<   2012年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
視座を変える
先日Facebookhttp://www.facebook.com/tanatiku)で、我が家が出している『うしうし新聞』について
d0099005_15391486.jpg
d0099005_15393586.jpg

「今までは自分の伝えたいことばっかりでしたが、伝えたいことよりもお客様が知りたいことを提供しようと思い直しました!!」と書いた。

すると、「視座を変えることができるようになるのは私も一生のテーマです」とコメントをいただいた。

『視座を変える』

改めて考えると
とてもシンプルで奥深いことば。

この前、20年ぶりに手塚治虫の「ブッダ」を読んだ。
この話に中に「チッタ」という少年が出てきて、その子は自分の精神をあらゆる動物に同調(憑依)させることができる。

例えばおなかがすいた時には虎に憑依し、虎として獲物を狩り、空っぽになった自分の肉体まで持って帰ってくる。
そして再び人間に戻り、自分の食べる分だけ肉をとり、残りは虎に与える。

しかし、チッタが大人になった時、再び動物に憑依しようとしたが出来なくなっていた。。。

以前のチッタは動物たちを仲間だと(生命に人間と動物と言う境界線を敷いていない)思っていた。
しかし、大人になって目の前に現れた象を単なる「敵」として認識してしまったため、憑依(同調)出来なかった。
と、いうエピソード。

このチッタと言う人物が実在したのか、手塚治虫の作りだしたキャラクターなのかはどうでもいい。
ただ、虎の精神に同調(憑依)し、虎として動く。

これも「視座を変える」といえる。
と言うか究極の「視座を変える」だと思っている。

視座を変えるのスタートは想像。

「僕は絶対こう思う!」から
「でも、あの人だったら何考えているのかな?」
「あの人はどう見てているのかな」
っていう想像から始まる。

そしてその究極が僕は「チッタ」だと思っている。

「おいおい、鬱になっておかしくなったか?」と思わないでね。

実際この視座を変えるっていう事はシンプルだ。
「相手の視点になって考える」ってこと。

でも、それが完璧にできる人なんていない。
でも、それが本当に大切なことなんだ。
でも、それが本当に難しいんだ。

僕は牛飼いだ。
牛は話さない。
何を考えているのかなんてわからない。
「想像」するしかない。

牛飼いにとって牛は経済動物だから、『自分の思う通り』に受胎させて、発育させようとする。
でも「自分の思う牛」を育てられる人は、自分の能力(技術や知識)に加え、牛の事を毎日真剣に考えている。
牛のことを毎日真剣に考えると牛の「声」が聞こえる。
それを的確に聞き取り、的確に応える人が「いい牛」を育てるのだと思う。

自分の利益と言う自分視点から、牛を見続けることで初めて見れる「牛」視点。
視座を変えるという愛情。

僕がまだ牛飼いをする前、森脇畜産という牧場で2年間住み込みで研修をさせていただいた。
全国色んな研修先を探したが、なぜ森脇さんのところにお世話になったかというと、
有名な「但馬牛」の産地だから。。。。ではない。

奥さんがとてもいい笑顔で、とても優しそうだったからだ。
(あと、桜がきれいだったから)

「なんじゃそれ!!」って思うかもしれないが、僕はこの時の感覚を信じて正解だったと思っている。

結果的に僕は農業では最も難しいと言われる畜産の新規参入をすることができ、今年で10年経つ。

それ以上に、森脇畜産で見続けた奥さんの牛に対する対応。
それを間近で見続けられたことが大きい。
これが僕の牛飼いの理想になっている。

森脇さんの奥さんは最新の専門知識とかはほとんど知っていない。
外に出て情報収集等もしない。

「なぜ、この時期にこの種類の餌をやっているのですか?」
と聞いても、「良くわからない」という。

でも、親子合わせて160頭近い牛の状態を(当時は個体識別番号の耳標のない時期)全部把握していた。
だから牛のちょっとした変化にもすぐに気がつく。
これは今になっても凄いことだと思う。
10年たって今の自分を見てみるが、とても及ばない。。。
学校の先生だって160人の生徒ひとりひとりの体調を毎日毎日把握できないだろう。

でも、奥さんはそこで働く誰よりも毎日毎日「それぞれ1頭1頭の牛」に近かった。

牛飼いは言葉を話さない牛が相手だからこそ、いかに牛の視座に変えれるかだと思っている。
色んな技術はおまけだ。


全ての生き物は繋がっていて、、、
だからこそ、「視座を変える」ということが必要になってくるのだと思う。

商売でも、牛飼いでも、夫婦関係でも、親子関係でも。すれ違う人でさえ。。。


実体験でもそう感じることがある。

我が家の子牛は100%人工保育で、全ての子牛のミルクを哺乳瓶で与える。
この仕事で一番大変なのが「最初にミルクを飲ます時」だ。
子牛からしてみれば、親と離され不安な上、よくわかんない「人間」が、よくわからないもの(哺乳瓶の乳首)を口に入れてくる。
出てくるミルクはお母さんのとは違う味。。。

「怖い。嫌だ。」
と、思って当然。

最初のミルクを与える時、僕は乳首の種類を変えたり、入れる角度、深さ、顎の固定角度などなど色々その牛にあった方法を探る。
飲む牛は簡単に「スッ」と飲むが、飲まない牛はとことん嫌がる。

僕の視点が自分にある時、それは「ミルクをしっかり飲まして発育の良い子牛を育てたい!そして高く売りたい!」という思いがある。
飲んでくれないと「このままじゃプログラム通りいかない、何で飲んでくれないんだ!」
という焦りも生まれる。

でも、焦れば焦るほど子牛は絶対にミルクを飲まない。
不思議なもんで急いでいる時に限って、いつも飲む牛であっても飲まないもんなんだ。

何百頭の子牛に哺乳してきて僕が分かったこと。

それは、子牛がミルクを飲む瞬間、僕はなにも考えていないっていうことなんだ。

「どうやったら飲んでくれるだろうか?」この問いを何百回毎回毎回牛に問い、
哺乳瓶の乳首を嫌がる牛に「どうしたら、どうしたら、どうしたら、どうしたら・・・」と問い続け、
自分の体を動かし続けているうちに、「フッ」と急に子牛が猛烈にミルクを飲みだす瞬間が来る。

その時に「フッ」と我にかえる。
その瞬間は「子牛を高く売りたいなんて思考は一切ない」
ただただ純粋に子牛が何を求めているのかを感覚で探り、無意識のうちに子牛と同化している。

だから僕はこの最初のミルクを飲ます瞬間が、とても負担だし、一番充実感を感じる。

視座を変えることは、想像することから始まり、どこまで寄り添えるか。
それは、ある程度までは自我で進めるが、結局最終的には愛にいきつくんだと思う。

商売だってそうだ。
お金と商品のやり取りは気持ちと気持ちのやり取りだ。
だからどこまでも行ける。

お肉の販売にしたって「お客さん」を相手にしていない。
去年買っていただいた税理士のOさん。
同じ牛飼いのWさん。
岩手の獣医師Kさん。
主婦のMさん。
ずっと応援してくれているOさん。
鹿児島のMさん。
北海道のYさん。
挙げればきりがないけど、初めてお会いする方や今までからお付き合いがある方色々。
一人一人違う人。
だからお肉に添える手紙にしても一人一人違って当然。
ひとくくりに「お客さん」じゃないんだ。

一人一人が僕との間にエピソードがある。
当たり前のこと。
それが、お金が絡み「お客さん」とまとめると、一気に「変える視座」のイメージがぼやける。

一人一人、1頭1頭。
関わりあっていけばどこまでも進める気がする。

まぁ僕自身、自分がパソコンに触っている時間は大事にして、
嫁さんが楽しそうにパソコン触っていると「おい、早く終われよ~!」って思っちゃう。
小さい男なんで偉そうに言えないんだけど。。。(笑)

でも、どこもでもいけるよ。

視座を変えるはどこまで相手を思えるか。

簡単そうで簡単ではない。
甘えが出る。
近しい人に程、依存心が顔を出す。

だけど、本当に大事なことなんだ。
ちょっと掴みかけてきた。

同じ間違いをおかすかもしれないけど、僕も一生「視座を変える」ことを意識して生きていこうと思う。

もちろん、自分が基準。
相手も自分が基準。

だからこそなんだ。

d0099005_2138333.jpg

[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2012-02-15 16:35
命ってなんなんだろう?
生きるってどういうことなんだろう?

「思春期か!」って突っ込まないでください(笑)

先日DVDで「おくりびと」を見ました。
改めていい映画だなあと思いました。

僕らは牛を飼ってきて、たくさんの死に出会った。
それ以上に、たくさんの誕生にも出会った。

我が家では99%人工授精(1%は受精卵移植)で子牛を産ませます。
自分が飼っている母牛に、その時代にあった「雄牛の種」を、つける。

受精卵にしても精子にしても顕微鏡で見えるくらいの大きさです。
そこからは牛の姿なんて想像もつかない。

でも、種付けをするときは生まれてくる牛の姿を想像して種を選ぶ。
生まれるまでの母体内でのプロセス、命の意味など、深いことは考えない。
考えてもきりがないから、ただ時代にあった種をつける。
そして子牛を「産ませる」

元気な子牛を「産ませる」為に、母牛の管理が重要になる。
定期的なビタミンの給与、運動できるスペースがある時は運動、削蹄。
蚊が運んでくる子牛に奇形をもたらすウイルスに対する異常産ワクチンや
自然界にいる寄生虫による弊害をなくすための駆虫。
ストレスの軽減、環境の改善、餌の管理。
特に分娩2か月前の餌の管理は子牛の体が大きくなる時期なのでタンパクを多めに与える。
子牛が生みやすい産室を作り、逆子などがないか確認し、分娩の経過を見守る。
時には助産する。
そして子牛を「産ませる」

深くは考えない。

でも、あの【小さなまん丸の牛の形なんて全然していない受精卵】から【自分で立ちあがる子牛】として出てくるまでの過程を、本当に僕らが行っているんだろうか?

人工授精すると決めるのも、つける種を決めるのも、母牛として残すと決めるのも自分。
だからつい「産ませる」なんて言ってしまう。

別に命を軽んじてるわけじゃない、言っちゃ悪いが一般の人が思っている以上に牛飼いは牛が好きだ。
好きだから大事に飼うし、大事に飼うからいい牛になるし、いい牛になるからお金も入る。
機械的に生産してるように見えるかもしれないけど。
みんな牛が好き。

僕らはよく「産ませる」と表現するが、「産ませる」いうよりは「産んでくれる母牛をサポートする」という方が自分の仕事内容としては適切な表現だなと思う。

だって受精卵を、30キロ近い子牛にまで、母牛の力なしに育て上げる自信は僕には全くない。

母の力はすごい!!

ただ、僕は母牛の力の他に、命の誕生にはもっと大きな『意思』みたいなものを感じる。
「生きたい!」っていう意思。
意識ではなくって意思。

妄想かもしれないけど、おなかの中の受精卵からの、あの成長や変化は「意思」なしにはありえないって。。。。

あんまし書くと変な人に思われそうだ。十分自覚してるけど。。。(笑)


先日、ドラえもんの「のびたの日本誕生」というDVDを見た。
ドラえもんが7億年前の日本に行き
「ここには友達が少ないからペットを作ろうと思う。この卵につくりたい動物の注射を入れれば簡単に作れるから、のびた君でもできるよ。」と言った。
のびた君は卵に馬と白鳥のアンプルを注入してペガサスを作ったりするんだけど、ドラえもんが様子を見に来て慌てて隠すんだ。
そしてドラえもんは「のびた君、まだペット作ってないの?簡単にできるんだから早くしてよね!あ、あとこの餌を食べさせたら食べさせた分だけ大きくなるから。」と言って帰っちゃう。

まあ、ドラえもんの道具に突っ込みを入れる気はないんだけど、
「命を簡単に作る道具」これにものすごく違和感を感じた。


考えれば考えるほど命っていうのはわけわからん。


僕も元々は、まん丸な顕微鏡で見なきゃわかんないような受精卵。

だったんだよな?

全然覚えていないや。

今は僕の意思で生きていると思っているけど、受精卵の時に僕も意思が当たんだろうか?
脳もまだない時。
でも、何億、何兆という生物がおんなじように生まれてくる。
当たり前のように。

1年弱で牛も人も受精卵から人として、牛として生まれてくる。
驚異的な成長スピードだ。
たった10ヶ月で!!

そして何故か、例外なくみんな死ぬ。

生きている時間の体の変化はゆっくりだが、死んだ瞬間からの経過は驚くほど早い。

夏場に牛が死ぬと半日もしないうちに死臭がする。
死後硬直し、塊になる。
夏場であっても体は冷たく感じる。

死ぬのがわかっている牛も、生きている時は温かい。
牛の匂いがする。

余談だが、屠畜して枝肉になった牛は、お肉というか脂と言うか食品としての香りがする。
死臭なんて全くない。
だから、職人さんたちの技で、あっという間に解体され枝肉にされるのを見て、
『牛は死ぬけれど肉として生きている』といった感じがする。


受精卵からの神がかった成長スピード。
生まれ出てからのの時間のゆったりとした流れ方。
そして死んでからの異常なスピードの速さ。

生命の誕生が単なる偶然とは僕には思えない。
生きているってことはどこに向かうんだろう。。。

まあ、こんなことはブッダに任せて、僕はここらで止めて、それ以上深く考えはしない。
考えすぎても答えなんかその都度変わるから。


ただ、動いているってこと、生きているってことは綺麗だなあって思うようになった。

僕はお肉を販売する時に、牛のプロフィールを載せる。
これはお肉の付加価値としてつけているわけじゃなく、「いただきます」という道徳的なことを強要したいわけでもない。

僕だって死ぬ。
200年もしたら誰も僕のことなんて知らない。
子孫であっても。
そんなもんだ。

でも僕がいたことは事実で、それは見えなくれも絶対に残る。
それでいい。

200年後の子孫なんてイメージできない。
イメージできないから「大切にしたい!」っていう思うも強くはない。

でも、今、この瞬間に一緒に生きてて、関わりを持った人や牛はリアルだ。
これがリアル。今、僕の生きている瞬間のリアル。

だから大事にしたい。
お客さん一人一人。
友達一人一人。
我が家の牛1頭1頭。
家族ひとりひとり。。。

大事なんだ全部。

だから自分の牛がどこでどうなったのか知りたいし、
買っていただいた方ともつながりたいし、
喜んでもらいたいし、
食べる牛のことも知ってもらいたい。

『命は大事!!感謝しようぜ!!』を伝えたいんじゃない。

あなたが僕にとって大切な人、この子は僕にとって大事な牛。

それをお肉販売という形で伝えているんだ。

「ふくさと」は僕の大事な牛。
「としこ」は妻の一番好きだった牛。

今、何のために生きて、命はどこに向かうのか。
そんなことはその都度、考えたいときに考えてりゃいい。

リアルとは「今」。
大事なことを大事にしたい。

それが自分を大事にするってことだと思う。

それが命を大事にするってことだと今は思う。

「いただきます!」「命に感謝!!」という言葉は僕にはまだ上手く使いこなせないや。


大事に思うこと、それを大事にすること。

それでいいんじゃないって思うこの頃です。

d0099005_12571130.jpg

[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2012-02-09 10:50 | 日記
煙霧消毒
ひさびさに牛ネタ。(牛関係じゃない方には分かりにくくってすいません・・・)

昨年、マイコプラズマがらみの中耳炎が入ってきて、大打撃を受けました。
1カ月の間に1~2カ月齢の子牛を中心に6頭もの牛たちが死んでしまった。。。

50頭規模の経営から言えばこの数字は「信じられない」事態で、
正直何が起こっているのかさえ理解しがたかった。

マイコプラズマは細菌より小さく、ウイルスよりは大きな生き物。
実はマイコ自体はそんなに強烈に悪さをするもんではない。

はずなんだけど。。。

我が家は高価格の牛を生産するのではなく、子牛の価格のばらつきを無くし、全体の平均を上げていくという経営スタイル。
繁殖率の向上や、事故率の低さで地味だけど損を出さない経営を意識してきた。

だから親牛は削蹄、ボディコンディションのチェック、分娩前の増し飼いから駆虫、6種混合でワクチネーションまでやっていた。

子牛は親牛からの初乳給与とは別にヘッドスタート(粉末初乳)で確実に免疫グロブリンを確保。

生後1週齢で代用乳による人口哺乳。
それによって子牛の個体ごとのケアやこぼれを無くす。
自分なりに作り上げた強化哺乳で3か月まで発育が標準以下の子牛なんて出さなかった。

床はもちろん敷きわら(スーダンストロー又はウィート)を毎日変え、敷きわらの下はおがくずのベッドで牛体が濡れないように。
もちろん、下のオガからアンモニアが上がってくるようじゃ意味ないから、毎回しっかり追加していた。

換気にも気をつけているし、投光器による保温や、全頭カーフジャケットを着せることで熱エネルギーのロスを防いでいたはず。

生菌剤も小さいころからやっていて(牛の胃の中は微生物がいてその微生物が草を分解します。生菌剤はその微生物そのものでもあり、微生物同士の関係を安定してサポートする飼料添加物です。)、

1週齢でバイコックスとイベルメクチンで駆虫。


治療による薬、薬、と後追いの手法で無く、予防と子牛の免疫を高めることにお金を使ってきた。



はずだったんだ。。。。



でもずっとないがしろにしていたものがあった。


それは、「消毒」

今までうまくいっていたから、
削蹄で色々回ってても菌なんて持ち込まなかったから、
油断していた。

バイオセキュリティが甘すぎた。

口蹄疫でのあんな惨劇をもう忘れている自分。

それを教えてくれるかのように牛は死んだ。

(あ~、こんなこと書いてたら肺炎持ち農家とかって買いたたかれるんだろな~・・・販売する月齢の牛はピンピンして餌食ってんだけどな。)

でも、そのまま止まっていては何の解決にもならない。

1個ずつ見直して、出来ることを探しました。

獣医さん用の白衣と長靴、ずっと気になってたけど行動してなかった。。。
我が家専用の白衣と長靴を準備することにしました。
治療などの記録をきちんとつけるようになりました(嫁さん頑張ってます!)
家庭内で牛の状態の会話が少しずつ増えてきました。
(意識、状況の完全共有まではまだまだですが1歩です)
哺乳瓶の消毒、乳首を消毒液に浸すようにしました。
飲用水の消毒、色んな牛からの感染を防ぐため、毎日水を変え、消毒しています。
長ぐつを念入りに洗うようになりました。
定期的に消石灰で床の消毒してます。
そして今まではたま~にやっていた「細霧」消毒をやめ、定期的な「煙霧」消毒に切り替えました。

やってきたのがこいつ
d0099005_20351616.jpg

消毒薬を煙状にする機械。
ドイツのロッケトエンジンの技術が応用されているようで、、、ってそんなのはどうでもいい。

煙霧前
d0099005_20463493.jpg


煙霧後
d0099005_2047225.jpg


こんな感じで煙状の粒子が一気に天井まで広がります。
d0099005_20483268.jpg


違う角度から、

煙霧前
d0099005_20491930.jpg

煙霧後
d0099005_20494187.jpg


機械を動かしている時間は15分。
煙霧状態は牛舎を締め切れば1時間は持続しています。

マイコは消毒に弱いのでこれで収まってくれればいいんですが。。

でも、実際やってみて結構効果があるように思います。

秋口にサシバエによるストレスも大きかったので、そこらへんにも期待しています。


鬱になってからの大打撃。
でも、牛は待ってくれない。

僕の状態なんて待っててくれない。
当たり前だけど、当たり前のこと。


命はシビアだと常々感じます。

d0099005_2129149.jpg


この写真の親牛は「みつこ」
昨日元気な子牛を産みました。

みつこは10年前に牛飼いを始めた時からいる創業メンバー。
今はこいつだけになりました。

きっと産児数が多いから、子牛価格は安いんだろけど、特別な牛の1頭。
元気にすくすく育ってほしいです。
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2012-02-05 20:54 |
今は躁、まあ順調ってことで。
鬱と診断されてから、ずいぶんたったような、なんかこの間だったような、そんなこの頃。

初めて通院した時は典型的な鬱症状で、気分が落ち込むというよりは、胸が苦しすぎて、
思考を完全にシャットアウトする⇒無反応になる⇒表情がなくなる⇒結果ずぶずぶと沈んでいく。
そんな感じでした。

でも最近は妻や、家族や、応援してくれる仲間の存在、そして薬のおかげで経過は良好です。

それでもやっぱり完全に元通りというわけにはいかないです。
客観的に見ても『完全に元通り』にはならないと思います。

元通りでは無くても、鬱自体が治るのも時間がかかると自覚しています。
半年か1年か。。。
それがいつかは全然わからないけど「治る」という思いはあるし「すぐには治らない」という認識もあります。

最近は典型的な『躁』状態が続き、仕事も結構こなせるようになってきました。
『躁』は鬱が治る過程で出る症状らしく、やけにハイテンションになったり、猛烈仕事モードに入っちゃったり、逆にとことん落ち込んだりと感情の起伏が激しいのが特徴です。

先日も牛の草を切る押し切りで親指をザックリ、7針縫って、骨まで行きました。。。。

今は抜糸も済み、ブラックジャックになっています(笑)
d0099005_17301632.jpg


削蹄で指を切りまくっているので痛みには馴れているんすが、
こんなふうに躁の時はケアレスミスと言うかポカが多くなります。

自分でも仕事しながらどんどん以前のペースに持っていこうとして、
それに体がついていっていないのを自覚しつつも仕事のスピードを止められないといった自覚があります。

まあ『躁』状態が出てくるのは薬が合っているってことでもあるし、
結局焦らずこのまま1歩1歩しかないわけです。

今日は牛市に出す牛をシャンプーで洗う日でした。
ついでに削蹄もする予定でした。

昨日一昨日と除雪や牛舎作業を以前のようにバリバリできたので、今日もバリバリやろうと思っていました。

でも、できませんでした。。。。

「やらなければいけない」という状況に追いこまれたら急に動けなくなります。
やりたいタイミングでなら、動けるとこまでとことんまでやれるんですが。。。

以前なら追い込まれてからが僕の真骨頂で、
追い込んで追い込んで追い込んで、爆発させて結果を残すタイプだったのにな~。

今は薬で感情の波を上げているのもあるので、「ここでいける!」と思って無理するのが一番あかんのだそうです。

こうやってブログを書くのも「認知療法」といって今の自分の状況を客観的に見れるので鬱の治療には有効なんだって。
だからちょこちょこ書いていこうと思います。

最近の近況はFacebookやtwitterがメインになっちゃって、
ブログのコメントなんかは全部Facebookにくるので、Facebookがメインになっていますが、

やっぱこのブログは終わらせられないなあ。

めっちゃくちゃ愛着ある僕の分身みたいなもんだもん。

なかなかコメント返すとこまでエネルギー貯まってないので失礼ばっかりしてますが、Facebook、twitterとともにブログの方にもコメントいただけたら嬉しいです!

あ~、生きてるなぁ。

d0099005_18143716.jpg

[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2012-02-05 17:34 | 日記
"Fallen Leaves" Skin
by Animal Skin
| ページトップ |