<   2009年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
おばあさん
お世話になっていた隣のおばあさんが亡くなった。

僕が無計画に規模拡大していた頃、牛舎建設の話が最終段階で白紙になった。

牛は借金してそろえていた。

でも、牛を飼う場所がない。

あちこちに牛舎を借り、目が行き届かなくなった僕はエンドファイト中毒に気づかず多くの牛を殺してしまった。

夜中に2tトラックに積んだ牛糞を一人フォークで下ろし、帰りは走行中にバッテリーがなくなり、ライトを消して雪が降る中峠を走る日々。

背骨を痛めて精神的にも肉体的にも最悪だった。

そんな時に今の牛舎の場所を貸してくれたのがTさんご夫婦でした。

いつも笑顔で、本当にいつも笑顔で接してくれた。

僕が家族でこの場所で笑って生活できているのも、おばあさんが笑っていてくれたから。

ハタハタのなれ寿司がめちゃくちゃ美味しくて、人生で好きな食べ物ナンバー3に入るくらい。

この冬に作り方を教えてもらう約束していたのに。

そんな事を思い出す。

本当に悲しい。

ブログに書くことじゃないのかもしれない。

感情を上手くまとめられないし、まとめる気もない。

ただただ本当に感謝しています。

ありがとうございます。

ゆっくり休んで下さい。
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2009-09-30 12:00
ただいまレポート【多治見出発】
d0099005_626277.jpg

おはようございます!

昨日は岐阜ドリプラに呼んでいただき、プレゼンテーションをさせていただきました。

今は多治見から名古屋に向かう電車の中。

自分のフィールドに帰ります。

ドリプラのようなプレゼン大会はお互いに応援しあう相互支援の空気ができています。

だからものすごく心地いい。

あたたかく受け入れていただき、本当にありがとうございました。

800名を超える方がお越しになっていたようです!

スタッフやお客様のお話を聞かせていただくと、実はすごい夢や実績があったり、逆に同じような悩みを抱えている方がいたり、とにかく色んな気づきと刺激をもらいます。

一生の付き合いがしたいと思います。

でも、仲良しこよしじゃだめ。

馴れ合いは足の引っ張り合いになるから。

あくまで僕は牛飼いだし、僕のフィールドはここじゃない。

常に自分の位置と方向を確認していこう。


ドリプラ岐阜、ほんとに最高でした!
(詳細はぼちぼち出していきますね)

わざわざ僕に会いに関西から来てくれた方もいました。

お金を払って人の夢を聞きに来る。

普通じゃないです。

本当にたくさんの応援のお葉書をいただきました。

この写真はハガキの山です!
すごいですよね!!

ありがたいです。


僕にできること。

自分の居場所を勘違いせず、淡々とまっすぐ自分の仕事をすること。

家族を幸せにすること。

そして、多くのご縁に感謝すること。

普通のことです。


さあ、早く帰って牛飼いするぞ。

と、書いてる間に名古屋です!

本当にありがとうございました!
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2009-09-28 06:26
ただいまレポート【削蹄in加古川】
おはようございます。

今日も朝から削蹄に向かっています。

削蹄の日のスケジュールはだいたいこんな感じです。
(基本的に現場7時半なので遠い場合は更に早くなります。)

4時 家の牛飼い(ざーっとしか出来ない)
5時 出発
6時 兄弟子たちと合流
朝食
6時半 乗り合わせて出発
7時半 現場着&道具研ぎ
8時 削蹄開始
12時 終了
昼食
14時 解散、車を乗り換え我が家へ
15時半 到着
16時 牛飼いスタート

という流れで仕事しています。
終わるのは19時すぎくらいで、デスクワークは夜にまわします。

ちなみに今日の朝の仕事は奥さんにお願いしてきました。

助けられてます。

と、言うことで現在7時16分。
まもなく現場です!
今日は一人20頭がノルマ。
気合い入れないとね。

行ってきます!
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2009-09-23 07:19
言葉
昨日の講演でご一緒させていただいたナニメンさんのお話の中で、潜在意識を高めるためには「話す言葉」が大事だと言われていました。

マイナスの言葉を避け、プラスの言葉で話す。

色んな本にプラス思考や表情や言葉の大切さは書いてますからご存知の方は多いと思います。

僕がこの話の中で印象に残ったのは「一番話してはいけない言葉」

何だと思います?

僕はちなみに「疲れた〜」かと思ってました。

何だと思います?

では、ナニメンさんの答えは。。。。

「とりあえず」

でした。

なるほど〜。

とりあえずと言うと本気でしない。

これはいつも僕が思っていたことでした。

これから牛飼いを目指そうとしている方や始めたばかりの方に「目標や夢は何ですか?」って聞くと
「とりあえず50頭にして・・・(沈黙)・・・それくらいは欲しいし・・・」と言われる方がびっくりするほど多い。

牛飼いを目指す学生に進路を聞くと「とりあえず実習に行って、お金を貯めながら勉強します」と言う声がこれまた多いです。

一見前向きなんだけど、「とりあえず」って言う時はたいていあまり考えてない時のような気がする。

少なくとも僕が「とりあえず」と言うときは思考が曖昧なときだった。

ちゃんとやることが明確な時は「とりあえず○○をやる」ではなく「まず○○をやる」って言いますもんね。

僕も改めて自分の言葉を意識しようと思いました。

ちなみに僕があまり好きじゃない言葉は「なかなか」です。

「なかなかねぇ〜」

これは自分で言っててテンションがさがります(笑)

よし、今から家に帰って気合い入れて仕事しよう!
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2009-09-22 13:27
ただいまレポート【ただいま】
ただいま大阪から帰ってきました。

大学生、熱い!!!

後日報告させていただきますね。

2時間後には削蹄に出ます!!

今日は加西市。

さあ、気合い十分。

寝るぞ!!

そして、蹄をバンバン切るぞー!!!

おやすみなさい~。
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2009-09-22 03:01 | 日記
ただいまレポート【電車の中】
大阪に向かっています。

今日は松江さん主催の『はたらく理由』講演会でお話させていただきます。

気合い入ってきました。

まだまだ受付中ですのでお時間のある方は是非お越し下さい。

今日は大学生の方が多いと聞いています。

だけど、何かを「教える」という気はありません。

(やる気は満々です!)

教えるのではなく、見ていただく。

そんな気持ちです。


僕は今まで牛飼いを目指す方のご相談を何度も聞く機会がありました。

だけど、僕は相手に何かを教えることは出来ませんでした。
(教えていた気になってたことは数知れず・・・)

そもそも社会に出て10年も経ってない僕が人に指導なんてできるわけない。

相手が自分より若く、未熟に見えたとしても、今持っているノウハウが相手のためになる保証はない。

もちろんこれからも通用する保証なんてない。



うちの牛舎の隣に若くで牛飼いを始めた青年がいる。
まだ21歳だ。

彼のためだと思い、口を出すこともある。

だけど、「こうすべきだ」と強要はしない。

だって僕にも正解なんてわからないから。

だから彼に僕が教ええられることなんてない。

僕に出きることは「見ていただくこと」そして、こいつと一生付き合うんだと「覚悟」をもつこと。
いい変えれば相手の可能性を信じること。
それしか出来ない。

放任ではなく、自分との真剣勝負。

今日に向け、全力で自分という人間を見ていただく準備はした。

少しでも参考や励みにしていただければ嬉しいな。

よし、もうすぐ到着です。

教えるのでなく、見ていただく。

だから来ていただくことがありがたい。

感謝です!
頑張ります!
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2009-09-21 10:02
難しいのはわかってる
田中畜産は
繁殖牛50頭
牛舎722㎡
放牧場8haの
中小規模の和牛繁殖農家です。

と言っても、土地はすべて賃貸。
牛舎も牛も返済がまだまだ前半戦。
借金は3000万円
自己資本率は異常に低い。

目の前のお金をとにかく稼がなくてはいけない。
気合いを入れないとヤバいです。

なのに何故放牧牛肉って言うのか?

目の前を見るだけならそんなことする意味はない。

やらない理由は山ほどある。

まず、時間がとられる。

その分のしわ寄せが子牛の売上を落とす。

飼料作物をつくろうにも僕には土地がない。

機械を買う資金もない。

そもそも但馬のような平地が少なく、雨や雪の多い地域では機械を買ってもまず採算は合わない。

放牧で肉の量がとれる外国種のヘレフォードやアンガスや日本短角種のような品種と違い、黒毛和種は放牧牛肉に一番合わない。
(ただ、味は良いと思う)

さらに但馬牛は黒毛和種のなかでも特段に小さく飼いにくい品種。

不利極まりない。

放牧をするにも土地が足らない。

北海道や岩手や九州で放牧牛肉に取り組んでいるとこでは何百haの放牧場があり、放牧特性に富んだ牛を飼育している。

それでも販売に問題を抱えている。


飼育マニュアルはゼロから。

営業もゼロから。

資金はない。

俺にできるのか?

正直気持ちが折れそうになることもある。

周りと比べ、言い訳を探していることもしばしば。

でもやる。

やけくそではない。

だって家族を守らなあかん。

だからやる。

借金も返さないといけないから、バランスが大事。

当然一気には出来ない。



僕が牛飼いを決めた年は狂牛病の起きた年でした。

なぜあの状態で牛飼いに飛び込んだかと言えば、農業は食べ物を生産して、生きる土台をつくる不可欠な仕事だって思っていたから。

但馬牛が高級品だったからではない。

但馬は父の郷だし、自分のルーツでもあるから但馬でしたかったというのもあった。

安定的に牛肉を生産して日本の食料基盤を支えたいという思いがあった。

それは家族を守ることにもなる。

但馬牛完全放牧牛肉が出来なくても経産ならできるかもしれない。

完璧でなくともできることはいっぱいある。

地域資源を使って牛肉を生産することは、消費者だけじゃなく生産者も安心できる経営につながる。

最終的には放牧牛肉を一つの柱にして但馬の繁殖牛を全頭放牧できる放牧場をつくりたい。

畜産農家が安定した経営をすることも食の安定だと思う。

そのために法人を立ち上げる。
内容は山林の管理と放牧場の管理、放牧牛肉の販売の窓口も同時に行う。

どの農家も牛を山に出せ、牛肉に取り組みたい農家はいつでも取り組める。

牛と牧場の管理は会社で行う。

そんなかたちにしたい。

そしていつでも子供たちが牛と触れ合える地域をつくる。

そのモデルを日本中に広げる。

但馬で出来るなら全国でできる。

不安はある。

それは何をしても一緒。

だから信じる道を進むだけ。

夢に浸って酔ってる暇はない。

行動と結果を出していくぞ!
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2009-09-17 20:58
ただいまレポート【ほ乳のスイッチ】
ただいま子牛のほ乳中です。

昨日母子分離した子牛が飲みません。

我が家はずーっと全頭人工ほ乳をしています。
(放牧牛は自然ほ乳です。それはそれで上手くいかなかったのですが・・・)

モーモー鳴いているから欲しいのは間違いない。

だけどほ乳瓶に慣れず、飲まないんです。

普通は5分で終わるのですがこの子は1時間ちかく奮闘しています。

初めてミルクを飲ます牛は気を使います。

ほ乳瓶でミルクを飲ます方法は一つです。

ほ乳のスイッチを入れること。

怖がらせてしまえば空腹でも飲まなくなります。

でもやっぱり初めての体験だから子牛は不安があります。

「何が口に入っているの!?」
と思っているはず。

その不安を最低限にとどめ、「ミルク飲みたい!」っていう気持ちを優勢にする。

この気持ちのスイッチを入れるのが難しい牛がたまにいます。

今日のように1時間粘るときもあれば、1分でやめるときもあります。

ちなみに今日は失敗しました。。。

夕方もう一度アプローチしてみます!

さあ、今日も頑張ります!
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2009-09-17 08:13
ただいまレポート【見回り】
牛舎に夜の餌やりと見回りに来ています。
実は牛舎は家からダッシュで3秒の距離なので楽勝です(笑)

夜なのでひんやり。
僕は秋の朝方と夜の肌寒さが大好きなんです。
心身共に浄化される感じがなんとも言えません。

これから子牛に濃厚飼料をあげます。
(あ、草はもちろんすでに入っていますよ)

私たちは夜寝る前に食べると太ると言われますが、ニュースでラットで実験した結果、暗くして食べさせた方がよく太ったという記事を見ました。

原理はよくわかりませんが牛で試してみようかな?

そういえば昔に夜に餌やると大きくなるとか畜産関係の雑誌か新聞にに書いてたな。
今思い出しました。。。

こういうふうに出ては消える技術や噂はほんとにいっぱいあります。

僕も色々やったけどよくわからないことばかり。

だから面白いのかも。

牛飼いの先輩もよくわからないから牛は面白いって言ってたしね。

豚や鶏と違い、牛は個体差が大きく、かつ飼育期間がとても長いんです。

試験をしても結果がわかりにくい。

だから例えば個人で放牧牛肉を開発しようとすると、頭数の少なさと期間の長さから非現実的なものとなる。

でも一人じゃ出来なくても、始めるのは一人からなんですよね。

今は国の畜産試験場や飲食関係の方と一緒に考えていこうとしているけど、同じ畜産農家で1頭でもいいから一緒に試験をして頭数を確保しないと進まないと思います。

でもその前にみんなが取り組めるよう実例と販売ルートをつくらないといけない。

今はまだその段階の頭の方。

まだまだこれからだ。

と、書いてるうちに仕事も終わりました。

お休みなさい!!
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2009-09-16 23:03
ドリームプラン・プレゼンテーションGIFU 2009
2008年12月19日~20日
東京ビックサイトでプレゼンテーションの全国大会が開催されました。
ドリームプランプレゼンテーション2008
大人が夢を語り、実現する大会です。

この大会後、大阪、名古屋、上海、福島で地域ドリプラが自主的に開催されました。
今後は岐阜、岩手、高知・・・さまざまな場所で地域ドリプラが行われる予定です。

そして次がいよいよ『岐阜』なんです!!

何がいよいよかというと、この大会の主催者はせんちゃんこと千田利幸さん。
ドリプラ2008でともに走った仲間です。
話を聞いた時、応援するしかないと思いました。

そんな時、数ヶ月前にせんちゃんからプレゼンの依頼をいただきました。
即答でOKさせていただきました。
本当にありがたいです。

ということで今回は僕もプレゼンさせていただきます。

僕は自分の夢を語ることしかできませんが、本気で思いをこめてプレゼンさせていただきます。
どうかよろしくお願いします。

この「ドリームプラン・プレゼンテーションGIFU2009」
とにかく内容がすごいです。

日本の起業家育成の第一人者の福島正伸先生による講演。

そして福島先生×大嶋啓介社長×ナニメン×せんちゃんの夢トークセッション

さらに6人の渾身のプレゼンテーション

(僕のプレゼンはおいといても)この内容で2,000円はありえません。

絶対に満足していただけると自信を持って言えます。

9月27日、ぜひ岐阜へ来てくださいね!!!!

現在550人の方からお申し込みを頂いているそうです。
目標は900人!!
まだまだ間に合います!
皆様とのご縁を楽しみにしています。

主催者せんちゃんの思いもぜひぜひ読んでください!
ドリプラ岐阜にかける思い その1
ドリプラ岐阜にかける思い その2
ドリプラ岐阜にかける思い その3
ドリプラ岐阜にかける思い その4
ドリプラ岐阜にかける思い その5
ドリプラ岐阜にかける思い その6
ドリプラ岐阜にかける思い その7
ドリプラ岐阜にかける思い その8
ドリプラ岐阜にかける思い その9
ドリプラ岐阜にかける思い その10

************

「ドリームプラン・プレゼンテーションGIFU2009」
http://drepla.web.fc2.com/

司会進行:ドリプラ2008共感大賞受賞吉井雅之氏

第一部 福島正伸先生講演
「夢しか実現しない」(1時間30分)

夢トークセッション
(株)アントレプレナーセンター代表取締役 福島正伸氏
(有)てっぺん代表取締役 大嶋啓介氏
ドリプラ2008共感大賞受賞吉井雅之氏
ドリプラ2008感動大賞受賞千田利幸氏

第二部 ドリームプラン・プレゼンテーション
~ドリプラ2008の3名のプレゼンター~
「ドリプラ2008特別大賞受賞・牛と耕す国づくり」田中一馬さん
「ブックエンドプロジェクト」土’川尚己さん
「スターリィマン・コミュニティ・プロジェクト」はせがわ祐希さん

第三部 ドリームプラン・プレゼンテーション
~岐阜から夢を発信する3名のプレゼンター~
「世界中の美容師さんを元気にする」梅田博之さん
「ドリムとサンクの大冒険」杉浦誠司さん
「ママの笑顔は、家族の笑顔」甲矢留美子さん

お申し込み↓
http://officets.cart.fc2.com/
(PCからも携帯電話からもお申し込み出来ます)

皆さんのお越しを心からお待ちしています。

*********************

「ドリームプラン・プレゼンテーションGIFU 2009」
http://drepla.web.fc2.com/

2009年9月27日(日)13時~17時(開場12時)

入場料 2000円(高校生以下1000円)

会場 多治見産業文化センター
http://www.c-5.ne.jp/~sanbun/

お申し込み↓
http://officets.cart.fc2.com/
(PCからも携帯電話からもお申し込み出来ます)

************


9月21日の『はたらく理由講演会』もよろしくおねがいします!
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2009-09-15 22:31
"Fallen Leaves" Skin
by Animal Skin
| ページトップ |