<   2011年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
まずはプロに
おはようございます。
今日は神戸市西区に削蹄に向かっています。

削蹄は牛の蹄を切って牛の健康をサポートする仕事。
ネイルアーティストと言うよりはオーダーメイドの靴屋さん&整体師といった感じです。

僕らの削蹄のやり方は枠場に牛を入れてロープで脚を固定するスタンダードな方法ではなく、人が牛の脚を持ち上げて鎌で切るやり方。

そのため様々な技術が必要です。

鎌や鉈を使うので無理に牛の脚を上げたり、無理な体勢で鎌を使うと人も牛も大怪我することになります。

しかし、技術を上げていくとこれが一番牛に負担をかけないやり方なんです!

そうは言っても難しい。。。

何度も目で見て、聞いて、怒られて、それでもなかなか上手くなりません。

「言われたことは分かっているんだ!」と思っていても、いざやると出来ない。。。

なんども指を切ったり、過削して牛に出血させたり、牛に潰されたり、怒鳴られてたりしながら少しずつ体で覚えてきました。

親方に弟子入りして今で5年目。
まだまだです。

でも分かってきたこともあります。
体で覚えたものが自分のものだってこと。


『知る、分かる、行う、出来る、分かち合う。』

よく人から聞いただけで自分のもののように話しちゃう事がある。
だけど、それは錯覚。

知ると分かるは違う。
分かると行うは別次元。
行ったらできるもんでもない。
でも、行うことからしか出来るようにならない。
その上でようやく分かち合う段階に。。。

何でも分かちあえるってのは素晴らしい。
だけど本当は自分のものになってからなんだろな。

まずはプロに。


頑張らなきゃ。
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2011-02-28 07:11
但馬地域農業活性化セミナー
但馬地域農業活性化セミナーで事例発表をしてきました。

d0099005_094645.jpg


発表時間が15分とすごく短い中、ただ淡々と事例発表しても面白くない。
若い人が多く参加すると聞いたもので、カッコ悪いところと見てもらおうと急遽当日に内容を変更して挑みました!!

し、しかし、会場は御歴々の方々ばかり・・・
「あらららら」と思いましたがもう変更は聞かず、そのまま突っ走ってきました。

内容は・・・・
・一般的に畜産の新規就農で成功しているイメージを持たれているようだけれど、すげー借金があるってこと。
・牛をたくさん死なせたり、自暴自棄になっていたこと。
・見通しが甘すぎたことや経営をなめていたこと。
・現金は全然かったこと。
・体がボロボロになったこと。
・そして、4年前にようやく自分の方向性を見つけたこと。だけど問題は山のようにあること。

もちろんそれだけじゃなくって、自分の夢や今やっていることも織り交ぜたんですが、本当はもっともっとお金の話をしたかったんです。
生々しい話を。。。
でも、この会の目的が『若い農家の夢に挑む姿』を見ることなのでそこまで突っ込めませんでした(笑)

今までは夢や理想や理念を強調してきたけれど、もっともっと生々しい話ってのは当然いっぱいある。
それは愚痴のような後ろ向きなものじゃなくって現実そのものなんだよね。
それらが全部繋がって進むから面白い!!

僕の周りにはなんでも受け入れてくれる優しい方が多い。
ついついその居心地の良さに酔ってしまうことがある。
でも、酔っちゃだめ。
それは好意をただで貪っているだけだから。
進まなきゃいけない。

心は熱く、頭はクールに。
ロマンとソロバン。
バランス良くいきたいです!!!
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2011-02-19 00:58
放牧敬産牛肉~お客様の声~④~
【神奈川県30代女性(なみふくよし切り落とし、きそひめつる4ミンチご購入)】

昨晩、お電話のあとすぐに、
2頭のお肉と、「うしうし新聞」無事に届きました。
わざわざありがとうございました。

早速、頂いた「なみふくよし」をハンバーグに、
「きそひめつる4」で、主人の大好きなそぼろお弁当を作らせて頂きました。

旦那さんと実家の父、母、兄に持って行きました。
おかげさまで、付加価値のある、ストーリーのある、
素敵なバレンタインデーになりました。

2頭の生前のエピソードを読んでからお料理したので、
ハンバーグ用に「なみふくよし」の切り落としのお肉を小さくしている時は、
「あんたはシャイで、なでてもらうのを待っていたんだよね。
会いたかったよ~・・ありがとう。」

「きそひめつる」を炒めている時は、ひき肉の一粒一粒がいとおしく
「リーダーシップをとるのは大変だったでしょう。勇気があったね。みんなのためにありがとう。」

二人とも、放牧もがんばったんだね、一生懸命に生きたんだね。
本当にありがとう・・と感謝の気持ちでいっぱいでした。

旦那さんの感想は「お世辞じゃなくておいしい。」でした。
切り落としには確かにスジもありますが、そのスジ一本一本から”生”を感じました。
すべての細胞が、2頭の牛を形作り、一生懸命生きて、そして私達を生かしてくれているのですね。
本当にありがたいと思いながらいただきました。

そぼろには、主人の出身の高知産のしょうがを入れて、
お肉は、牛さんと一馬さん初め、ご家族に感謝しながら、
昨年12月に急逝した大好きな祖父の葬儀の時に初めて新潟で出会った
「アイスプラント」という不思議なお野菜と共に、
大好きな、大切な人達を想いながら幸せな夕食を頂きました。

我が家も早く子どもを授かりたいと思います。
子どもには、一馬さんのところのお肉以外食べさせたくないと思ってしまいました。
(牛は健康だし、子どものあごも丈夫になりそうです(笑))

一馬さんも奥様も、たくさんの壁を乗り越え続けておられる事と思います。
なにもできませんが、一馬さんのされていることは、本当に尊いとおもいます。

事業とは、生き方だと思います。だからこそ悩まれる事も多いかとおもいますが、
一馬さんらしい生き方をどうか貫いてくださいね。

d0099005_3403323.jpg


♉♉♉♉♉♉♉♉♉♉♉♉♉♉♉♉♉♉♉♉
ありがとうございます!!
本当に嬉しいです!!!
嫁さんは頂いた感想を読みながらウルッときていました。。。
こう言ったご意見一つ一つが宝物です!!
頑張るぞー!!!!!


放牧経産牛肉は『こちら』からご購入いただけます。
なみふくよしバーグ」もお勧めです!!
いつも読んでいただきありがとうございます。
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2011-02-15 03:54 | 放牧牛肉
放牧敬産牛肉「なみふよしバーグ」
昨年の12月に「我が家の牛たちを食卓にを届けよう!」と放牧敬産牛肉の販売を開始しました。
広告なし、宣伝はこのブログだけ。
何もかもが手探りの中、おかげさまで「なみふくよし」は焼き肉用、ミンチともに完売!
今あるなみふくよしのお肉は『切り落とし』のみとなりました!!
d0099005_21312385.jpg

「でも~、切り落としって豚肉なら使いやすいんだけど牛肉はねぇ~」
って思っていませんか?

確かに牛肉の切り落としってパッと考えても牛丼か炒め物くらいしか浮かびません。
特に放牧敬産牛肉は肉の香りが強く、味が濃い一方で、『硬い』という性質を持っています。
(草だけを食べ、運動してきた牛なので当然と言えば当然なんですが。。。)
お肉を販売するからには硬さを克服するための食べ方や熟成方法も考えて行かなくてはいけません。
でも、この硬さを楽しめたらいいんじゃない?
そんな気持ちも少しありました。
そう考え、何度もお肉の試作を重ねました(妻が)。

そして、これはいいと思ったのが『なみふくよしバーグ』です!!
今までのハンバーグとは全く食感が違い、「お肉を食べている~!」って感じです。
ちょこっと手間がかかりますが、是非お試しください!!!
「とろけるような食感」とは対極の「これぞ肉だ!!」というハンバーグです!!!
d0099005_21365228.jpg

『なみふくよしバーグの作り方』
【材料(4人前)】
・放牧敬産牛肉「なみふくよし」切り落とし 500g
・玉ねぎ 2個
・パン粉
・牛乳
・卵
・塩(少し)
・コショウ(塩より少なめ)

【作り方】
①玉ねぎをみじん切り(又はすりおろし)にし、バターで飴色になるまで炒める。
②切り落としを包丁でたたき、ミンチにしていく。肉の半量は市販のミンチくらいに、もう半量は1㎝くらいの大きさを残したまま肉をたたく。
(筋っぽい所は集中的に切ったりたたいたりします。)
③ボウルに②と塩を入れ、粘り気が出てくるまでこねる。
④③に①と他の材料を入れて、更にこねる。
⑤フライパンに脂をひいて熱し、そこに形を整えた④を入れふたをする。
⑥最初は中火で焼き、色が変わったらひっくり返し、今度は弱火で焼く(ふたもする)
⑦中まで火が通ったら火を止めて肉を取り出す。
⑧そのフライパンに料理酒少々とレモン果汁を入れて熱し、ブクブクしてきたら市販のケチャップとソースを入れて煮詰めデミグラスソースを作る。
⑨盛り付けて完成。
*お肉の食感はがもう少し欲しい時はミンチの割合を減らしてみて下さい。
*⑧の料理酒&レモン果汁はワインでもいいです。

おいしいですよ!!
「なみふくよし」ならではといった感じです。

なみふくよしの切り落としは『こちら』からご購入いただけます!!!!

また試作を重ねてご報告させていただきますね!!!
いつも応援いただき、ありがとうございます。
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2011-02-13 21:59 | 放牧牛肉
日本海新聞に掲載されました
本日の日本海新聞に放牧牛肉のことを掲載していただきました。
d0099005_1317683.jpg


ちなみにこの写真の牛は「夢」と「元気」という去勢牛(但馬牛)。
この子たちは放牧経産牛よりももっとストイックな飼い方をしている牛なんです。
山の放牧場で生まれ、夏は放牧・冬は牛舎で一生を通して穀物を与えず草だけで飼育しています。
お肉になるのは来年。
どんなお肉になるかな~。

*放牧敬産(経産)牛肉は「こちら」からご購入いただけます。
よろしくお願いいたします。
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2011-02-11 13:42 | 放牧牛肉
但馬牛のさと・おじろシンポジウム
「但馬牛のさと・おじろシンポジウム」が同じ香美町の小代区で行われたので行ってきました。

香美町の小代(おじろ)は但馬牛の発祥の地とも言われています。
但馬牛は神戸ビーフや松阪牛のルーツ。
日本の和牛のルーツと言っても言い過ぎではない地区です。
この地で昭和14年に生まれた「田尻」号という雄牛は牛飼いなら必ず知ってる名牛中の名牛。
現在の黒毛和種(和牛)のほとんどに但馬牛の血が入っており、但馬牛のほぼ全てにこの田尻号の血が入っています。
それくらい名牛を生み出してきた地域なんです。(但馬牛は松阪牛や米沢牛など「地域名」がついたブランド牛ではなく、ひとつの牛の品種(系統)だと捉えていただいたほうが但馬牛を理解いただけるかもしれません。)

そんな但馬牛という地域の財産を過疎地域である小代活性化のために観光とをどう結び付けるのかといったシンポジウムでした。
僕自身も牛を通して人を呼び、地域を元気にしたいという思いがあり、参加したわけです。

来られていたメンバーは大学の先生、国が認定した観光カリスマの先生、地元農協で一番牛の現状を知っている先生、神戸ビーフを一番扱っている食肉会社の方、地元畜産農家、地元観光協会などなど。

それぞれがそれぞれの分野で自分の確固たる世界を持っておられ、活躍されている方々。
そうそうたるメンバーです。

しかし、なんだか小代が良くなるイメージができなかったんです。。。
すごくいい話もあるんだけれど、形が見えない。

せっかく来賓の先生たちが来てくださっているのに。。。
何でだろう????

途中で気がついたんですが、地元の方の参加がすごく少ないんです。
主役がいない。。。

いくらいい話があっても、「俺が絶対にやるんだ!!」って引っ張っていく人間がいないと良い話だけで終わってしまう気がします。

もちろん一人ではできないことはたくさんあります。

だけど、「形にする」ってことはものすごいエネルギーがいって、それは「できたらいいね〜」や「手伝うから誰かやってくれないかな〜」っていうエネルギーじゃ全然足りない。

まさに、「俺が絶対やるんだ!!」というようなエネルギーなんだと感じました。

そしてそのエネルギーに反応して周りが一緒になって巻き込み巻き込まれ大きな渦を作る。
そういうもんなんだと感じました。

僕自身「何か提案できて、何か絡めたらいいな」とかそんな気持ちで参加していました。
そんな気持ちで参加すること自体が間違いでした。

自分が本当にやりたいなら、もっと自分で動いて形を作り、綿密に詰めて、
「君を待っていたんだよ!一緒にさせてくれよ!」
と言ってもらえるような準備をして、こういったシンポジウムに参加するべきだった。

もっといえば自分が動くことでこういったシンポジウムを開いていただくくらいの流れでないと、何も進まないな。

自分もこの小代でもっと活動できるんじゃないかなんて、なんかいい話が聞けるんじゃないかって
超依存していました。。。
「棚から牡丹餅」をどこかで期待していた自分が恥ずかしいです。


今日は牛市。

気合い入れなおして子牛達を送り出してきます。
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2011-02-09 07:03
放牧牛と生きる
㈱光洋さんが『放牧牛と生きる』をつくってくれました!!

(携帯電話からは映像が見られないようです。携帯の方は「こちら」からどうぞ)

㈱光洋さんとの出会いは2008年。
当時ドリームプランプレゼンテーションというプレゼン大会に出ていたのですが、大会のDVDを制作編集されていたのが㈱光洋さんでした。
そのDVDの中で特典映像として作っていただいたものが、この『放牧牛と生きる』でした。

プレゼンの大会は2008年12月、DVD販売は翌年の3月ということもあり、取材は真冬。
当然牛はすべて牛舎に帰ってきており、放牧していません。
そのためDVDに入っている『放牧牛と生きる』に放牧している牛の映像はありませんでした。。。

だけど、そんなことが全く気にならないくらい映像の完成度は高く、見ていただいた方からたくさんの応援メッセージをいただきました。
不満などあるはずもない。感謝感謝でした。

でも、㈱光洋さんは「作っておしまい」の関係ではなく、ず~っと気にかけて応援してくれていました。

「一馬ちゃ~ん、絶対放牧している映像を取りに行くから~。」
「完全版を作るから~。」
「咲ちゃんも生まれことだし入れたいね~。」
「応援したいんだよね~。」

この2年間で何度も電話をいただきました。
そして再編集したものを送っていただきました。

再編集と簡単に言いますが、すでにDVDは販売しているので㈱光洋さんとしては再編集する意味はないんです。
それなのにわざわざ時間とお金をかけて埼玉から但馬に牛を撮りに来てくれました。
そして、「後は一馬ちゃんが好きに使ってくれたらいいよ~」って渡してくれました。

本当に色んな方からたくさんの応援をもらって今があります。
でも今の僕は・・・・・全然ダメダメです。
まだ何も返せていない。

もどかしいけれど、今は地道に一歩一歩行くしかない。

受けた恩を忘れず、一生かけて還元していこうと思います。

たけちゃん、なぐもちゃん、ありがとうございます!!!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
放牧敬産牛肉は『こちら』から購入できます。
お肉達もよろしくお願いします!!
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2011-02-06 09:22 |
牛バラスジ丼
神戸の中国料理屋『摩亜爺』さんから放牧敬産牛のバラとスジを調理したものを送っていただきました!!

それをそのまま使って『牛バラスジ丼』の完成です!!!

d0099005_1758984.jpg


下に敷いた小松菜が最高に合います!

美味い~!!!!



ちなみに摩亜爺さんの味の虜である僕と妻は自家製の点心をた~っぷり送っていただき、2日で完食してしまいました。。。。
別格のうまさです!!

・自家製包子(豚まん)5個
・豆沙包(あんまん)5個
・叉焼包(焼豚まんじゅう)5個
・焼売(しゅうまい)6個
・大根もち 1本 (約1,200g)

美味しかったです。
また注文します!!
摩亜爺点心は『こちら』から購入できますよ~。
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2011-02-05 18:07 | 放牧牛肉
ブレーカーに貼っている言葉
4年前、視察先の牛舎に素敵な言葉が貼っていました。

良いことは即導入!
早速メモ帳に書き込み、家に持ち帰りました。

そして今、牛舎のブレーカーに貼って毎日見ています。
d0099005_18163979.jpg


迷ったり、澱んだ時に思い出すとすぐに戻ってこれる言葉。

こうやって毎日目に入ってくるってのが良いね!

ぜひ皆さんの牛舎にも!!


一、牛に優しい心で親身になって携わろう。

一、牛のために何かできないか探そう。

一、牛の事をわかろうと努力しよう。

日々感謝。

誰に食べさせてもらってますか?
牛だよね。
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2011-02-04 18:16
現代農業3月号に掲載していただきました。
農業分野の雑誌では超有名な現代農業さんに掲載していただきました~。
d0099005_23444134.jpg


現代農業は超現場主義の雑誌で、いろんな農家の知恵袋みたいな雑誌です。
畜産の記事は少ないのですが、面白い記事が多くて以前からちょくちょく買っては読んでいました。
そんな大好きな雑誌に載せていただき感謝感謝です!!

今まで色んなメディアで新規就農や放牧牛肉などの「物珍しさ」で取り上げていただくことはありましたが、
今回は珍しく(?)本業の子牛生産の技術話です。

内容は『小さい子牛を大きく育てる「強化哺乳」』

d0099005_2345312.jpg


人口哺乳についての事例を少しだけ書かせていただきました。
一つの事例として読んでいただければありがたいです。

強化哺乳はほかの技術と同様にあくまで一つの技術でしかありません。
牛舎環境や親牛の飼養管理、子牛の衛生管理、血統、畜主の意識など様々な管理が合わさって初めて効果が見えてくるものだと思っています。
それらを含んだうえで強化哺乳は非常に使いやすい技術だと思います。
僕もまだまだ試行錯誤なので記事を読んで興味を持ってくださった方は・・・・・・・
一緒に哺乳方法について考えてください!!
情報交換しながらのほうがよりよい方法が見つけられるって思っています。

個人的にはこの3月号、パン作りの記事がヒットでした(笑)
実は京都の竹下晃朗さん(89)のパン作りに以前からと~っても興味を持っており、詳しく知りたいと思っていたんです。
そしたらカラー口絵で紹介されていてびっくり!!
改めて竹下晃朗さんの探究心というか情熱やエネルギーに刺激を受けました。
ワークショップもされているようなので時間を見つけて是非参加してみたいです。!!

宜しければ是非読んでみてくださいね~。
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2011-02-03 23:59 | 日記
"Fallen Leaves" Skin
by Animal Skin
| ページトップ |