<   2013年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
削蹄の効果
牛は偶蹄類に分類され、その蹄は2つに分かれています。
細かい事言えば後ろに副蹄が2つついているので4つなんですが、どちらにせよ偶数なので偶蹄類。

この主蹄は人間で言えば中指と薬指にあたります。
なので牛は何百キロという体重を指で支えているということになります。
その蹄は環境によって千差万別に伸びます。
当然ですが伸びると体重のバランスが悪くなります。
そのために削蹄をし、牛の体重を均一に分散させてあげる必要があるのです。

そもそも何でわざわざ「指」で立っているんだ!!と思うのですが、ベタ足だと瞬発力が出ないんですよね。
つま先と指でかまえるクラウチングスタートを、オリンピックの100m競争などで見た事があると思います。
同じ原理で、外敵から身を守るために、いかに早くトップスピードに持っていけるか、それを追求した結果が「蹄」だったのでは。と個人的に思っています。

「削蹄の効果」というタイトルですが、正直中々すぐに目に見えるものではありません。
逆に、削蹄をしない事の弊害の方が分かりやすい。
今回は簡単に写真を使ってお伝えできればと思います。

削蹄と言うと「蹄を短くする」というイメージを未だに持たれている農家さんが多いです。
蹄は前と下に伸びて行きます。
つなぎ牛舎などの牛が歩かない環境下では先端は削れず、蹄の先がどんどん伸びて行きます。
コンクリートなどの蹄底が削れる環境下では蹄の裏は摩耗します。
例えばつなぎ牛舎で床にゴムマットを敷くと、牛にとっての快適性が上がりますが、蹄の先も裏も摩耗しないので舟形(バナナ型)に蹄はグングン伸びて行きます。

そんな色んな環境下で、乳牛であったり、子牛であったり、雄牛であったり、肥育牛であったり、肥育でも出荷半年前の牛であったり、とにかく色んなステージや条件でそれぞれの牛に合わせた削蹄があります。

そんな中で結構に目にするのは、「削蹄師に頼むとお金かかるし、伸びた先端だけ切って短くした」というパターンです。
一見上から見れば、長かった蹄が「短く」見えます。
しかしこれだけだと、牛にとってすごく負担が大きいんです。
先端だけとるなら切らない方がまだ良いくらい。

削蹄は「蹄を短くすること」ではなくって、「牛の負担を減らすこと」。
・・・とか言うと「知ったかぶんな!!」と兄弟子のお歴々に怒られそうですが、まあ、そう思っています。

では、実際に見てみましょう。
こちらはつなぎ牛舎での繁殖牛の前脚です。
伸びていますが、蹄の付け根に負担がかかっているのがわかります。
d0099005_1317350.png

これを鉈でたたき落とし、
d0099005_132079.jpg

d0099005_1322695.jpg

d0099005_1325147.jpg

裏を鎌ですいていく(負面を作っていく)と
d0099005_13479.jpg

こうなります。
d0099005_1343377.jpg

適切な負面を作る事で、体重が蹄に真っ直ぐ乗っています。
d0099005_1316735.png


こちらは後脚。
蹄の負面ばかり摩耗して、先端が伸びています。
体重も蹄に真っ直ぐに乗っておらず、副蹄の下あたりが伸びて牛の負担になっています。
こういう牛は結構普通にいます。
d0099005_1351558.png

削蹄後
d0099005_13515142.png

先端を短くし、蹄角度を付ける事で体重が蹄に乗りました。
d0099005_1461110.jpg


この蹄角度は乳牛のフリーバーンでは52度~54度、つなぎ牛舎では45度など、一定の指標があります。
ただ、これはあくまで指標で、削蹄中はそんなこと考えて切っていません。

今まで親方から兄弟子へと積み重なってきた牛と蹄の形が自分の中に感覚としてあって、「この牛はこんな感じの蹄」と、牛を見て頭で描いた形に近づけて行く感じです。
結果的に肥育牛は安定性を重視するので繁殖牛に比べ蹄角度は浅くなったりしていますが、あくまでそれは牛を見て蹄を切った結果。
でも、言うは易くで、その「牛を見る」という事が全然足りてないなと、いつも現場で思います。言われます。
なのでもっともっと牛を見て、牛に合わせた削蹄ができるようになりたいです。
リハビリも順調で、9月には現場に復帰できそうです。
がんばらなくては。。。


おまけ。
削蹄途中であえて蹄角度をきつくとるために負面を小さくして、蹄を立ててみました。
d0099005_143469.png

d0099005_15432348.png

これはさすがにやり過ぎ、非常に不安定です。

おまけ2。
生まれて1週間の子牛の蹄。
角度は55度くらいでした。
子牛は軽いからこれでいいんでしょうね。
d0099005_14113431.jpg


削蹄の効果、ちょっとは伝わったかな。。。。
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2013-08-07 13:17 | 削蹄
育種基礎雌牛
今日は兵庫県の育種基礎雌牛の検査がありました。

育種基礎雌牛なんて難しい言い方ですが、簡単に言えば但馬牛の改良のもととなる母牛の検査です。
但馬牛は松阪牛や近江牛や米沢牛などの銘柄牛とは違います。
銘柄牛とはその名の通り【牛肉のブランド名】です。
上記のように飼育されている地域が名前になる場合もあれば、梅ビーフなど飼育方法などが名前となる場合も、尾崎牛など生産者の名前が銘柄となる場合もあります。

一方、但馬牛(たじまうし)は【牛肉のブランド名】ではなく【牛の系統・品種】を指します。
これについて書きだすと、す~ごく長くなるので「こちら」をご参照下さい。すごくまとまっています!!

但馬牛は兵庫県内で閉鎖育種という方法で生産されています。
他県の「違う血統の黒毛和種」の血を入れず、但馬牛だけで改良を続けているんです。
そのため雄牛は全て兵庫県の試験場が管理して、精液の配布をしています。

兵庫県内の全てのメス牛に、限られた雄牛を交配させるわけですから、雄牛の存在は非常に大きいのです。

大きいが故の弊害もあります。
但馬地域の中でもメスだけで何百の系統がありました。
しかし、年々その数は減ってきています。
人気のある雄や産肉能力ばかりに淘汰圧がかかり遺伝的にどんどん偏ってきているのが現状なのです。

兵庫県内という非常に狭い地域で、閉鎖育種という環境上、遺伝的な多様性が失われればどんどん改良は行き詰ってきます。
その一方で経営があるので、サシの入りやすい人気のある雄でないと使わないというのは当然の事で、雄牛は産肉能力と遺伝的多様性としての能力が求められるわけです。

この雄牛を生産するために、毎年兵庫県の畜産試験場が【指定交配】といって基礎となる母牛に受精する種を指定します。
ここで雄が生まれれば雄牛候補として県に買い上げとなり、その中で本牛の成長やその子達の産肉成績によって淘汰選抜され、最後に残った者のみが種雄牛として活躍できます。

今日の育種基礎雌牛の検査はまさにその基礎となる母親の検査でした。
我が家からは『てるこ3』『ともこ』『ふくえ2の1』の3頭。
今まで1度も選抜された事がなかったので、更にみんなが牛を見て「良い牛だ」と言ってくれて、とっても嬉しかったです!!

指定交配が来ればいいな~。。。

牛飼いを始めてまだ1度も種雄牛を生産した事がないので、雄牛にすごく憧れがあります。
しかも雄が買い上げになったら、かなり良い買い取り価格なので。。。。

という皮算用は何も生まないのは骨身にしみているので、あてにせず淡々と牛飼いしようと思います(笑)

僕は10年前に経産牛を飼うとこから牛飼いを始め、安価で回転の速い経産牛を導入する事で牛を増やしてきました。
その間ず~っと「一馬の所は人がいらないっていう牛ばかりがいる。(数はいても良い牛がいない)」と言われてきました。
でも10年かけて少しづつ牛がそろってきたなと今日思ったのでした。

今まで関わってくれた牛にも、今いる牛にもありがとう。
すべての牛と一緒に今日も進みます。

d0099005_20193615.jpg

[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2013-08-05 20:30 | 日記
去勢の副産物
先日ニコイチ捻転法にて去勢をしました。
もうすっかり馴れて、保定さえちゃんとすれば一人でも簡単にできます。

去勢1時間後の牛さん。
d0099005_19293462.jpg

出血なし、術部もかなりいい感じ。
ニコイチ捻転去勢法は「こちら」をご参照下さい。

あまりに上手く取れるもので、今回は去勢の副産物を有効利用する事にしました。
これ、金玉です。
d0099005_19342058.jpg

嫁さんはドン引きですが、僕は大学のサークル時代に何度か仲間で食べた事があったので躊躇しません。

子どもも興味津々。
d0099005_19373545.jpg


学生時代は牛乳で臭みを抜いて刺身のように食べていた気がしますが、15年も前の事で記憶もあいまいです。
タコの刺身のような食感で、美味くもなく不味くもなくといった記憶。。。

今回は「腹が満たされればいい」学生時代とは違います。
美味しく食べたい。

と、いう事で嫌がる嫁さんに調理をお願いしました。
調味料で味を誤魔化すのでなく、臭みを抜きつつ素材の味を楽しみたい。
そんな一方通行な要望のもと、妻が出した調理法は「酒で煮る」。

ホルモンなどはお酒で煮る事で臭みがかなり消えます。
今回もその作戦です。

①まず去勢後の睾丸を流水で5時間ほど放置。
②睾丸表面の硬い皮をむく。
③水:酒=1:1を生姜と一緒に鍋に入れ沸騰させる。
④睾丸入れる。
⑤10分ぐらい弱火で火を通す。
⑥切る
⑦ポン酢をかける。
以上です!!!!!

d0099005_19504192.jpg

これがね、思った以上に美味しい。
薄皮のコリコリとした食感と、中は白子のようなクリーミーさ。
若干臭さは感じるものの、ポン酢に抜群に合う。
美味い。

味だけで見れば、これはアリだなと思いました。
問題は先入観。

まあ、販売するわけじゃないし僕が食べるだけだから、先入観なんて関係ないんですけどね。
次はどんな食べ方しようかな。。。。
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2013-08-03 19:54 | 食べました
"Fallen Leaves" Skin
by Animal Skin
| ページトップ |