<   2010年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
蹄のカス
こんばんは~。
この1週間は削蹄まみれです!
1週間で5日入っています!!

削蹄のときは朝の5時から夕方の3時まで外に出ています。
そうなると空いた時間を使って牛飼いをするので結構忙しいんです。

思い返せばそんな時は両親がいつも助けてくれていました。
僕が就農して4年目に家族みんなが但馬に引っ越して来てくれました。
実家だった思い出のつまった家を販売して、今は近所にいてくれています。
孫の相手も牛の相手もしてくれて、本当に助けられています。
ありがたいです。

実は自分ひとりの力で牛飼いをやっていると思っていた時期がありました。
今思えば恥ずかしいです。
生まれたこと自体から自分ひとりの力じゃないのにね。


話は削蹄に戻ります。

削蹄とは牛の蹄を切り、整え、牛が快適に過ごせるサポートをする仕事です。
今日も牛の脚を持ち上げ、鎌でつめの裏を切っていました。

切っていくと蹄のカスが、パンパンパンって真上に飛んでいきます。
鎌は前方に向かって進むのに蹄のカスは真上に飛ぶ。

実はこれ、最初はこういかないんです。

削蹄を始めた頃は、鎌が走らないのでちょびっとした削りカスが真下にポトポト落ちるだけ。
ちょこちょこ削るので、つめの裏もガタガタです。
切るまでの時間もかかり、時間のかかることで牛も嫌がり、ますます時間がかかる。
こんな蹄カスでは仕事になりません。
d0099005_1835322.jpg


鎌が走るには研ぎ方から入り、保定の仕方、脚の持ち方、鉈のたたき方、そして鎌の使い方すべてが関与します。
そうして切っていくとこんな削りカスが真上にパーンと飛んでいくんですね。
d0099005_1841744.jpg

牛の蹄は誰でも切れます。
車の運転みたいなもんです。
初心者からF1ドライバーまでいます。

うまい人と下手な人を簡単に見分ける方法。
そのひとつが削りカスです。

そう思うと、こうやって切った後にカスを見るのも自分の成長具合が見れて結構楽しいです!


ちなみに削りカスは1時間ほどすると水分が抜けてカチカチになります。
薄いので向こうが透けて見えるんです。
色つきのクリアファイルって感じですね。

たかが削りカス、されど削りカス。
面白いです。


にほんブログ村 企業ブログ 農業・林業・水産業へ
↑ブログランキングに参加中。
現在、農林水産業で1位です!
かなり励みになっています。ありがとうございます!!
1日1回、ちょこんと押していただけるとうれしいです!
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2010-01-31 21:51 |
放牧経産牛のご感想
先日、友人の〇〇君が仕事で牛舎に来ました。
うちの財務状況も知っているため、結構心配してくれていたみたい。

「ここの経費はどうなってんの?」なんて突っ込まれながらも、久しぶりに話ができて楽しかったです。

売り上げの話から放牧牛肉の話に広がり、今後のビジョンを語っていたのですが、語るより食べてもらおうと放牧経産牛肉の切り落としをプレゼントしました。

そしたら昨日電話があり
「この肉は別物」
「香りがいい」
「塩を振らずにそのまま焼いて食べたけど、肉と塩が一緒になったような旨み」
「ラム肉のような感じ。それよりも味が濃い」
「肉自体に味がある」
「ずーっと食べ続けると少しあごが痛くなるけど、ミンチならかなりいいんじゃないか」
「この肉を食べて放牧牛肉をやるって言ってた自信の元がわかった」
「こういうお肉が好きな人にはうける」
「僕はこういう肉が好き」
「牛肉販売をするって言ってたけれどいつごろから?春あたりかな?」
「販売の許可が取れたら販売先をFAXして欲しい」
「これは普通に買いたいと思った」
とお肉の感想をよせてくれました。

食べられてすぐさまこういった感想を頂ける。
このタイムリーさ、本当にうれしいです!
自信になります。

僕はお肉大好きです。
今日もお昼は焼肉を食べてきました。
僕は脂も大好きで、すき焼きだと牛脂は絶対に食べちゃいます。

基本的に牛肉は但馬牛しか食べません。
肉に関してはそこそこ舌が肥えていると思っています。

それでもこの放牧経産牛は他のお肉に負けない味があると思っています。

どちらが美味しいかは好みもありますが、同系列でなく味では別のジャンルとして確立できると確信しています。

もちろん課題はありますが、課題なんて何したってあります。
だから問題なし。

堅実にぶっ飛びますよ!!


にほんブログ村 企業ブログ 農業・林業・水産業へ
↑ブログランキングに参加中。
現在、農林水産業で2位です!
かなり励みになっています。ありがとうございます!!
1日1回、ちょこんと押していただけるとうれしいです!
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2010-01-30 21:49
基本に戻って、良くなって来た!かな? ②
【全開までのあらすじ】
子牛を大きく生ますためには蛋白だということでバイパス蛋白を親牛に給与。
果たして結果は?
-----------------------------------------------------------------

加熱加糖処理大豆かす(バイパス蛋白)は第1胃で分解されず小腸で吸収されます。

これなら簡単と、僕は親牛1頭当たりの増し飼いとして通常の餌プラスバイパス蛋白を1.5キロ追加給与しました。

これは通常よりもめちゃくちゃ多い給与量です。

ただ、試験的にはっきりした結果が見たいためにあえて給与してみました。

当時子牛の生時体重は飼養管理では大きくできないと言われていました。
(餌の増し飼いの必要性は当たり前のようにずっと言われていたのですが、実際には増し飼いで生時体重を大きくすることはできないと言われていました)

しかし結果はどの子牛も大きく、勢いのある子牛でした。

この時僕は確信しました。

飼養管理によって生時体重は変わると。(後でわかるのですがこの考えは若干間違いでした)

しかし、1.5キロも高価なバイパス蛋白を使うことはコスト的に合わず、続けることができませんでした。

その一方で当時の僕は生時体重を大きくできたとの思いから、自分の技術を過信してしまい、いつの間にかすべてにおいて改良をすることをやめてしまっていました。

そしてなんと、次の年には基本的な技術である分娩2ヶ月前の増し飼いすらやめている自分がいました。

基本技術にプラスではなく、基本から逆行していました。

今思えばどうしてこう勘違いしていたのか不思議ですが、当時の僕は自分のすることは何でもうまくいくといった完璧な勘違い状態の中にいました。

気づいた時には時遅し。

増頭しているにもかかわらず、その年の売り上げは前年比の75%と大きなダメージを受けてしまっていたのです。

(つづく)



にほんブログ村 企業ブログ 農業・林業・水産業へ
↑ブログランキングに参加中。
現在、農林水産業で1位です!
かなり励みになっています。ありがとうございます!!
1日1回、ちょこんと押していただけるとうれしいです!
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2010-01-23 21:46
いのちをいただく
今までいろんな本を読みましたが、この本は本当にお勧めです。

いのちをいただく

d0099005_23473564.jpg


食肉センターに勤める阪本さんのお話。

僕が牛を飼っているからなのだろうか、読んでいて涙が止まらなかった。


5分もあれば読める絵本。

なのにこんなにも感情移入してしまうとは。。。

ここまで心を裸にさせられるとは想像もしなかった。


なぜ現在僕が牛のパートナー制度を提供しているのか。

ここに全部書いていた。


この本と僕の想いが完璧にシンクロした。

だからこんなにもストレートに僕の心に響くのだと思う。




うまく言えないのが歯痒いです!!

本当にお勧めです!!

ぜひ読んでみてください!!!!







にほんブログ村 企業ブログ 農業・林業・水産業へ
↑ブログランキングに参加中。
現在、農林水産業で1位です!
かなり励みになっています。ありがとうございます!!
1日1回、ちょこんと押していただけるとうれしいです!
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2010-01-21 23:57 | 日記
最近の友達
妻と娘が里帰り中なので、ここ数日は一人です。

そんな僕に会いに来てくれるのが・・・・・・・

d0099005_18135478.jpg

タヌ吉と
d0099005_18142088.jpg

タヌ子です。



この2匹、警戒心ゼロ・・・・

タヌキは牛の餌を食べたり、寄生虫を運んだりと牛飼いには害獣です。



きっと夫婦なんだろう。

そっとしておいてやろう。

僕は毎日目の前を歩くタヌ吉やタヌ子を見守っていました。



と、思ったら・・・・・

あれ?タヌ子?足上げておしっこしてます?
d0099005_18195625.jpg


お、雄だったのか!!
d0099005_18214084.jpg

えへへ。













にほんブログ村 企業ブログ 農業・林業・水産業へ
↑ブログランキングに参加中。
現在、農林水産業で1位です!
かなり励みになっています。ありがとうございます!!
1日1回、ちょこんと押していただけるとうれしいです!
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2010-01-20 18:26 | 日記
うまくいく方法なんて分からん!
今日は東京から「会社で山を活用して牛の放牧をしたい!」というお客様が来られました。
4時間くらいお話させていただいて、自分の中で気づきがたくさんありました。

まず、放牧牛肉には問題が山のようにあるということ。

しゃべればしゃべるほど問題が見つかりました。
僕自身しゃべりながら、自分の言う問題の多さに「すげーなー」と感心してしまいました(笑)


その一方で「放牧は目的じゃなく手段だからこれはまだ問題じゃない」と、問題を限界と感じてない自分も発見。
ここ2年でいい意味で視野が広くなってきました。

だから繁殖経営はしっかりやります!(当然)
放牧と既存の経営。
全く矛盾していませんでした。
そこに気づけたのもよかった。

また、山のような問題点を説明しながらも、やめる気はサラサラない自分も発見しました。
かと言って熱く、意固地になっているわけでもない。



正直な話、現時点で放牧牛肉はうまくいっていません。

特に子牛からの放牧は初期発育の遅れが大きい。
肉牛としては話にならない段階。

こんなことは毎日牛を見ているので、嫌というほど分かっている。
だから僕もいいかっこせずに、その方に正直な現状を話させていただいた。

少しでも役に立てればと色々と伝える内容を考えるのだが、イマイチ良い情報がない。
だってそもそもうまくいく方法なんて、始めてからずーっとわかんないもの。


現在、何千万頭と肉になってきた牛をベースに日本の大まかな肥育マニュアルや理論はつくられている。
そんな中でつくられてきた「基本的なマニュアル」の理屈はやっぱすごい。
しかし、同じ血統で同じ人が同じ飼い方をしても牛は個体差が大きく肉質は異なる。
当然マニュアルだけではうまくいかない。
プロとしての牛を見る目や経験が加わり、今の日本の牛肉生産がある。

そんな中、頭の中だけで「日本にはない放牧牛肉をどうやってつくるか」と【マニュアル】を考えてもわかるはずがない。
いくら頭で考えても理屈では「うまくいかない」にしかならん。

でも、方法は無限にある。
理屈理屈って言うけど、それ、ただの想像なのかもしれない。
方法を見つけるのはやった人間だけ。
いくらブログでいい事を書いたって、やったことじゃなきゃただのカバチたれだ。


経産牛は肉質が悪い。
経産牛は味はあるけれど硬い。
放牧すると肉が硬くなる。
草だけだと肉は美味しくない。
だから放牧の経産牛なんて筋が多くて硬くて食べられない。美味くない。
これが一般的な常識。

放牧の肉は締りが悪い。だから熟成に向かない。
これも容易に想像がつく常識のひとつ。
実際に枝肉にした時のお肉屋さんの評価も「締りがないね。自然志向の人は買うかもしれないけれど美味しいかといわれれば普通に飼ったほうが、、、ね」だった。
ここまで書くと99%の畜産関係者は「ほら、やっぱりね」って思う。

でも、実際やってみて常識とは違うこともいっぱいあった。

お肉を食べていただいたは方は3年で100人以上になるが、ほぼすべての方が美味しいと驚かれる。
女性でも300gくらい普通に食べる。
これは脂っぽくないって事じゃなく美味いから。
不味かったら残すよね。
部位によっては全く硬くない。
子供もバクバク食べる。(筋のある部分は噛み切れず出す子も1人いた)
真空パックで冷凍熟成でも肉の硬さや味が変わる。(変質じゃなく熟成)
ドライエージングにした時の肉の変化にも驚いた。

やんなきゃわからないことだらけだった。
(それでもまだまだ問題のほうが圧倒的に多いですが・・・)

「上手くいかないと容易に想像がつく」ことってよくありますよね。

もしかしたら「容易な想像」って「安易な想像」なのかもね。

同じく、「こうやったら上手くいく」とか「ただ一生懸命やればうまくいく」ってのも安易な想像なのかもしれない。


上手くいく方法。失敗のない方法は。

そんなもんわからん。


ただ、上手くいく方法があるとすれば上手くいくまであれこれ考え、やり続けるしかないのかな。

そう考えると上手くいくかどうかは結局その人しだいなんだ。

自分しだいなんだ。



牛飼いを始めてから「やめとけ。上手くいくはずない」とアドバイスいただくことが多い。

それは「事業の内容」が上手くいかないって事じゃない。

「僕」じゃ上手くいかないって思われているってこと。

問題はいつも自分自身。


それを忘れないようにしたい。




にほんブログ村 企業ブログ 農業・林業・水産業へ
↑ブログランキングに参加中。
現在、農林水産業で1位です!
かなり励みになっています。ありがとうございます!!
1日1回、ちょこんと押していただけるとうれしいです!
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2010-01-19 18:47
片道4時間半のランチ
自然食レストランの『ゆにわ』に行ってきました。

片道4時間半・・・

行って良かったです。

最近いろいろな方から『ゆにわ』の事が書いてある「いのちのごはん」という本を薦められ、読んでみたのですが、すごく共感できる部分があり一度行って見たいと思っていたんです。

本の中で特に気に入ったフレーズ
『感謝して食べれば命に変わる。考えて食べたら我(エゴ)に変わる』

僕も実際にお肉を生産し、お客様と話していくにつれ、同じ事を感じていました。

食べてみないことには話にならないので早速ランチをいただきに枚方へ。

道に迷い、ラストオーダーを過ぎてから到着・・・

だけど快く迎えていただきました。

お任せコースは時間的に無理だったので次回の楽しみに。

今回は定食を注文しました。

d0099005_2132415.jpg


野菜がうまい!

水もうまい!

自家製サーモンの燻製もよかった!!

これは野菜嫌いの僕もいくらでも食べたくなる。

d0099005_21343260.jpg


自家製パンのヒジキサンドイッチ。

シンプルだけどイイ!

d0099005_21354270.jpg


漢方鳥の照り焼きとお味噌汁。

ほうれん草と黒豆、玄米漬けの漬物。

そしてメインの白米。


どれも本当においしい。

パンチがある味じゃなく落ち着く美味しさ。

毎日食べたくなるというのもわかる。

食事って本当に大切だなと気づかせてくれるお店でした。


実は今回一番食べたかった「土鍋ごはん」はディナーで2名以上限定との事でした。

必ず次に食べたいと思います。
d0099005_21295768.jpg





空腹を満たす食って本当にもったいないです。

ごはんの時間が最高に楽しければ、毎日楽しい!!

食事のことを大切に考え、実践し、自分が家庭の食事の中でよかったと思ったことををシェアしていきたいです!


僕は飲食の素人です。

でも今回、ゆにわにも真似出来ない部分を僕らは持っているということにも気がつきました。

僕しか伝えられない価値。

それは牛肉でなく牛そのもの。

これがうちの事業の核だなと。

100敵わなくても1つ真似できない物を作る。

再確認させていただきました。


とにかく本当に美味しかったです!!



余談ですが、白米はうちで食べるごはんも負けてないと思いました。

もちろん炊き方には大きく差があると思います。

技術や姿勢ではまだまだ敵いません。

実はわが町の米は「米・食味分析鑑定コンクール」で最高位の金賞を三年連続で獲得しています。

米自体の力もあるのかもしれません。

でもやっぱり一番は家の目の前で取れた有機米で、しかもお米を炊く水も飲み水も稲を作る水も同じ水源というのが本当に大きいのだなと思いました。




自然の恩恵に感謝です。

この食材を活かせるように精進します。


ゆにわ」お勧めですよ!

にほんブログ村 企業ブログ 農業・林業・水産業へ
↑ブログランキングに参加中。
現在、農林水産業で1位です!
かなり励みになっています。ありがとうございます!!
1日1回、ちょこんと押していただけるとうれしいです!
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2010-01-18 22:16 | 日記
基本に戻って、良くなって来た!かな? ①
ここ半年、生まれる子牛がどれも大きいです。

種付けもいい感じ。

子牛は大きすぎるわけじゃなく、どの牛も平均より2~5キロ大きいです。

但馬牛の場合、生時体重は♂で25キロ、♀で23キロなので、この2~5キロは大きい。

基本に戻ってやり直して良かったです。

基本は「健康」に飼う。

その上で色々サポートをする。

当たり前のことでした。


【基本に戻って、良くなって来た!かな?】では、今までの自分の失敗や今の考えを記録するために、つらつらと書いていきます。

たいしたことは書きませんので期待しないでください(笑)

(畜産関係者の方はおかしいとこがあれば、つっこんで下さい)
(ブログを見てくださるほとんどの方が畜産関係者ではないと思われますので、いつも噛み砕いて書いているつもりです。しかし、いつもわかりにくいと思います(笑)どの記事でもわかりにくい表現があれば遠慮なくコメント欄に書いてくださいね。僕も勉強になります。)

では、子牛の生時体重の話から。

子牛の生時体重はその後の子牛の成長を決める大きな要因のひとつです。

大きすぎるのは難産の危険があり問題ですが、基本は大きな子牛を産ますことだと思っています。

牛は妊娠期間は人とほぼ同じで285日。

そのうち妊娠末期2ヶ月で胎児は急速に大きくなります。

そのため妊娠末期2ヶ月は増し飼いといって胎児の成長分の栄養を追加する必要があります。

特に子牛の発育にはタンパク質が重要です。

牛にはそれぞれのステージにあった栄養要求量が目安として設定されています。

栄養には色々な項目がありますが主にたんぱく質(CP)とエネルギー源であるカロリー(TDN)を見ていきます。

5年ほど前に子牛を大きく産ませようと妊娠末期の栄養要求量でタンパクのみを150%と180%の区(CP以外は充足率100%)を作り、試験してみました。

タンパクを増やすために大豆粕を使ったのですが大失敗。

そりゃそうです、第1胃で急激に大豆粕が発酵する為に親牛の体がついていけませんでした。。。

牛には胃が4つあって1番目の胃がほとんどの面積を占めます。

ちなみに人間のような胃酸の出る胃は第4胃で1~3胃は食道が変化してできたものです。

牛の場合メインになるのは第1胃。

ここには沢山の微生物が棲んでいます。

焼肉では1胃が「ミノ」2胃が「ハチノス」3胃が「センマイ」4胃が「赤センマイ」もしくは「ギアラ」と呼ばれていますよね。

この微生物が草の繊維を分解してくれるんです。

牛が草を食べられるのは微生物のおかげなんですね。

牛たちは基本的にこの微生物が分解した栄養素や微生物自体を栄養として生きています。

しかしこの微生物は周りの環境の変化に弱く、すぐに死んでしまうんです。

たとえば餌の種類を急に変えると胃の中でつくられる有機酸の量や種類が変わり、今までいた微生物が棲めない環境になってしまいます。

そうなってしまうと元に戻るまで3週間近くもかかってしまうんです。

だから牛は実はすごくデリケートな動物なんですね。

じゃあ胃で分解されなきゃいいんじゃない?と次に僕が目をつけたのがバイパスタンパク(加熱加糖処理大豆油粕)でした。

(②へつづきます)

d0099005_1545366.jpg


にほんブログ村 企業ブログ 農業・林業・水産業へ
↑ブログランキングに参加中。
現在、農林水産業で1位です!
かなり励みになっています。ありがとうございます!!
1日1回、ちょこんと押していただけるとうれしいです!
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2010-01-17 15:40 |
ただいまレポート【生まれました】
あっという間に生まれました!

予定日より9日早かったですが、まずまずの大きさです。

さて、気になる性別は..


はい、雄でしたー!

外れてたら恥ずかしかったですが、当たって一安心です。

つま先で性別を当てる方法は、「なんとなく」です(笑)

でも、結構当たりますよ!

にほんブログ村 企業ブログ 農業・林業・水産業へ
↑ブログランキングに参加中。
現在、農林水産業で1位です!
かなり励みになっています。ありがとうございます!!
1日1回、ちょこんと押していただけるとうれしいです!
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2010-01-16 22:05
ただいまレポート【今日もお産】
ここのとこお産ラッシュです。

今も破水があり、脚が見えてきています。

どうしてもこの時期は牛舎にこもりがちになりますね。

まだつま先しか見えませんが雄のような気がします。

はたして?

にほんブログ村 企業ブログ 農業・林業・水産業へ
↑ブログランキングに参加中。
現在、農林水産業で1位です!
かなり励みになっています。ありがとうございます!!
1日1回、ちょこんと押していただけるとうれしいです!
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2010-01-16 21:44
"Fallen Leaves" Skin
by Animal Skin
| ページトップ |