんが地元産食材での手作り晩ごはんへと急遽変更しました。
参加人数が少なかったこともあり、家族のような雰囲気で夕食をとることができました。
そうは言いつつも、本当にお客様を振り回してしまいました。
次回にちゃんと活かさないとと反省しきりの1日でした。

夜は放牧場で牛と星を見に行く予定でしたが、夜遅くまでかなり熱い話になってしまい結局行けませんでした。
残念でしたが、これも少人数参加ならではで、いろいろと突っ込んだ話ができよかったです。
次回はぜひ星を見に来ていただきたいです。

翌日は芝はりと伐採です。
みんなで牛の餌となる芝のマットを張りました。
それぞれが「うし」とか「シマネ」とか「三田」とか芝マットで文字を作られていました
来年は購入芝ではなく、山に生えている芝を取ってきて牛のウンチの中に植える方法も考えています。

そしてその後は2日目メインの牧場内の伐採です。
プロに来ていただき、チェーンソーのレクチャーをしていただき、その後みんなで伐採をしました。
プロはかっこいいですね!
みんな初めてのチェーンソーでなかなか苦戦されていましたが、最後は太い松の木を切られている方もいました。
間伐は木が倒れる瞬間より、一気に空が広がる感覚がいいですね。
まさに空間を作ったといった気分を味わえました。
今後は間伐と芝はりを継続して行っていきたいと思っています。

今回ご参加いただいた島根県議の三島さんがブログで放牧ツアーのことを取り上げていただきました。
http://sky.geocities.yahoo.co.jp/gl/omis_shimane

失敗をチャンスにするもしないも自分自身。
今回いただいたチャンスをしっかり次につなげたいと思います。
ありがとうございます。
d0099005_20244990.jpg
















d0099005_20274514.jpg
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2008-11-04 20:32
"Fallen Leaves" Skin
by Animal Skin
| ページトップ |