<   2010年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
10月の牛市
昨日は10月の牛市でした。

雌 168頭 最高1,059,450円 最低126,000円 平均504,156円
去勢 227頭 最高833,700円 最低234,150円 平均492,135円
雄 1頭 1,685,250円

我が家からは去勢6頭と雌2頭の計8頭を出荷。
久しぶりに去勢の平均が60万円を超えました~。
いつも高値でご購買いただき本当にありがとうございます!

しかし全く浮かれてはいません。
やることは山積み、課題もいっぱいです。

我が家にはまだまだ10産以上子牛を産んだ母牛がたくさんいます。
10産を超えた母牛の子は同じ血統で同じ発育でも15万円は価格が下がってしまいます。

なぜこんなに価格差が出るかというと、高齢の母牛の子は霜降りが入りにくいといわれているからなんです。
神戸ビーフの基準の1つに霜降りのランクがあるのですが、基準値以下で神戸ビーフとならなかった場合は牛肉の単価が一気に下がってしまい子牛価格にもそれが反映されます。
近年、上物とすそ物の価格差が非常に顕著になってきました。
そのため牛の更新が急務なのです。

ただ、そうは言っても長年一緒にいたお母さん牛を次々更新していくのは寂しいです。
結局はいつかは牛肉となるのですが、このお母さん牛をどういった形で送り出すのがいいのか。
誰にどう喜んでもらうことができるのか、、、

その一つの答えとして放牧経産牛肉の販売をこの冬から開始します。
一気に価値が下がってきた高齢の経産牛ですが、牛としても牛肉としてもまだまだ活躍する場があると思っています。

それはそうと、雌子牛を1頭購入してきました。
名前は「ともこ」ちゃん。
丸富土井×照長土井×谷福土井です。(福広土井の系統)
ずーっと寂しいらしく夜中も叫んでいます・・・
でも近づくと寄ってきます(笑)
これからずっとよろしくね~。
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2010-10-14 23:54 | 牛市
"Fallen Leaves" Skin
by Animal Skin
| ページトップ |