<   2013年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
血が出るまで砥げ
久しぶりにパソコンの前に座り、インターネットをしましたが、久しぶりなのでなんか落ち着かないというか、集中できないですね。。。

僕はと言えば、6月初旬に膝の靭帯を切ってから削蹄業を休業していました。
痛みはまだありますが、お医者さんからのOKをいただき、9月からバリバリに現役復帰しています。

また、その他もろもろ水面下では動いていますが、そこら辺もおいおいブログにも書いていければと思います。

今日は削蹄のお話。

僕がしている削蹄方法は単独保定と言って、枠場を使わず人間が牛の脚を持ち、主に鉈と鎌を使って牛の蹄を整えていくやり方です。
ここで大事なのが兎にも角にも牛の保定。(牛が動かないように繋ぐ技術、足を持つ技術)
それに加えて大事な要因が道具の切れ味なんです。
これは鍛冶屋さんの時点でかなり左右されるのですが、砥ぎ方によっても切れ味は全く変わってきます。

蹄の切り方に合わせた砥ぎ方があり、兄弟弟子間であっても各々砥ぎ方は若干異なります。
昔から「女房貸しても砥石は貸すな(←すごい言葉ですね・・・)」というくらい、他人の砥石は合いませんし、砥石を貸すと狂います。

一般的には削蹄鎌は片刃なのですが、僕は削蹄の際に両刃の鎌を使います。
砥石は#1000の中仕上げ用。
#の数字が上がるほどキメの細かい刃物になりますが、削蹄で使う時は小石などが噛んでいる場合もあり、砥ぐ時間と切れ味のバランスを取ると#1000は良い砥石です。

#1000は素早く砥げて刃こぼれも少なく、現場よりの砥石だと思います。
その他に粗砥石#220も使います。

この刃物を研ぐという作業は一見簡単なようで奥が深いのです。
削蹄を始めた当初は、1つの鎌を砥ぐのに3時間も4時間もかかって、それでも切れないものでした。

つるつるの砥石であっても6時間も7時間も砥いでいると、指が擦れて血が出てきます。
d0099005_17443622.jpg

血が出るまで砥いで砥いで、やっと研いだ鎌を現場で使ってみると蹄が切れず、また考えて1から砥ぎ直す。
この繰り返しをひたすらする事で自分なりの鎌になってくるのです。
d0099005_17461095.jpg

d0099005_17454127.jpg

(利き手があるので表と裏で仕上がりが違います。)

今回久しぶりに現場復帰という事もあって、砥石を新調し、今までの鎌を全て1から砥ぎ直しました。
指から滲む血を見て、何だかすごく懐かしい気持ちになりました。

写真は新しい粗砥石と使い込んだ粗砥(#220)。
d0099005_17502949.jpg

横から見ると・・
d0099005_1750146.jpg


こちらは松阪で見せていただいた両刃の削蹄鎌。
d0099005_1757820.jpg

d0099005_17572255.jpg

全然砥ぎ方が違います!

僕だったらこの鎌では削蹄出来ないな~。
色んな砥ぎ方があって面白いです。

「血が出るまで砥げ」

削蹄師としてはまだまだですが、これも一つの道だと感じています。
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2013-09-20 17:54 | 削蹄
ハチノス
今日は【ハチノス】のお話です。

牛には4つの胃があります。
その中でも2つ目の胃は蜂の巣に似ていることからハチノスと言われています。
d0099005_19284717.jpg

しかし、今日は牛の胃袋じゃなくって、本当のハチの巣のお話です。

牛舎のシャッターの下に「キアシナガバチ」が巣を作っていました。
d0099005_19541639.jpg

キアシナガバチはスズメバチ属のハチで、その名の通り黄色く足の長い小柄なハチです。
攻撃性は強いのでむやみに刺激してはいけません。
妻からも「早く殺虫剤でやっつけといて!!」と、要望を受けていました。
しかし、「ああ、分かった。そのうちにね~。」と言ったきりで僕はずっとその巣を放置していました。

理由はハチに刺されるのが恐いから。。。ではありません。

蜂の子が育つまで待っていただけだったのです!

蜂の子は昔から貴重なタンパク源として食べられてきました。
「えぇっ!!」とかって引かないでください。
独特の甘みがあり結構美味しいんですよ。
僕はスズメバチでも蜂の子を取るためにじっと巣を作らせて待つタイプです。

蜂の子を食べるためにはハチの巣を取らなくてはいけません。
殺虫剤なんて野暮です。
叩き落とします。
蜂は落ちた巣には執着しないので落とせば勝ち。
もちろん刺されるので落とすと同時に逃げます。

また、巣の見極めも大事です。
早すぎると数がとれないし子が小さい。
遅すぎると蜂になる。(蜂になると食べるにはちょっと量的にも味的にも物足りない。)
美味しく頂くためには見極めが重要になってきます。

今回は中々いいバランスでした!
ほら、ほとんどが蜂の子。
d0099005_20181448.jpg

中にはもちろん成虫もいます。
d0099005_20275062.jpg

d0099005_20281321.jpg

d0099005_20284451.jpg

d0099005_2029579.jpg

でも大量です!!
d0099005_20304131.jpg

今回もそのまま食べたり、軽くあぶって食べたり、美味しく頂きました。
ごちそうさまでした~。

実はこの蜂の子を岐阜県では「ヘボ」と言って食べる習慣があるそうなんです。
蜂の世界は意外に深く、全国地蜂連合会というものがあり、その中でも東白川タカブ研究会という「ヘボ」の愛好会はかなり熱いです!!
蜂の子といえどもかなり深いマニアックな世界があります。

「ヘボ」はクロスズメバチの幼生なんですが、このクロスズメバチは知ってのとおり肉食。
色々な昆虫を主食にしています。

このヘボを飼育している牛飼いさんの牛舎には、なんとサシバエがいない。というお話を聞きました。
サシバエはイエバエと同じような大きさのハエですが、アブのように血を吸うハエです。
こいつに噛まれるととにかく痛いんです。
サシバエは牛にとって非常に大きなストレスの一因でもあります。

我が家ではサシバエ対策として、サシバエの休憩所となる牛舎周辺の草を刈る事はもとより、プルスフォグで金鳥のETB乳剤を煙霧したりしていましたが、根本的な解決にはなっていませんでした。

確かに殺虫剤も良いのですが、ハエのように世代交代が早い種はすぐに耐性ができ、効かなくなる恐れがあるためそうそう使えません。
実用的な対策としては兵庫県の試験場が開発した2mmのネットを簡易にカーテンのように牛舎に張りめぐらす方法が効果として大きいのですが、地味にコストがかかります。
メンテナンスも面倒。。。

と言う事で、「ヘボ」の飼育に挑戦しようと思います!!!!!
これなら薬剤の心配もなくハエが減り、おまけに蜂の子まで食べられる。

さすがに今シーズンは間に合わないと思いますが、今から勉強して準備しようとおもいます。
上手くいくか分かんないけど、それがまた楽しいよね。


一石二鳥となるか、こうご期待。
[PR]
Top▲ | by beefcattle | 2013-09-03 13:13 | 動物シリーズ
"Fallen Leaves" Skin
by Animal Skin
| ページトップ |