<   2010年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
摩亜爺さん
先日見学に行った『わはは牧場』さん。
自家製ベーコンや焼き豚、鴨肉等を道の駅で販売されていますが、神戸の中国料理店にも卸しておられます。
王子動物園の目の前にある『摩亜爺』さん。
かなりユニークなお店ということで以前から気になっていました。

その摩亜爺さんを今回ご紹介いただくことができ、早速妻と一緒にお肉を持って神戸へ。
神戸までは片道3時間。
道中は自分たちが今後何を目指すのか、どんな生活を求めているのか、みっちり話しながら移動です。
普段はお互い仕事と育児で時間をとって話すことがないので移動中は大事な時間。

さて、摩亜爺さんに到着です。
雰囲気ありますね~。
d0099005_5383336.jpg


まだ営業時間だったのでもうひとつの大きな目的でもあった昼食をとることに(笑)
摩亜爺さん自家製のわはは豚のベーコンと焼き豚を出していただきました。
(写真が悪くてすいません)
べーコンの美味しさにびっくり!!感動しました。
d0099005_6224862.jpg

そしてなんと、持っていった放牧牛肉で牛肉の黒胡椒炒めを作っていただきました!!
お肉の味がしっかりあって、牛肉を活かしていただいた感じで嬉しかったです。
もちろん味も最高です!
d0099005_6231564.jpg

摩亜爺さんのブログで早速お肉の記事を書いていただいています。『こちら』からどうぞ。

結局、少しだけお邪魔するはずが4時間近くも話し込んでしまいました。。。
食材のことや生産者としての思いなど伝えたい事が山盛りで空回ってしまった部分もありましたが、大切なことをたくさん教えていただけました。

想いのない食材は魅力が薄いですが、想いだけを強調しても重いだけですね。
当たり前ですが食材のみでの魅力をもっと自分で掘り起こさないといけない。

そして人間関係というのは一朝一夕でつくるのもではなく、やっぱり一生付き合う覚悟だなと気づけた1日でした。


後日、早速我が家でも放牧牛肉で妻が黒胡椒炒めに挑戦。
プロの味とは異なれど美味しかったです!!!
d0099005_761133.jpg


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

昨日牛飼いの皆さんから頂いた署名を宮崎農協に届けてきました。
また、口蹄疫問題で今できることについてもブログに書いています。
こちら』をご覧くださいね。
ブログの転記も大歓迎です!
ソングレターアーティストの安達充さんアエルクラブの渡邊さん、詩人のMさんがブログやmixiでブログで紹介してくださいました。
いつも見ていただきありがとうございます!!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Twitterでもちょこちょこ呟いています。
たまに覗いてくださいね~。
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2010-05-27 07:06
わはは豚
先日、いつも仲良くさせていただいている『わはは牧場』さんが豚を解体するというので勉強に行ってきました。

ついこの間に会ったばかりの豚さんが
d0099005_2241164.jpg

枝肉になって再会です。
d0099005_22433597.jpg

わはは牧場の上垣さんはご自身で解体されているのですが、捌き方は我流。
でも、かなり慣れたご様子。
足のかたまりがどんどん精肉になっていきます。
奥さんとのコンビネーションも最高。
お肉はやっぱり何度見ていて面白いです!

少しでも解体を覚えようとビデオを撮ってきたのですが、なんだか見るポイントがよくわかりません・・・・
やっぱり数をこなさないとわからないんだろうな。
d0099005_22502759.jpg


上垣さんを見ていると自分の動きがいかに鈍いかがわかります。
『お肉の販売までしたい』と思っても精肉業は全くの専門外なのでつい躊躇します。
「施設がない」「資格がない」「設備投資の資金がない」「解体の技術がない」「知識がない」「販売先がない」
だから『今すぐは』出来ない。。。。なんて思っちゃうんです。
でも、この『今すぐは』と言うのが実は都合のいい言葉で、気づけば先延ばしを正当化しているんですね。

確かにないものだらけです。
でも、上垣さんを見ていると「そんなの関係ないやん」「やってみたらいいやん」というシンプルで純粋ななパワーを感じます。

準備は大切。
でも、どこまでやっても完璧なんてない。
だからやっぱり「うまくいきそう」よりも「やりたい」って気持ち。
その思いがあれば進む。
そんなことを再確認させていただきました。

そういえば僕が新規就農を本気で決意した時は「やりたい」っていう思いしかなかったな・・・・
「ないから出来ない」んじゃなくて、「ないけどやる」って思っていた。
この9年でだいぶぬるくなっちゃったかなぁ。
でも、それも成長。
いまからペースを上げればいい。
楽しみです。


わはは牧場の豚肉は養父市の道の駅『但馬蔵』で無添加ベーコン、焼き豚として販売中です!!
かなり数に限りがあるので近くに寄られた方はぜひどうぞ~。
d0099005_2362477.jpg



口蹄疫撲滅と被害農家の応援をよろしくお願いします。
詳しくは『こちら』へ。
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2010-05-24 23:21
口蹄疫~何か出来ることはないか~
口蹄疫がおさまりません。

この1ヶ月間、何か出来ないだろうかと一人で悶々としていました。
宮崎の生産者さんの話を聞くたびに、毎日胸が張り裂けそうです。

しかし、自分に何が出来るのかわからない。
必死で戦っている畜産農家や関係機関に「頑張ってください」としか言えない現状。

ここ数日は「口蹄疫の事で何も役にたてない」と、普通に牛飼いをしているというだけで罪悪感を感じたり、よくわからない政治がらみや過剰に不安を煽る口蹄疫関連情報に振り回されていました。

でも、そんな中で宮崎の牛飼いさんはひたすら全力で自分の仕事をされている。
だから僕もただ全力で自分の仕事をする。
そして宮崎の底力を信じる。

その上で、少しでも支援できることしたい。

【今できること】

①宮崎牛&宮崎豚で焼肉しよう!

絆メッセージを書いて応援しよう!
宮崎日日新聞社が口蹄疫に関するメッセージを毎日アップしています。
畜産農家や関係機関への応援メッセージをぜひお願いします!!
http://www.the-miyanichi.co.jp/special/kouteieki/bbs.php

署名を書こう!
口蹄疫で被害を受けた畜産農家が経営を再開できるよう、JAグループ宮崎が国に全面的な支援を求める署名運動を始めました。
集まった署名は、鳩山由紀夫首相と赤松広隆農相に提出されます。
署名はファックスで受付しています。
問い合わせ、送り先は、「JA宮崎中央会 JA宮崎県畜産防疫対策本部」
     電話:0985-31-2038 / FAX:0985-31-5753
※署名様式は『こちら』のページからダウンロードしてください。
http://group.ja-miyazaki.jp/fmd/

ステッカーで応援しよう!
ラブラッピングというスッテッカーを購入するとその売り上げが口蹄疫の支援基金となります。
http://lovewrapping.com/

⑤募金しよう!
●Yahoo!よりインターネット経由募金ができるそうです。
活動もとは中央共同募金会。
集まった募金は宮崎県共同募金会へ送金されたのち、県、宮崎県共同募金会及び関係機関で構成される義援金配分委員会において決定し、市町村を経由して口蹄疫により被害を受けられた畜産農家に配分されるそうです。
なお募金にはYahoo!JAPANのIDとYahoo!ウォレットの登録が必要となります。
詳細はこちら →http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/341007/

●「川南町口蹄疫対策支援金
 この支援金は、川南町内において口蹄疫で直接、あるいは間接的に被害を受けた農家に対して助成することを目的として行うものです(川南町HPより)。
 ・「川南町口蹄疫対策支援金」の詳細ページ
 ・川南町「ふるさと納税制度」もご利用できるそうです。
 ★お問い合わせは、川南町役場 総務課((電)0983-27-8001)へ

「都農町口蹄疫被害義援金」 
都農町では、口蹄疫の発生により影響を受けた畜産農家に対する支援を行うため、「都農町口蹄疫被害義援金」を下記により募集します(都農町HPより)。
 → → 「都農町役場の募金窓口」のページ

「高鍋町口蹄疫対策義援金」
 高鍋町では、口蹄疫の発生により影響を受けた畜産農家に対して、支援をいただける「高鍋町口蹄疫対策義援金」の受付をしています(高鍋町HPより)。
 詳細はこちらから→ → 「高鍋町口蹄疫対策義援金について」のページ

「宮崎県口蹄疫被害義援金」
口座振込みによる募金も開始されました!
口蹄疫防疫活動により影響を受けた畜産農家に対する支援を行うための義援金を県が募集されています。義援金の配分については、県、社会福祉法人宮崎県共同募金会及び関係機関で構成される義援金配分委員会において決定し、市町村を経由して口蹄疫により被害を受けられた畜産農家に配分されるそうです。
詳細は宮崎県庁ページ「口蹄疫被害に対する義援金を募集します」をご覧ください。

「全国畜産縦断いきいきネットワーク」
 宮崎県の口蹄疫にかかる罹災農家への支援金の募集をされています。
詳細は、いきいきネットワークブログをご確認ください。
締切はH22年5月31日。
募金の引き渡し先は宮崎県畜産協会となります。

「ふるさと宮崎応援寄付金」
 使い道の項目に「口蹄疫」に関するものが無いので"その他"を選択し、内容に「口蹄疫対策」と記入してください。
通常の寄付金は1件5000円以上からとなっていますが、口蹄疫対策寄付金は1件5000円以下からも受付があるそうです。
主な使い道は、消毒や家畜の殺処分、国産稲わらの利用促進など(5/13農業新聞より)。
その他の詳細は「ふるさと宮崎応援寄付金」サイトをご確認ください。

●「JAグループ宮崎思いやり募金」
<<5/12(水)農業新聞1面「融資枠30億円新設」より抜粋した内容です>>
 口蹄疫災害義援金は17日から呼び掛けを始め、第1次として6月30日まで行なう。対象者はJAグループ役職員らで1口100円以上。送金先は宮崎県信連本所、
普通預金0826464、口座名「JAグループ宮崎思いやり募金」。

「まちづくりトロントロン川南町商工会 口蹄疫被害支援」
 直接、間接的に被害を受けている町内農家の支援、売り上げが大きく落ち込んでいる小売業や飲食業、農業関係の事業所を支えるのを目的とした募金(宮崎日日新聞社ページより)。
送金方法・口座など詳細につきましては「川南町商工会」サイトをご覧ください。

⑥正確な情報を知ろう!
農林水産省プレスリリース
●宮崎県知事ブログtwitter
MRTニュース
口蹄疫をわかりやすく解説してあるHP
食の安全情報blog
シェパード家畜診療所
●宮崎県の山崎畜産の「べぶろぐ


どうか御協力よろしくお願いいたします。

頑張れ!!宮崎の畜産!!!!
守ろう!!日本の農業!!!!

d0099005_1473444.jpg

[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2010-05-23 01:39
宮崎牛ステーキ
昨日の晩御飯。
ステーキ!!!
久しぶりに食べました。

お肉は宮崎の尾崎牛です。
ロース(霜降り)とランプ(赤身)を1枚ずつ。
d0099005_8171343.jpg
d0099005_8221114.jpg


同じ尾崎牛でも全く全く違いますね~。

やはり牛肉は美味しいです。
ちなみに僕は赤身派。
お肉を食べると知らないことや発見がいっぱいで楽しいです。

いま、宮崎は口蹄疫で大変な状況です。
口蹄疫とは牛や豚など偶蹄目の病気で、発症すると感染力が非常に強いのが特徴です。
感染した家畜は死亡するわけではないのですが、病気の拡散を防ぐために発生した農場の家畜は全頭殺処分されます。

口蹄疫は人間では発症しません。
また、口蹄疫に感染した牛肉は市場出荷されません。
万が一(ありえないけれど)口蹄疫に感染した牛肉を食べても問題はありません。
安心して宮崎産牛肉&豚肉を食べてください。

現在口蹄疫は56例目まで出ています。
現場では畜産農家、獣医師、関係機関が連日徹夜で防疫をしてくれています。
宮崎で口蹄疫がとどまっているのは日本の畜産を守らなければという関係者の必死の防疫体制のおかげです。

その一方で手塩にかけて育てた牛をすべて殺処分しなければいけない気持ち、いつ終息するのかもわからず不安と闘いながら必死で防疫されている農家や仕事のない削蹄師、授精師の方のことを考えると本当に心苦しいです。
他人事ではありません。

そんな口蹄疫の最中、宮崎の尾崎畜産さんからご連絡をいただきました。
僕が放牧牛肉の部位ごとの価格設定に悩んでいたとき、ほとんど面識がないにもかかわらず声をかけていただいたんです。

「口蹄疫で大変な時期なのに相談に乗っていただき申し訳ありません」って言ったら

「同じ牛飼いやろ。ええんだ。」と逆に応援していただきました。

何もできない自分が非常に歯がゆいです。

でも、今できることをするしかない。
まずはきっちり防疫します。

頑張れ宮崎の畜産!!
頑張ろう日本の畜産!!!
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2010-05-10 09:10 |
放牧経産牛のバーベキュー
今日はバーベキューの日でした。

我が家からは放牧経産牛肉を持参。
いや~、すごい楽しい集まりでした。

仲間内でのバーベキューのはずが、あっという間に40人弱の参加者に!!!!

では、本日のバーベキューメニューです。
地元但馬の仲間がそれぞれ自慢の品を持ってきました。
【肉】
・但馬牛放牧経産牛肉
・出石の中嶋さんのEM菌を与えた豊熟豚
・神鍋の山で捕れたイノシシ
【魚】
・香住のハタハタ
・神鍋のニジマス
【ワサビ】
・300年の歴史を持つ北村ワサビ
【調味料】
・竹野の醤油蔵『花房』さんの国産原料だけで作った醤油・ポン酢・焼き肉のたれ・ジュノベーゼ
【炭】
・美味しんぼにも出た神鍋白炭工房の田沼さんの白炭
【豆腐】
・神鍋の蘇武の里の豆腐
【ごはん】
わはは牧場さんの合鴨米の釜戸ごはん&梅干し

・・・・・だけじゃなく

大阪や京都や岡山からも参加者がいっぱい!!

・大阪からは自家製天然酵母&国産小麦パンで超人気のcocoroさんが大量のパンを。
・「たすきがけ事業所」の宮内さんから近海の海鮮盛り。
まだまだ!
・岸和田の有機JASの野菜たち。
30年近くも地域全体で有機栽培に取り組んでおられるようで、キャベツがめちゃくちゃうまい。
国産無農薬レモン、アスパラ、原木シイタケ、どぶろく・・・・・・

挙句の果てには途中で山に筍を取りに行って焼いて食べたり、食べ物が足りない時は鶏を2羽ほど絞めて食べようとか・・・・
さすがに量が多すぎて鶏まで行けませんでしたが・・・
とにかく盛りだくさんでした。

でも僕は肉を焼いていたのであんまし食べてない!!!!

でも、でも、でも、自分の育てた牛のお肉をみんなに食べてもらえること。
それを目の前で見られること。
みんなが本当によろこんでくれたこと。

何事にもかえがたい価値。

d0099005_165783.jpg

  (北村ワサビさんと放牧経産牛肉のコラボ)

d0099005_191163.jpg

d0099005_195399.jpg

  (咲も満喫中です!)

あと、『農活 はじめる!my農業スタイル』の著者の小豆さんとの再会も。
小豆さんがお肉を食べながら「田中さんと会ってからは牛肉を食べる時に牛のことを想うようになった」といってくれたことも本当にうれしかったです。

d0099005_1122559.jpg


どんどん地元で大好きな仲間が増えていくな。
僕ももっと頑張ろう。


それにしてもこういった企画をしてくれる豊岡のNさん。
いつも凄すぎです。
素敵です!
ありがとうございます!!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
twitterを始めました。
日々『こちら』でもつぶやいています。
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2010-05-10 01:19 | 日記
放牧スタート
ご無沙汰です。
4月もあっという間に過ぎ、5月も中盤に入りました。
1日1日が早いですね。
僕はと言えば、早すぎる日々に焦らずマイペースに過ごしています(笑)

4月は削蹄がみっちり。
牛のツメばかり切っていました。

GWに入ると削蹄も落ち着き、いよいよ放牧の準備。
5日には万全の体制で今年の放牧をスタート。
すごくいい感じです。

それに伴い、今年は放経産牛肉を本格的に販売していきます。
お肉の販売は秋以降です。
少し先のことになりますが、随時情報を上げていきますので楽しみにしておいてくださいね!!

僕の住む美方郡という地域は降雪量が多く冬は放牧できません。
放牧は昔ながらの夏山冬里方式です。
これがまた良いんです!

365日放牧じゃないから、春が来て初めて牛を出すとき、毎年ものすごくワクワクします。
山で飛び跳ねる牛たちを見てめちゃくちゃ幸せな気持ちになります。

僕が放牧牛肉に取り組む動機は色々あります。
忘れられない過去のつらい体験もベースになっています。
でも、毎年初めて山に牛を出すときの感覚。
何とも言えないワクワク感。
これが僕を動かしている。そんな気がしています。

d0099005_21232569.jpg

twitterを始めました。
こちらで日々つぶやいています。
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2010-05-09 21:26 |
"Fallen Leaves" Skin
by Animal Skin
| ページトップ |