ワラとり
いや~、全然ブログ書く余裕ないです。

書くネタはいっぱいあるんですが、どんどん時が経つので賞味期限切れになっています。

色々迷走しましたが、ここのところ牛の状態がよくなってきました。
その一つが稲ワラだと思っています。

お米を取る時に出る稲ワラ。
草の中では栄養価も消化率も悪いものだけど、やっぱり稲ワラは和牛には必要なものだと日々感じています。

僕の住む美方郡は小さい田んぼが多く、雨の多い所のため稲ワラがなかなかとれません。
大きな機械が入れる田んぼはないし、小さな機械が入る田んぼでも雨が降ればもうそのワラは取れません。。。

また僕は削蹄などで家を開ける事が多く、天気を中心にした牛飼いが出来ないため機械での稲ワラ取りも出来ません。
それでもこの時期は1年を左右する稲ワラ集めに奔走します。

現在、日本中のお米の収穫はコンバインが主流です。
しかし全国各地ではまだまだ人力で干す「架けワラ」があります。

架けワラの干し方は地域によって違いますが、ここ但馬では稲を干すための稲木場があります。
稲を稲木に架けると籾は自然に乾燥され、またワラにある栄養が全てお米に移行するためとても美味しいお米がとれます。
そして、稲木に架けたワラは雨が降っても蒸れて腐ることなく乾燥させる事が出来ます。
d0099005_18313434.jpg
そんな万能な稲木がけ。
唯一の欠点は「手間がかかる」ということ。。。
だから年々稲木がけのワラは減っています。

それでもやっぱり稲木に架けるのって大好きです。
僕が小学生にはいる前、田舎に帰って来ては祖父の田んぼの稲をバインダーで刈り、稲木架けをさせてもらった記憶があります。
d0099005_19102990.jpg
稲木架けは日本の原風景でもあるし、僕にとっての原風景でもあります。
d0099005_19105236.jpg


このワラの全てが多くの方の縁やご厚意で声をかけていただいたものです。

確かに機械を使う事と比べればワラの収量は少ない。
例えば僕が朝5時から夜7時までかけて取ったワラ、大きな圃場で大きな機械を入れれば30分ほどで回収できるものだ。
それでも、ここで取れたワラと頂いた縁を大切に牛飼いをしていければと思っています。

効率を考えれば別の選択肢もあるのかもしれないけど、一見非効率なワラであったりするものが実は王道なのかもしれない。
自分の理屈は事実の一側面でしかないことを、牛は教えてくれます。
d0099005_18504811.jpg










[PR]
Top▲ | # by beefcattle | 2014-10-14 18:45 | 削蹄
雑記
僕の人生の主役は僕で、僕はその他誰の人生の主役にも絶対なれない。
同じくどんな人でも、僕の人生の主人公には絶対なれない。

どれだけ繋がりが深くとも。
どれだけ思う所があっても。
その人の主役はその人。
自分の人生は自分自身。

こんな当たり前な事を忘れてしまう。

この写真も被写体は娘だけど、これは僕の物語。
d0099005_21351786.jpg


少しリセットできたのでまたぼちぼち進みます。
ブログもぼちぼち書きますね。
[PR]
Top▲ | # by beefcattle | 2014-09-14 21:37 | 日記
放牧牛肉に取り組む我が家の強み。
先日「銀の匙」という漫画を読みました。
d0099005_23594029.jpg
鋼の錬金術師からずっと敬愛している荒川弘先生の最新刊です。
我が家の1,3,5歳の子供達もハガレンのDVDで育ち、長女はキャラや台詞をを全部覚えるくらいの家族総出の荒川ファン。

その荒川先生の「銀の匙」12巻で
『和牛の経産牛を肉として出荷する前に山林に放牧して食味をアップさせてるところもあるし』との台詞が!!!
d0099005_00283032.jpg
「おおおお~。こ、これ、うちのことだよね!」と嫁と勝手に妄想して2人して興奮していました。
もちろんこれはかってな妄想なのですが、日本中でこういった取り組みが【ある】と認知されてきた事はとても嬉しいです。
僕が始めた頃には素人の思いつきくらいにしか思われていなかったのですが、小さくても続けることでちょっと形になってきた。
テレビや新聞で我が家を取り上げていただくのとは全く別次元の嬉しさでした。

放牧牛肉や放牧敬産牛肉というと、放牧と言う手法がクローズアップされ既存の肉牛の飼育法と比較されがちです。
そしてその比較は既存の肥育法の否定につながる事がよくあります。

それは全く逆で、価値を作り続けようと思うと「既存の牛飼いとしての技術」が必要だと年々感じています。
(厳密には既存なんてものはないのですが。。。)
孤立するのでもなく、ウケのいい場で宗教的になるのでもなく、この牛飼いの世界で生きていく事が自分の強みなのだと思っています。
削蹄師としての仕事も、全てが繋がっています。
d0099005_00155131.jpg
d0099005_00161695.jpg
最初は放牧することでどんなお肉になるのかもわかりませんでした。
でも、最初の【しょうふく】という牛を食べたとき、単純に美味しくって、放牧牛肉の可能性を探したいという気持ちがわいてきました。
そこから9年。

昨年からは自分達でお肉のカットも始めました。
一昨日から妻が3泊4日で群馬県の全国食肉学校にお肉の勉強に行っています。
まだまだ技術が圧倒的に足りません。

出荷頭数も限られている中、頼りにできる経験は「実際に割って食べた牛の数+カットした牛の頭数+牛飼いとしての経験」
こう書くとほんとに凄く薄っぺらいけれど、着々と確実に積み重ね、形作っていきたいです。

【和牛の経産牛を肉として出荷する前に山林に放牧して食味をアップさせてる】
これに当てはまるのは日本でうちしかいないという自負とプライドを持って取り組んでいます。
頑張ります。


[PR]
Top▲ | # by beefcattle | 2014-08-26 18:08
いちばん損な事
ご無沙汰しています。
あちこち初対面の方から「ブログ見ています。」と言われる事が多いのですが、全然書いておらずなんか申し訳ないような。。。

僕はと言えば相変わらずブレています。
30も半ばを過ぎいいかげんオロオロすんなよ。という気持ちもちょっとあります。
だけど僕自身、オロオロしてもメンタル弱くっても、これが僕だしまあしゃぁないなと思っているというのが現状です。
オロオロしようが僕の人生は十分ありだと思うのです。

ブログでは報告していませんでしたが、今年から放牧場を拡大しました。
おとなり豊岡市の万場スキー場です。
d0099005_16265092.jpg
d0099005_16272302.jpg
d0099005_16291391.jpg

この放牧場は僕個人で牛を放しているのではありません。
3人の仲間で組合を作り、行政にも間に入っていただき実現できた案件です。

最近正直、「僕の~!!」と言う事にこだわりがなくなってきています。
(元々が我の塊なので、はたから見れば僕僕僕に見えると思いますが。。。)
一人で何かを実現するのではなく、ありたい形に沿って動きたい。

ありたい形なんてものは単なる主観です。
抽象的でその都度変わります。
でも、それを大切にしたい。
自分の思い込みに縛られたくない。

正論、王道、常識、慣習はそれはそれで必要。
だけど、結局どこまで行ってもそれも主観に変わりない。
ならば自分の主観に少しでも忠実にありたいと思うのです。

以前、お世話になっている方から「一馬さんの周りには耳触りのいい言葉をくれる人が多い。」「もっと身近なところを見てごらん。まずは一馬さんの事を本当に大切に思ってくれている人の言葉に耳を傾けなさい。何のためにしているの?そこにはプライドや意地なんて糞食らえだろう。」「自分の事を大好きだと思ってくれている人に気が付けない事は、いちばん損な事なんだよ。」と言っていただいた事があります。
この言葉は今の僕の核になっています。

プライド、意地、承認欲求など僕にもまだまだありますし、これがあったから踏ん張れた場面は山ほどあります。
それは否定しない。
だけど、一人でやってきたわけじゃない。
数え切れないくらい世話やいてもらってきた。
だから今も牛飼いができている。
好きな事ができている。

「自分は孤独だ」なんて視野が狭くなる事はあっても、そこだけは忘れずに。
多くの関係性の中で生きながら、ありたい形に沿って暮らしていきたいな。

次回からはまた牛やお肉の話を書いていこうと思います。
d0099005_18100774.jpg

「自分の事を大好きだと思ってくれている人に気が付けない事は、いちばん損な事なんだよ。」






[PR]
Top▲ | # by beefcattle | 2014-08-24 18:11 | 日記
春の放牧場にて
今年も放牧がスタートしました。
d0099005_001214.jpg

最初の放牧場は我が家のメイン放牧場、兵庫県美方郡香美町小代区神水の『大照放牧場』です。
今年の但馬は雪が少なかったのですが、気温が低かったせいか草の伸びが悪く、昨年よりも20日ほど遅い放牧となりました。

やっぱり山に放すと牛ははしゃぎますね~。
見ていて楽しいです。
d0099005_035466.jpg

角でケンカして、順位を決め、仲が良いのか悪いのか並んで歩きます。。。
d0099005_064812.jpg

この時期はタニウツギがピンク色の花を満開に咲かせます。
このタニウツギは繁殖力が強く放牧場では厄介者。
でも、花を咲かすこの時期だけは「ちょっとあってもいいかなぁ。」と思っちゃいます。
それは花の鮮やかさもあるのですが、この花を大好きなハチ達が大好きだという理由もあります。

まずは大きな体と真っ黒なお腹でホバリングをするクマンバチ。
d0099005_0225441.jpg

全身花粉まみれのヤマトツヤハナバチ。
d0099005_0271995.jpg

そして、この子が僕の一押しのオオマルハナバチです!!
d0099005_0391212.jpg

もこもこでしょう!!可愛すぎます。
d0099005_0595273.jpg

肢に付いた花粉の団子は子供に与えます。
d0099005_115177.jpg

2~3秒ほど蜜を吸っては次の花へ。
d0099005_114263.jpg

時には背伸びして!!
d0099005_145179.jpg

d0099005_14199.jpg

タニウツギの幹にはキボシアシナガバチが巣を作っていました。
肉食系のハチは顔が怖いですね。
ハチノ子が育ったころには回収しようと思います。
d0099005_1122695.jpg



さあ、今年は放牧場も一気に増える予定です。
放牧は経営の柱の1本でしかありませんが、全ての柱を太く育て、幸せな牛飼いがしたい。
その為に気合い入れて進みますね。
d0099005_1311675.jpg

[PR]
Top▲ | # by beefcattle | 2014-05-31 01:14 | 動物シリーズ
"Fallen Leaves" Skin
by Animal Skin
| ページトップ |